最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 讃岐うどん (難波) | メイン | ナルニア国物語 第1章 »

2006年3月10日 (金)

シーフードカレーを作る

●材料(6〜8人前位):
カレーの素:1袋(or1パック)
有頭海老:8〜12尾位
ホタテ:(あれば適量)
シーフードミックス:1袋(300〜400グラム程度)
あさり:400グラム前後(適当)
玉ねぎ:1個
ニンジン:1本
ニンニク:2カケ
セロリ:1茎
トマト:1個
白ワイン:200cc
ローリエ:数枚程度
ブーケガルニ(あれば)
水:300+500cc
塩・コショウ:適量
オリーブオイル:100cc


●準備
・あさりの砂だし(薄めの塩水に入れて半日程放置)
・シーフードミックスを自然解凍
・海老の殻を剥いて、頭を取る(※どちらも捨てない)
・玉葱、ニンニク、セロリをみじん切り
・ニンジンは銀杏切りもしくは荒くザク切り
・トマトは湯剥きして、ザク切り

●手順
・海老の身に軽く塩・コショウ
・オリーブオイル100ccを中火で加熱し、そこに海老の殻と頭と身を入れて軽く炒める
・軽く火が通った身だけを取って、そこに水300cc程度足して水分が揮発するまで弱〜中火で茹で炒め、海老の匂いと旨味を油に写す(水と共に油も結構揮発する)
・殻と頭を取り除いた油に、みじん切りにしたニンニクとセロリと玉葱を入れて弱火でよく炒める。
・続いてそこに荒くみじん切りしたニンジンとトマト入れて中弱火程度で炒める。
・最後にシーフードミックスを入れて、軽く炒める(あれば適当に細かく切ったホタテも一緒に炒める)
・上記鍋とは別にアサリ半分量を白ワインで蒸し、できたものを先の鍋にワイン毎入れる。
・さらに水を500cc程度入れて、ローリエ、ブーケガルニを入れて少し茹でる(私はセロリの葉も入てみた)
・蒸発した水分を足した後、カレーの素を入れて弱火で数十分煮込む(これでほぼ完成)
・食べる直前に、残ったアサリを蒸してトッピングし、また海老の身も添える。

●考察
・「魔法のレストラン」に出てたオムカレーのレシピをベースにアレンジした。
・シーフードミックス、アサリなど入ってるものの、全体として海老の旨味が際立ったものになった。ウマー
・海老の頭は、潰してカリカリに炒めてトッピングしてもよかったかも。
・カレーの素にはビーフブイヨンなど入ってるので、純粋なシーフードカレーとは言えない。またこの素が良くも悪くも味を大きく左右してると思う。
・シーフードミックスは具材というより煮込用という認識。アサリは半分煮込に、半分は具材とした。
・シーフード、特に海老の旨味でルーがかなり濃厚になるので、水の量はもう少し多くしてもいいかもしれない
・炒める際、材料にカレー粉を振り掛けるとよりスパイシーになったかも(出来たものは油っぽさはないものの、すごく濃厚)
・ttp://mbs.jp/mahou/recipe/060302_1.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346865/13137475

シーフードカレーを作るを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿