最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 2005年10月 | メイン | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月25日 (金)

PHS

Pucf3ov9 長年PHS(というよりH")派の私。
そんな私が長年愛用してきた機種が、先日とうとうイカれた。

タイミングがいいというべきか、半月近く待てば新機種が出るという時期だったので、しばしの不便さを我慢して待つ事に。
そして本日発売日買い(笑)。
でも、すぐ値崩れするのが分ってて初期ロットを買うのって、何か抵抗ある。
しかもレジの両隣で同じ機種を買ってる人を見た時は、かなりこっぱずかしいものが…(笑)

そんなwillcomのニューPHSは、時代に合せて随分と多機能になってました(あくまで私的にw)。
ウイルスソフト(試用版)までついてて、ここまでくるとパソコンと大して変らないような。

でもなぁ…。
本来ならここで新機種自慢でもしたい所だけど、何かしずらい(笑)。
まず操作性が悪い。
といっても多機能携帯全般こんなだけど、昔の機種と比べて、何をするにも作業のプロセスが長い。
ショートカット的機能があるとはいえ、これって進歩というより後退だよなあ。
まどろっこしいです。

ところで来年以降、ウイルコムはより強力な新しいタイプの基地局を増やしていくそうだけど、今回の新機種はそれには対応してないらしい。
なんだかなぁ…。
まあどの道私に“待ち”の選択枝はなかったわけだけど。

それでもやはり、音声通話の質の良さと定額料金プランは、何にも代え難い。
とにもかくも、今はこのニューPHSを楽しむ事にしよう。

2005年11月19日 (土)

麦とろ御飯 / 炭焼・麦とろ御飯 どうも (扇町)

Znp6syan最近出来たばかりの「麦とろ御飯」のお店。
居酒屋使いもできるようだけど、基本は吉野家のようなファーストフード店(でもチェーン展開してるかは不明)
麦とろ御飯定食は、麦御飯、とろろ、漬物にテールスープがついて380円(税別)。
お得感がある。
味も優しい味で結構美味しかった。

他に牛タンやハラミなど、一品追加した定食もある(400〜500円up)
ちょくちょく使えそう。

追記:「お食事処 どうも」とぷち屋号改名し、定食屋さんになったような?('07)

--------------------
炭焼・麦とろ御飯 どうも
住所:大阪市北区天神橋3-11-11 
TEL.:06-4800-3688
営業:11:00〜28:00 (無休)

豚丼を作る

最近「豚丼」が軽くマイブーム。
そんな折、豚ロースステーキが安く売ってたのをみて、これ幸いと買い求めて作ってみる事に。
ステーキといっても厚みは7〜8mg位で、作るのは吉野家風ではなく、本場十勝風。
コチラのレシピを元に作ってみた

レシピと違う所は、
・八丁味噌は使わなかった(家になかったので)
・タレに肉を漬ける前、すり下ろした玉葱を豚肉全体に薄くつけて30分程寝かせた(肉を柔らかくする為)
・タレに赤ワインを少しだけ入れた
・肉はフライパンでなく網で焼いた

そして出来たものは望外に美味かった。
思った以上に肉にもっちり感があったのは我ながらちょっと驚き(玉葱効果?)。
あえて言えば、やはり八丁味噌はレシピ通り気持使った方が、より香ばしさを出せた気もする(なくても支障はなかったけれど)。

割と手軽に作れるので、これはまた作ってみるかな。

2005年11月18日 (金)

カレーライス / 吉野家 (梅田)

吉野家でカレー。
カレー丼ではなくカレーライス
出してる店はかなり少ないようで、私もはじめて見た。
普通で290円。安い。
半熟タマゴ入り350円を頼んだ。
食べた。
値段なりでした。

昔、立ち食いうどんの店で食べたカレーを思い出した。

-----------------------------
吉野家 梅田東店 
大阪市北区小松原町5-5
TEL.:06-6314-9267

2005年11月16日 (水)

大停電の夜に

3urpfsdv クリスマスイブに起こる大停電の中、一夜を過ごす人々の群像劇。
「マグノリア」みたいな映画かなと思ったら、まさにそんな感じ。

ただこの映画、こちらの想像以上に狙いすました映画で、実にバリバリのラブストーリー。
ムードを盛り上げる舞台は、停電で街中真っ暗闇の中、裏通りで唯一蝋燭で照らされたバー。
そしてジャズ。
おいおい、ちょっとやりすぎだろ、と(笑)。
まさにクリスマスのカップルに向けた映画?

と、ここまであざといシチュエーションなのに、こうもグッとくるものがないのは何故?
そこにあるのは、ベタベタな恋愛ドラマでもなければ、勿論ドロドロの愛憎劇でもなく、半ば人生に達観したような物分りのよい人達の、淡々とした恋愛模様。
なのでこちらも淡々と見終えてしまった。

まぁ悪い映画じゃないけどね。
しみじみするお話ではある。
でも食い足りないなぁ…。(試写会にて) リサイタルホール

http://www.daiteiden-themovie.com/

2005年11月15日 (火)

オムライス / レッドリバー (西梅田)

Ax165jhb 大阪駅前第二ビルB2にある、一見普通の喫茶店風。
でも実はここのオムライスが旨いと聞いたのはかな〜り前の事。
今回ようやく訪問。
チキンブイヨンで炊いたライスを使うオムライスは、鶏肉入りと無しとがあって、今回は肉入りの大盛り(850円)で頼んだ。
(肉なしのレギュラーだと450円ほど。)
でも普通の喫茶じゃなくて、半セルフスタイルの前金制とは知らなかった…ちょっと戸惑った(笑)
それはともかく、10分ほど待って出てきたものはかなりのでかさ!
普通で良かったかなぁなどと思いつつ食べてみると・・・美味い。
これは美味いよ!
素朴な味のようでいて、何か他所と違う。
卵もパッと見薄焼みたいで、実はふわとろ。
結局ばくばく平らげてしまう。
これはハマる味だわ。
(RED RIVER)

--------------------
レッドリバー
住所:大阪市北区梅田1-2 大阪駅前第2ビルB2F
TEL.:06-6346-1966
営業:7:30~22:00 (土・日・祝 11:00~19:00)
定休:なし

2005年11月12日 (土)

ハンバーグ / ぶどう亭 (東梅田)

大阪駅前第三ビルにある、老舗洋食店。
よく店の前は通ってたけれど、ネットで、「ピエロ」に似た感じのハンバーグを出すと書かれてたのを見て、ピエロファンとしてそれは無視できないなと(笑)。
ここはハンバーグとエビフライという風に、ハンバーグをメインに何かを組み合わせた定食が基本スタイルみたい。
でも今回はシンプルにハンバーグ定食(840円)を。
出てきたものはなるほど楕円の鉄板に乗って出てくる所はピエロっぽい。
でも…ジュージュー音出してないぞ。格好だけかよっ。
味は………何てことない普通のハンバーグ。
まずいとは言わないけど、期待が高すぎたんだろうか?
普通過ぎる。
これだと、味はどうだとか具体的にコメントしずらい。

--------------------
ぶどう亭
住所:大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビルB2F
TEL.:06-6341-5211
営業:11:00~21:00
定休:なし

2005年11月 8日 (火)

フォーガットン

Gqpbfltk 1年前に死んだ自分の子を忘れられない1人の女性。
でも子供なんて最初からいない、それは妄想だといわれ、あったはずの遺品も何時の間にかなくなっていて…。
夫からも医者からも病人扱いされる日々。
でも確かに子供は実在した。
それを裏付ける人も出てきた。
では何故誰も子供を知らないというのか?

…後悔した。
この映画を見る前に、迂闊にもネットでオチを見てしまった事をshock
この映画はある意味オチが全て。
オチに至るまでの過程を楽しむ映画なのに…。
(逆を言えば、オチまでの盛り上げ方は上手いと思う)

でもなぁ…だからといって予備知識なしでこの映画を観たら、それはそれで凹みそう。

うーん、何て説明すればいいのだろう。
つまりこの映画はサスペンススリラーなんだけど、それだけじゃなくて後半は…って、やっぱり言えない。
言えばこれから観ようと思ってる人が不幸になってしまう(笑) (DVD / 2005年公開)

http://www.forgotten.jp/

2005年11月 3日 (木)

豚丼 / 吉野家

以前デパートの北海道物産展で食べた豚丼が忘れられない。
あれは美味かった。
ただ値段は牛丼以上だったけど(笑)。

そんな思い出を胸に(笑)、久々に吉野家に行ったのが11月頭頃。
美味しくないのは分ってたのだけど、10/1から味が変ったとのポスターが大々的に貼られてたので、まぁいって見るかと。

豚丼(並)(310円)をつゆだくで頼んでみた。
驚いた。
美味いではないの。
北海道名物の豚丼とは全く別物だけど(あちらは網焼用のロース肉の照焼、こちらは薄切りバラ肉の煮込)、牛丼っぽい深いコクがある。
いや、びっくり。
これなら牛丼はいらんでしょう。
(というかややこしい米国産の牛丼なんて輸入解禁になっても食べたくないぞ)

以後北海道の豚丼に思いを馳せつつ、ちょくちょく通ってる。

--------------------
吉野家

2005年11月 1日 (火)

ステルス

Jfhy1ev3 映画の日という事で衝動的に見に行ったものの、全く期待はしていなかった。
まぁ「トップガン」を近未来的にリメイクしたような映画だろうと…。
でも実際の映画は、予想とは結構違った。

まず、青春群像とか恋愛模様とか、そういう部分をあまりクローズアップしていない。
そしてアメリカ軍をことさら美化してもいなかった。
(むしろ非道っぷりを発揮してた位(笑))
この辺がまず意外だった。

また、物語も前半と後半で大きくテーマが違ってくる。
意外性のある展開。

特撮CGが凝ってるのはTVの予告から伺える通りだったけれど、色んな意味でひねりのある映画だったと思う。
結構楽しめた。
ただそれでもあえていえば地味な映画という印象が残る。
つまり、派手な映像もメリハリがないと結果的に地味に感じてしまうという事。
役者も地味だったしなあ。(HEPナビオ)

http://www.sonypictures.jp/movies/stealth/