最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 2004年11月 | メイン | 2005年1月 »

2004年12月

2004年12月31日 (金)

うどんの履歴 2004

一年の締めくくりと言う事で、今年大阪で食べたうどんを思いつくまま羅列してみようと思ふ(?)。


釜たけ (日本橋) 【7】
 別記参照

ふぅふー亭 (上本町) 【8】
 メニューはぶっかけ・ざる・釜揚げの3種類のみ。
 今や有名店になってしまって、行列までできる店になってしまったけれど、 以前と変わらず
 素朴で美味しいうどんを出してくれる。
 うどんは太麺で出汁はあっさり。
 時代の流行に流されない落ちついた雰囲気のお店で、とても居心地が良い。

はがくれ (梅田本店) 【9】
 思えば私の讃岐うどんの原点はここのような?
 開店間もない頃はよく通った。
 それが段々と店前に行列ができるようになり、それに伴い徐々に足が遠のいてしまった。
 生醤油うどん等、当初の頃より水の締め方とか甘くなったようにも思うけど、それでも美味しい
 から許す(えらそーに)。
 因みにここはかやくごはんもうまい。

はがくれ (京橋店) 【7】
 別記参照

ぺこぺこ (森之宮) 【6】
 深夜営業のお店なので、夜中にうどんが食べたくなった時にはいいと思う。
 ただ、店員の接客は今イチだし、丼は洗剤がついたまま乾かしてたしと、あまり良い印象がない。
 うどん自体はそう悪いとは思わないけど、個人的にはもういいかな…。
 因みに夜中は満員な事が多いので要注意。

千とせ (日本橋) 【8】
 ごく普通の町のうどん屋さんだけど、何故か時々ここの肉うどんがむしょうに食べたくなる。
 でも肉うどんでここまで肉の臭みやエグ味がないって、もしかしたらすごい事なのかも…。
 大阪うどんというには出汁はやや濃い目だけど、多分誰が食べても懐かしいと思う味。

皐月庵 (四天王寺) 【6】
 カレーうどんが有名だけど、私にはピンと来なかった。
 スパイシーなんだけどコクがあまり感じられない。
 いわゆる和風味という事なんだろうけれど。

讃岐一番 (門真) 【7】
 セルフのお店。ネットで評判を聞きつけ、わざわざ行ってきた。
 典型的なセルフのお店で、本場香川によくありそうな雰囲気。値段も安い。
 うどんも癖がなくて、普通に美味しかった。

やとう (福島) 【9】
 初めて食べた時は、ちょっと嬉しくなった程の美味しさ。
 すごく丁寧に作ってるなあと、食べてて感じられる上品さがある。麺はやや太め。

志のん (天王寺) 【9】
 別記参照
 最近「釜揚げ」が新たにメニューに加わったような(冬季限定?)。

どんまる食堂 (東梅田) 【7】
 セルフの店。ゲソ天が美味しい。
 だけどセルフなので時間帯によってうどんの具合に結構差がある。
 水の締め方も、雑な人と丁寧な人でかなり違う。出汁はやや塩辛い。
 でもセルフの店としてはかなり好きな部類。

だるま堂 (南森町) 【8】
 天神橋筋商店街にあって、中山製麺所ののぼりが目印のセルフのお店。
 大阪のセルフのうどん店の中では、かなり好感度の高いお店の1つ。
 あまり作り置きはしてないのか、時々待たされるけれど、麺の出来は結構安定してる。
 天ぷらがもう少し美味しければとは思うけど。

丸亀製麺所 (ダイアモンドシティ伊丹)【8】
 セルフのお店。
 セルフのうどん店としては私的に1,2の好感度のお店。
 釜揚げが美味しい。

はなまるうどん 【7】
 セルフのお店としての先駆者で最近どこでも見かけるけれど、どこもそんなに悪くない。
 ただ天ぷら、天かすは作り置きしたものを長時間出しっぱなしで、はっきりいってまずい。

満開 (四天王寺) 【7】   ※閉店('07)
 ここは通りがかりにたまたま知った。今年何度か行った。
 セルフ店としてはちょっと高めだけど、その分手を掛けてる風。
 ただ私的にはそれほどピンと来るものはないかな。

うどん棒 (梅田) 【7】
 本場讃岐から今年大阪に初進出したお店。
 2度行ったけど2度ともピンと来なかった。
 名の知れた店なんだけど、何故こうも感慨がわかないかは自分でもよくわからない。

はすい (京橋) 【7】
 ダイエー京橋店にあるセルフのお店。
 特別美味しいという感じはしないけれど、総じて悪いと思うところもない。
 時々利用。

丸天屋 【6】 ※つるまるうどんに改名('06)
 大阪中にあるセルフのお店。讃岐うどんではないけれど、腰のあるうどんを出す。
 出来た頃はそれなりに美味しいとも思ったけど、今はあまり行かなくなった。
 でも値段も安いし、出汁もそう悪くはない。

天六のうどん屋 【6】
 大阪立ち食いうどんのお店。
 麺は立ち食いとしては普通だけど、出汁は結構いい感じ。
 後、スジ肉ごはん(名前失念)はなかなかの美味さ。

鶴駒屋 (北浜) 【5】
 セルフなんだけど、その割に値段が高いと思う。
 しかも定食オンリーで、うどんだけ食べられない。
 なんでこんなシステムなんだろう?
 うどんもそれほど印象に残ってない。多分二度と行くことはないでしょう。

麺坊いわ井 (北浜) 【7】
 「せやねん」という番組で初めて知ったお店。
 釜揚げが名物という事だったが、実際美味しかった。
 もちもちとした食感で、出汁も上品。
 お店自体もとても上品で、客も物腰の良いサラリーマンばかり。
 なんだかずるずる食べずらいものはあった(笑)

大阪麺通団 (NANBAパークス) 【5】  ※閉店
 大阪麺通団の店として鳴り物入りでオープンしたお店だったけど、大した店ではなかった。
 いくらセルフとはいえ作り置きし過ぎ。開店直後に行ってさえ、既に伸び気味だなんて…。
 また今年、讃岐有名4店のうどんが食べられるイベントがあったのだけど、やっぱり麺は
 死にかけてた。
 結局今年11月に閉店となったようだけど、さもありなん。

よしもと うどん大王 (難波) 【6】
 難波と日本橋電気街の中間に位置するセルフのお店。
 正直、イマイチ。
 また食べようとは思わない。同じ平凡でも「はすい」の方が美味しいように思う。

楽座 (阪神百貨店B2スナックパーク内) 【5】
 立ち食いうどん。目の前で冷凍うどんを湯がいて食べさせる。
 冷凍にしてはかなりいい感じの麺だけど、出汁がなぁ…。
 昆布ベースだと思うけど、イマイチ。
 スナックパーク改装前まであった「古市庵」は、個人的に好きでよく食べてた分、評価も辛くなる
 のは止むを得ません(笑)

得正(梅田地下店) 【7】
 別記参照

中川屋 (四ツ橋) 【7】
 別記参照

唐庵 (茨木) 【8】
 これまで「釜揚げ」「ぶっかけ」「海老天おろし」を食べた。
 まず、麺が素晴らしい。
 もちもちしていながら、腰もしっかりあって、なおかつ喉越しもいい。
 素人でも、この麺がすごい事はわかる。
 ただ、出汁(つけ麺用)がちょっと醤油味が強過ぎる気がする。
 好みの問題もあるにせよ、麺がこれほど上品なのに、出汁に麺ほどの繊細さが感じられず
 ちょっと残念。

千万喜 (淀屋橋) 【7】
 讃岐うどんのセルフの店と聞いてたけど、“讃岐”ってどっかに書いてたっけ?という程、
 讃岐的感じのしない味。
 牛かすうどん(¥380)を食べたけど、出汁はもろ関西風
 ただ出汁は結構好みの味。
 麺はまぁ普通。
 ただメニューがぶっかけ以外は全てかけうどん系というのは、ちょっと残念

そんな訳で、今年の私の食べたうどん店の中では、「やとう」と「志のん」が双璧ではないかと。

2004年12月29日 (水)

麻婆豆腐 / 担担 (南森町)

Nm0ifuti南森町から商店街を少し南に歩いて、細い路地を右に少し入った所にある四川料理の店。
偶然見つけて以来、何度か行ってるのだけど、いつ行っても人があんまりいない(笑)。
場所が悪いのと、まだ知名度が低いからだろうか…もう少し流行っててもおかしくない店だと思うんだけど。
因みに店は“普段着の四川料理”と謳ってるだけあって、値段は大衆的。

今日は麻婆豆腐(600円)を食べた。
香辛料の立ち上ってくる香り(花椒?)と辛さはなかなかのものだけど、味がとにかく塩辛い。
こういうものなんだろうか??一味二味足りない印象が強く残った。
野菜にこだわりがあるらしく、その為か料理は全体的に薄味ではあるんだけどねぇ…でもこれに野菜入ってないし(笑)。
次はエビチリで再挑戦してみよう。

因みにここの売りは、四川式担担麺(700円)。
汁がなくて、麺は他で見たこともないような激太麺。
そして勿論辛い。
人によって好き嫌いあると思える個性的なメニューだけど、これは私的に結構オススメ。

-------------------------------
担担
住所:大阪市北区天神橋1-12-3
TEL.:06-6351-0453
営業:11:30〜14:00 / 17:30〜22:00
定休:火

2004年12月22日 (水)

カレーうどん / 小麦や (福島)

讃岐うどんのお店。
国産小麦を使ってるのが売りらしい。
今回はカレーうどん(680円)を食べた。
ルーはカレー粉控えめの和風味で、コクよりスパイシー重視といった印象。
麺はやや細めで、透明感があって、弾力もかなりあるもっちりしたもの。
あっさり味が好きな方には合うと思う。
(ただ記憶では、確かもう1種類別のカレーうどんもあったはず)
ここは丼ものやうどんも種類が多いので、今度は別のものを食べてみたいかな。

-----------------------------------------------------
小麦や
大阪市福島区福島6-8-21-102
TEL:06-6451-7800
営業時間:11:00-15:00 / 17:00-20:00
定休日:土・日・祝

2004年12月21日 (火)

雲のむこう、約束の場所

Xfnpcbze ほぼ自主制作といっていい、アニメーション映画。
そんなものが本当に商業映画として成立できるのか興味を引かれ、観に行ってきた。

お話は、パラレルワールドの日本という、SF的設定の上にあるけれど、中身は至って普遍的な青春映画、もしくは恋愛映画。

全編、ほぼ主人公の1人称で語られていく。
ただそこで心理状態が饒舌に語るわけではなくて、その代わりに、風景が象徴的に描かれている。
それがどこかしら詩的で、透明感がある。

ストーリーに捻りがないとか、風景に比べて人物の絵が雑だとか、ツッコめる部分はあるけれど、全体としての印象は決して悪くない。
(ましてこちらは「ハウル〜」を観てまだ間もないだけに、絵的に比較されるのは作者としても不本意だろう(笑))

ここまで作家性の強いアニメーションは、なかなかないと思う。
ただ情景描写に力点を置いてる分、これが実写だったら…なんて若干思ったりもしたけれど、あの透明感はアニメだからこそのものかも知れない。
個人的には、やや荒削りな部分も含めて、とても親近感を持てる映画だった。

因みにこの映画の声優陣は、かなりベストチョイスだったと思う。(テアトル梅田)

http://www.kumonomukou.com/

2004年12月20日 (月)

カレーうどん / 中川屋 南船場店

讃岐カレーうどんの専門店。
店内は、こじんまりとしたログハウス風?
カレーうどんとちくわ天を注文した。
(オプションで辛さを選べるみたいだけど、今回は標準で)
カレーはコク重視のもので、麺は中太?
腰はあるけど、まぁこんなものかな。
そこそこ美味しいのだけど、ならではの特徴があまり感じられず、既に記憶が薄れてきてる。
そうそう、ちく天は美味しかった。
帰りに割引券を貰ったので、近くに来た時は寄ってもいいかなぁ…という感じです。
http://www.nakagawa-ya.com/

追記:「宮がみ屋」に屋号改称('06/11)

------------------------------------------
宮がみ屋
住所:大阪市中央区南船場4-10-21
TEL.:06-6245-1588
営業:11:00〜23:00
定休:不定

2004年12月18日 (土)

100円パン / なおきのぱん工房 ぶぅらんじぇ (難波)

いよいよ難波に新店舗オープンという事で、どんなものかと出先の道中寄ってみた。rvcar
10時オープンと思ってたら、7時オープンだったとは…朝食遣いも出来るという事ね。
また、てっきり混み混みかと思ったら、中は数人しか客がおらず。
落ちついて買い物ができると、喜んでパンを物色する(笑)。
店内は、南港店と比べて狭く、客が10人も入るとかなり窮屈になりそう。
ただパンの種類はかなり揃ってるし、イートインできるカフェスペースもちゃんとあった(店内と店外で実質20席ちょい位?)。
それにしても食パンから菓子パン、調理パンまで全て105円というのは、やはり安い。

結局、パン10個ほど買い求め、幾つかをイートイン。
(オープン記念という事で、山型パンを貰えた。)
焼肉ピタの味が若干濃過ぎるかなぁ…
でも他はみな、美味しぅございました。

今後も通わせていただきたいの心。

※追記:屋号が「パン・デ・デリシュー」と変った。屋号以外は従来通り('07/05)
※追記:11/25に倒産。程なく営業を再開。但し100円パンの店ではなくなった('07/12)
※追記:完全閉店した模様('08)

--------------------
なおきのぱん工房 ぶぅらんじぇ
住所:大阪市浪速区難波中2-2-21
TEL.:06-6634-0627
営業:10:30〜19:30
定休:第1・3・5月(←祝日の場合は火曜)

2004年12月17日 (金)

おでんを作る

おでんを作る。

出汁は、「魔法のおでんレシピ」を元に作った。memo

だし汁 … 1.8ℓ (昆布・カツオ・焼あご
濃口しょうゆ … 50ml (※レシピだと淡口しょうゆ)
みりん … 40ml
塩 … 小さじ1
酒 … 50ml
生姜の絞り汁 … 小さじ1
黒砂糖 … 10g (今回は結晶タイプのコーヒー砂糖で代用)
梅干 … 1個

オレンジ部分が、オリジナルと違う部分。
やはり一番の違いは、出汁に焼あご(飛魚)も使った事だろうか。
濃口しょうゆを使ったのは、単にに好みの問題。
結果的に最高の出汁が出来て、1人で感動(笑)。
このままうどん出汁にして食べたい感じ。
“あご”は出汁を取るのに最高の素材と個人的に思ってて、今回もかなり有効でした。
(でもイリコなんかでも良さそう…今度やってみようかな。)

後、具材はこちらで適当に色々ぶち込み、 “はかせ鍋”による保温調理で仕上げた。
改めて、保温調理器の威力を感じた。
とにかく、出汁が圧倒的に味が馴染みやすく、ジャガイモが煮崩れないのがいい。
(保温調理鍋がなければ、土鍋で一度煮立たせた直後に火を止めて、鍋全体をバスタオルで包んで数時間放置というのでもOK。)

2004年12月13日 (月)

カレーうどん / 得正 ホワイティ梅田泉の広場店 (梅田)

極最近できたカレーうどんの店…って最近チェーン展開が激しくて、大阪市内至る所で見かけるようになってるけど(笑)
このチェーンは、店によって味が違うという事だけど、ここは油かすを入れる事で特徴を出そうとしてるらしい。
その油かすカレーうどんと卵かけご飯のセットを食べた。
なるほど油かすのコクが出てて結構美味しい…でも元々甘いここのカレーにこのコクがつくと、普段ここのうどんに感じてる以上にスパイシーさが足りない気がした。
(ちなみに、こってり味なカレーにこってり卵かけ御飯というのは、あまり合わないと思う。)
これまでこのチェーン店5〜6店行った中では、私的には博労町のが一番しっくり来た気がする。
(でも久しく行ってないから、あんまりアテにはならない気も…笑)
第二ビル店はスパイシーらしいので、今度はそっちに行ってみようかな。

追記:系列のカレーライスの店に変わった('08)

--------------------
得正
住所:ホワイティ梅田泉の広場そば

2004年12月12日 (日)

きつねうどん / 釜たけうどん (千日前)

ここに来るのは今日で何度目だろう…4〜5回くらい?
でも殊更気に入って来てる訳ではなくて、その時その時一緒にいる相手が行きたがるからという場合が多い。
今や大阪の讃岐うどん店として、かなりの知名度の店になってしまったよう。

うどんは太くてガチガチ系。
出汁はどちらかというとやや甘めの関西風?
こう書くと、結構私の好きなポイントを突いてるはずなのに、とにかく行く度に感じが違う。
出来があまり安定してないという印象が強い。
(一番酷かった時は、麺の端はぺらぺらでのびてるけど、真ん中はとにかく激太で固過ぎて…なんて事も。)

今回はきつねうどんを食べてみたけど、特に問題は感じなかった。
さすがにそれなりに慣れてきたと言う事かもしれない(汗)。
でもなんか洗練されてない味だという思いは、依然残る。
後、麺が固くて太いせいか、出汁とうまく馴染んでないような気もする
(ただ、これは私が多くの讃岐うどんに感じるところではあるけれど)
どういう訳かメニューに釜揚げがないのもなぁ…太麺の良さが生きると思うのだけど。

今回一緒に行った人はぶっかけを食べて、結構気に入ってたようだけど、私は…まだ心から愛せません(笑)。
(決してひどい店という事ではなくて、店主のHPを開店前から見てきた分、思い入れが強過ぎたのかも)

--------------------
釜たけうどん
住所:大阪市中央区難波千日前4-20 せんだビル1F
TEL.:06-6645-1330
営業:11:00~16:00(麺切れ次第終了)
定休:月

2004年12月11日 (土)

フレンチ / キュイエール (日本橋)

カジュアルなフレンチレストラン
今月からアラカルトを止めてコース1種類のみになったそうで、期待と不安を持って行ってきた。
久々だったけど、お店は何時の間にかレジスターを片付けて若干広くなってた。
コースは、前菜3品+魚+肉+チーズ+フルーツ+デザート+コーヒーor中国茶 (8,400円)。
魚はフランス産の白身魚(名前失念)のクリーム煮で、肉は豚と野菜の煮込だった。
コースになってどう変わるのかと思ってたけど、素材をなるべくシンプルに食べさせようとするスタイルは、以前と変わらず。
そして量は、やはり多めでした。
私も含め、周りのお客は全ての料理を平らげてたようだけど、お酒を飲みながらゆっくり食べる人に、この量はかなりきついと思う。

ただ今回、とにかくメインディッシュの肉に辿り着くまで、バターまみれの料理が続き、後で胃もたれした。
個人的には、以前のアラカルトの方が楽しめたなぁ…せめて前菜だけでも自分で何種類かの中から選択できれば良かったのだけど。

それでも好きな店ではあるけどね…居心地の良い店だし。smile 

追記:閉店('05/11/17)

------------------------------------------------------
キュイエール
大阪市浪速区日本橋東1-1-9
TEL:06-6641-3721
営業:12:00〜13:30 / 18:30〜22:00
補記:予約は月曜日に次の一週間分を受付