最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« お好み焼き / 寿鳳堂 (茨木市) | メイン | セルフ讃岐うどん / 京極讃岐藩 (梅田) »

2007年7月31日 (火)

鉄人28号

Xfhjvpfs 公開時、悪い評価ばかり耳にして、結局見る事のなかったこれ。
改めてDVDで見てみた。
まずオープニングにわくわくさせられる。音楽もいい。
いやあ、そんな悪くないじゃないの。
主人公正太郎が鉄人と出会う辺りまでは、そう思ってた。
そこからはもうローリングストーン状態(笑)。

CGがしょぼいのはまあ良しとしよう。
ハリウッドのように大資本を投入した映画でないのは最初から分ってたし。
(それでも制作費10億らしいけど)
現代の天才科学者によって作られたロボットと、一時代前の天才科学者によって作られたロボットとの戦いというシチュエーションも悪くない。
でも半世紀前の原作を、改めてリアリティを感じさせる現代劇として再構築する労を惜しんでるようでは、全くどうしようもない。
もう突っ込み所はありすぎて、一々指摘する気にもなれないけど、せめて金田少年が鉄人を操縦する必然性と、クライマックスシーン、その二点だけでも何とかでっちあげて欲しかった。
もっとスピード感とメリハリのある展開だったら、勢いで誤魔化されたかもしれないし。
そうであれば、ここまで白け気分になる事はなかったろう。
蒼井優含め、この映画に関わって後悔してる人は多いんじゃなかろうか?(笑)

でも音楽はほんといいんだよなぁ。
昔の実写版なんて当然見た事はないけれど、聞き覚えのあるテーマ曲も、何故か童心をくすぐる。(DVD / 2005年3月19日公開)

http://www.tetsujin28.jp/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346865/13140335

鉄人28号を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿