最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 2005年9月 | メイン | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月30日 (日)

秋のワイン試飲会

ワッシーズというワインショップの試飲会イベント(有料)に行く。
初めての参加だったが、会場は人で溢れかえってた。
試飲できるワインの多さに戸惑いつつ、かぽかぽ試飲を繰り返す。
すると試飲とはいえ少し酔ってきて、テンションも上がってくる(笑)。
ツマミ(有料)もぱくぱく食べ、まさに店の思う壺?(笑)。

銘柄当てのイベントもあり参加したけれど、惜しくも外れた。
正直、問題のワインはとても分りやすい題材だっただけに、外れてとても悔しい反面、2人(内1人はソムリエ)しか正解者がいなかった事にはちょっと驚いた。
でもなぁ…ワインはカップに入れて放置しておかず、申し込む度に注いで欲しい…香りが完全に抜けてたもんなぁ。

2005年10月26日 (水)

ミックスカレー(チキン) / カシミール (北浜)

朝起きてみると雪が少し積もってた。
とはいえ特に感慨もなく、むしろこうした事に心動かされなくなってる自分に軽く凹む(笑)。

そんな日に、滅多に行けないカシミールに行く事が出来た。
12:30頃についたら、まだ席が結構空いていてびっくり。
いつもなら行列ができてるのに…やっぱり雪のせいだろうか?

しかし外は寒い。
店主も風邪で熱があるらしい。ややつらそうだった。

そしていつもの「ミックスA(チキン)」(1000円)を頼んだのだけど、今回初めて辛さを変えてみた。
どの程度辛くなるのかと思ってたけど、6は舌の奥にそこそこ来る辛さ。
まあそこそこ辛めだったけど、でもバランスとしてはやはり3くらい(デフォルト)が、具材の旨みを感じられるベストな辛さに思えた。
まぁいずれにせよ今日も美味しく頂いたんだけど。

因みに私が最初カシミールを美味しいと思わなかった理由が分った。
初めて頼んだメニューが「ほうれん草とチーズ」だったからだと思う。
良くも悪くもほうれん草とチーズ(の塩気)がベースで、味が私には淡白すぎました。

[前回]

--------------------
カシミール
住所:大阪市中央区東高麗橋6-2
TEL.:06-6944-8178
営業:12:00~14:00頃(売切れ次第終了)
定休:土・日・祝

2005年10月23日 (日)

そっぷラーメン / 軒々 (松屋町)

以前は「そとや」というラーメン屋だった。
オープン当時、テレビの特番で放送されたりして話題になったが、その時驚くほどに水臭いラーメンを出して客からそっぽ向かれたのか、結局今は中華料理店に鞍替えしてしまった。
ただ最近、またそとや時代の
「そっぷラーメン」(600円)を復活させたらしい(といっても、勿論オープン当時の水臭いものではない)。

このそっぷラーメン、要するに塩ラーメンで、“そっぷ”とは塩ちゃんこの事を言うらしい。
本当に久しぶりに食べたこのラーメン、はっきりいってなかなかの味。
ここのところ、色んな塩ラーメンを食べてきて、その中では一番ダシがしっかり出てる。
白湯スープは、口上によると鶏と豚と和風出汁によるトリプルスープらしい。
食べた限りだと、鶏と香味野菜の味を特に強く感じた。
ただ、好みの問題もあるかもしれないけど、ちょっと塩気が強すぎる。
これだけダシが出てるんだから、塩気はもう少し控えめでも良いのでは?
(あるいは最初の頃のラーメンの反動?)

時折店の前を通ると大抵ガラガラだけど(平日のお昼時や晩御飯時は不明)、今はそんなそっぽ向かれるような味ではない。
やっぱり最初のイメージが悪すぎたという事なんだろうか。

追記:閉店('05/11)

--------------------
軒々
大阪市中央区松屋町3-23 第一松屋ビル105
TEL.:06-6764-1768
営業:11:00〜14:00 / 17:00〜24:00位?

たこ焼 / 芋蛸 (日本橋)

黒門市場にあるたこ焼屋さん。
この日、お昼を食べてなかったので軽いおやつ代わりに食べた。
中の具材として蛸と山芋が入ってる。だから芋蛸。
9個400円が高いか安いかはともかく、味は結構イケた。
でも中に入ってるサイコロ状の芋は、別になくてもいいような…。
いかにもダシを吸いにくい素材だし、食感としては蛸と違いすぎてあまりしっくりきてない気が。

追記:閉店('07)
追記:姉妹店(天神橋筋店)は営業中('07) [ぐるなび]

--------------------
芋蛸 

2005年10月22日 (土)

チキンカレー / 肥後橋南蛮亭 (肥後橋)

Ljwyqlgb 焼鳥の店。
でもランチはカレーや丼を出している。
今回は名物チキンカレー(750円)を食べた。
大昔に行った覚えがかすかにあるのだけど、その時とは店内の様子もカレー自体も何もかもが違ってる。
チキンカレーはご飯の上にホワイトソースがかかってた。
これは多分にカレーの辛味を和らげる為のものだろうけど、普通に白飯がいいと思う人は嫌だと思うかも。
でも、実際ルーは辛い。
鶏肉が煮崩れてて水気はあまりないルーは、喉の奥にくる辛さ。
あと、どうやら予め焼いた肉も混ぜ込んでるみたいで、結構香ばしさもある。
辛いもの好きで濃い味が好きな人は受ける味でしょう。
かくいう私も好きな味だけど、ただもうちょっと水気はあってもいいような。

因みに同じビル2階にある別の店でもカレーを出していて、こちらも結構人気みたい。
何せこちらのカレーは300円ですから(笑)。

--------------------
肥後橋南蛮亭
住所:大阪市西区江戸堀1-10-26 大川ビル1F
TEL.:06-6444-2382
営業:11:30~14:00 / 17:30~23:00
定休:土日祝

2005年10月21日 (金)

アニマトリックス

Pcro1u8f マトリックス」の世界を舞台に、9つの短編アニメーションを作ってみました的映画。
ストーリーも、恐らく各パート毎の製作者にお任せだったんじゃなかろうか。
そう思えるほど、各ストーリーの本編三部作との関わりは薄い。
(かといってマトリックス本編を見てないと、今1つよく分らないと思うけど)

最初の1話だけが若干本編と繋がりがある内容で、またこれだけフルCGアニメーションという、異質な作品になっている。
実写と見紛うばかりのCGは、やはりというかあの「ファイナルファンタジー」のスクエアUSAによるものらしい。
一番見応えがあった。

他の普通のアニメーション作品も、日本のトップクリエーターを集めて作ったらしい。
その意味でとても豪華で贅沢な作品なんだろう…けど、お話は地味であまり面白味はない。
クオリティはともかく、実験映画のような、自主制作アニメのような、そんなテイストのものが多い。
どれも淡々と見終えてしまった。

こんなマニアックな映画が、本当に劇場公開されたんだろうか?
少し調べてみると、「ドリームキャッチャー」という映画の併映として公開されたらしい??
それでもよく公開できたと思う。(DVD / 2003年公開)

2005年10月20日 (木)

讃岐うどん / うどん王 北浜店 (北浜)

Boeo4mtx

あれ以来、数日置きに食べてます。
そう…ハマってしまったのです。
今は新たに北浜店にも行くようになった(こっちは完全セルフ)。
そしてこれまで、冷たいのから暖かいのまで色々食べてみたけれど、ほぼハズレがない。
どれも美味しい。

今日は親子丼セット(630円?)なんてものも頼んでみたけれど、これも予想外に美味かった。
これまで食べた大阪のセルフうどん店の中では多分一番高いと思うけど、個人的には一番好きかも。
いやいやほんと、久々に気に入りました。]

一番好きなのは、冷たい系かな。
これから冬なのに何だけど(笑)

--------------------
本場讃岐うどん うどん王 北浜店
住所:大阪市中央区平野町1-7-3
TEL.:06-6202-6806
営業:11:00~20:00  (土・日・祝 ~18:00)
定休:なし

2005年10月18日 (火)

キュイエール

そういや「キュイエール」に久しぶりに行きたいなと思い立ち、火曜ではあったけど駄目元で週末の予約の電話を掛けてみる。
(ここは月曜に次の週の予約を受付けるシステム)

やっぱり駄目でした。
ただし予想外の理由で。

なんと、キュイエールは今日(18日)をもって閉店するとの事。

…思わず電話で声を上げて驚いてしまった。
よりにもよって今日って!
どうもシェフが東京に行くそうな。

せめて数週間前に予約入れとくべきだったなぁ…凹んだ。

P.S. こちらの記事にもう少し詳しい事情が書かれてます。

ラーメン / こうてい麺 大ちゃん (心斎橋)

U4ir6udjメニューの最初に塩が来てる所をみると、塩ラーメンが店の看板メニュー?
でもあえて醤油(700円)を注文した。

麺は中太麺で、硬すぎず柔らか過ぎずいい具合。
スープはすごくあっさり。
和風?な感じもする出汁に野菜の甘みが加わって、最後に何かの油を振りかける事でコクを出してる感じがした。
あまり醤油ラーメンらしい感じはしなかったけど。

すごく丁寧に作ってる事が、食べてて伝わってくる。
後を引くような味ではないけれど、これはこれで狙い通りなのかもしれない。
でもなぁ…私的にはやっぱり今一つ引きが弱いと感じる。

ラーメン屋ってこれだけあるのに、理屈抜きで美味いと思える店は宝くじ並に少ない。
私個人としての実感です。

--------------------
こうてい麺 大ちゃん
住所:大阪市中央区心斎橋筋2-1-3
TEL.:06-6213-4488
営業:18:00〜6:00 (定休:木)

2005年10月17日 (月)

ゴーストシップ

Fymcx38e ホラーモノはあまり好きではないけれど、幽霊船という王道なテーマにちょっと心引かれて見てしまった(笑)。
公開当時あったオフィシャルサイトが結構気を引く作りだったのも、影響したかもしれない。

一言でいうと、ホラーというよりファンタジーというべき内容でした。
この手の映画にありがちな怨恨路線でもなく、グロいシーンも殆どなく(ほぼ最初だけ)、とにかくビビらせてやろうという感じの映画でもなかった。
(この辺り、逆にホラーを求めて見る人には物足りないかも)
むしろこの映画に出てくる幽霊、ちょっと喋りすぎでは?(笑)
あれはやや緊張感が薄れました。
あと、最後のオチ?にはややスカされた気分も…。
作った人は、最終的にこの映画をホラーにしたかったのかファンタジーにしたかったのか、どっちだったのか。
でもまぁそこそこ凝ってたし、楽しめた方かな。(DVD / 2003年公開)