最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 2007年11月 | メイン | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

2007年の映画

どうやら私、昨年約80本ほどの映画を観たらしい。
これって、以前映画にハマってた時期に見てた数とほぼ匹敵する数で、驚くと共にちょっと自分が怖い。
見過ぎだろ、自分(汗)。

ともかく、2007年公開作は、一昨年と比べてまあまあ良かったものが多かった一方、すごく心に残る映画は殆どなかった(個人的に)。
実際、思い返してみてパッと思い浮ぶタイトルがない。
そんな中、極私的ベスト5となると

・あなたになら言える秘密のこと
・バッテリー
・キサラギ
・ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
・ボーン・アルティメイタム     (順不同)

といった感じかなあ。
あるいはどれかをパンズ・ラビリンス」と差し換えてもいい。

「あなたになら〜」は、観た当初そんないい映画だという印象はなかった。
今もそうかもしれない。
ただ意外なほど後を引くお話で、私にとって何とも不思議な映画ではあった。
今はこの監督の他の作品も見たいと今思ってる。
他はベタな映画が殆ど。
「ハリー・ポッター〜」と「ボーン〜」は、シリーズを見続けてきての評価。
どちらも独特の雰囲気・世界観を持ってる所がいいなと。
「バッテリー」は、ほんとベタベタな青春映画で、お話としてさしたる捻りもないんだけど、妙にぐっと来たのは、少年達の演技が良かったからかもしれない。
「キサラギ」は、最初オンライン試写で一人静かに見た時は、よく練られたお話だなといった、ある種冷めた印象だった。
それが後日改めて映画館で見た時、自分でも意外なほど笑えた。
観る環境で、映画の印象ってほんと変わるものなんだなと、つくづく実感。

2007年12月30日 (日)

味噌つけ麺 / 彩々 (針中野)

_nusndiq 最近、中華店からリニューアルオープンしたらしい、(ほぼ)味噌ラーメン専門のお店。
中は、テーブルを横に並べてカウンター様にしている。

例によって味噌つけ麺¥900/300g)を、レモン餃子(¥250)と共に注文。
また、つけ麺を注文した人には、ぶっかけ汁丼が希望者に無料サービスと書かれているのを見、食いすぎと思いつつ興味本位でこちらも頼む。
5〜6分待って出てきたそれは、蕎麦のような色をした全粒粉の極太縮れ麺。
ただ味は思ったほど粉っぽくもなく、瑞々しさがある。
つけ出汁は、味噌味だと聞いてたけど、味噌というよりド■色で、黒っぽい器ともども、見た目的にはあまりよくない。
トッピングは、ネギとしめじがあるのが辛うじて分る。
食べてみると、確かに味噌の味はした。
ただえらくこってりで、むしろ豚骨味が勝ってる印象。
塩気もちょっときつかったけど、総じてそんな悪い訳ではない。
ただ味噌つけ麺というより、味噌で風味付けした豚骨つけ麺という感じかなあ。

食べた後に、ネギ、生姜、梅肉がトッピングされた白ご飯が出された。
サービスの丼とは、これに残ったつけ出汁を適時かけろという事だったのね。
(それなら‘トッピング付白ごはん’とでも書いてくれた方が…)
ただこの時初めて、つけ出汁の中にミンチ肉が沈んでたのを知った(笑)
結局残り汁全部かけて食べたけど、これは失敗。ちょっと塩辛かった。

因みにレモン餃子は、単にレモンを絞って食べる餃子の事。
味的には普通に美味しくいただいた。

※付記:つけ麺は普通で200g

--------------------
麺屋 彩々
大阪市東住吉区駒川5-7-3
TEL.: 06-6609-3030
営業:11:30〜14:30 / 17:00〜21:00
定休:日

2007年12月29日 (土)

スタンダード味噌ラーメン / カドヤ食堂 (今福鶴見)

Qvpytwjg 今日と明日の2日間限定のスタンダード味噌ラーメン(¥850)を頂いてきた。

注文するとまず、今回のラーメンの由来と素材について書かれた紙を渡され、普段ない行為で、気合の程が伺えた。(どうも他店とのコラボメニューらしい)
トッピングはメンマ、チャーシュー1枚、刻みチャーシュー(ミンチ肉代り?)、そしてたっぷり散らした刻み白ネギ。
麺はさほど幅広でない平打ち縮れ麺。
小麦の味がして、もちっとした食感がいい。
スープの味は、先日ここで食べた「地鶏釜玉味噌」のつけ出汁とちょっと被ってるかなあ。
辛さより、甘さ・マイルドさを志向した味。
ただその分ニンニクでアクセントをつけてはいた。ネギの苦味も効いてる。

これがスタンダードな味噌ラーメンと、個人的には思わなかったけれど、他所とのコラボメニューという割には、カドヤ食堂らしい味だと思った。
食べ応えもあって、美味しく頂きました。
後、前回のように残ったスープにちょっとご飯を入れて食べたい気になった(笑)。

追記:西長堀に移転('10/6)

--------------------
カドヤ食堂
大阪市鶴見区鶴見4-1-18
電話:06-6933-9323
営業:11:00〜16:00 / 18:00〜22:00   ※11:00~14:45 / 18:00~21:00頃('09現在 )
定休:月・第3火

2007年12月28日 (金)

シーフードスープカレー / らっきょ (レトルト)

2s8fymgs 同じシリーズのチキンカレーがそれほどの味ではなかったので大して期待はしてなかったけど、そんな期待に見事応える味だったといえようか(笑)
具材として、海老、イカ、ホタテなどが入っていて、旨味も出てたけど、具材自体は煮込み過ぎな感じで味が弱い。
何より、カレースープ自体に海老のえぐ味が強く感じられるのが特にイケてない。

全体的に酷い味とまではいえないけど、この値段(¥798)ならまず再度買わないな。
ってこれ、もう製造してないらしいけど(笑)。

http://www.spicegogo.com/

2007年12月27日 (木)

ざるそば / 一山 (淀屋橋)

L7mgldom 界隈では知られた、老舗蕎麦のお店。
でも私が入るのはこれが初めて。

中はテーブル6卓ほどだったか?こじんまりしている。
メニューはそばと丼がそこそこな種類ある。
壁を見ると、使用している新蕎麦の産地と生産者と寸評が書かれてあって、何だか期待してしまう。
味見を兼ねて、ざるそば¥550)と親子丼¥670)を注文した。
まず親子丼。
見るからに出しとよく混ぜましたといった、スクランブルエッグ風な見た目。
食感は悪くないんだけど、味はかなり出汁が強めで、卵にかなり勝ってる。
食べ終わる頃に本命のざるそばが登場。そば湯も一緒に出される。
見た目は白っぽく角が立ってる。
でもなぁ・・・味も香りもそんなにしないなあ。
そして予想通り、親子丼とそばのつけ出汁がかぶってて、食べてて単調に感じられた。

うーん、何だかイマイチ感が残ったなぁ。
接客の男性店員さんも、どうもダレてるみたいだし。
客も殆どいない中、わざわざ「丼とそば一緒に出していいですか?」と聞いておきながら、結局完全に別々に出してくる。
それなら聞くなよと。

--------------------
一山
大阪市中央区高麗橋3-1-1
TEL.:06-6231-6059
営業:11:00〜18:20
定休:土・日・祝

2007年12月26日 (水)

ヒレカツ / とんかつ たわら (鶴橋)

Pnosdbel 都心でも中心地から結構はずれた裏通りに、隠れるようにひっそり営業しているとんかつ屋。
見つけた時は、どれだけ穴場なんだとツッコミを入れたくなったほど(笑)。
以前から時折マスメディアで紹介されてたけど、最初にここを紹介した人はジモティに違いない。
そしてお昼過ぎの店内は、場所に似つかわしくなく満員で、帰り際には外で待つ客もいたほど。
私もそうだけど、他の客も殆どがわざわざここ目当てに来てるんだろう。

メニューは色々あって迷ったけど、結局ベタにヒレカツ定食¥1200)とを注文した。
しばらく待ってると、大盛りのとんかつと味噌汁、漬物、ご飯、そして小ぶりの皿を渡される。
この皿はここの名物、おかずバイキング用のお皿。
この日は7つの和惣菜が店内奥の専用テーブルに並べられていたけれど、そこから好きなだけよそえるのがこの店の売りでもある(但しお代り不可)。
でもとんかつ自体がえらいボリューム。
以前「幸福堂」という店でもそのボリュームに驚いたけど、ここも負けてない。
そして何より旨かった。
静岡産のもち豚を使ってるとの事だけど、肉がほんとにもちもちしていて、ものすごく柔らかい。
もち豚はこれまでも食べた事はあったけど、こんな食感だった覚えはない。
だとすると、これまで食べたやつは偽者だったのか?(汗)

なるほど話題に出るだけあるわと納得。

--------------------
とんかつ たわら
大阪市天王寺区細工谷1-10-10
TEL.:11:00〜15:00 / 17:00〜19:30
営業:06-6771-3981
定休:日・祝
http://www.e-boshuu.com/osaka/maido/syosai.php?tidno=16570

2007年12月24日 (月)

つけ麺 / 麺処 田ぶし (通販)

Dpd2ombl
またしても通販で買い求めたつけ麺。
こちらも東京で人気のお店らしい。
麺の茹で時間は5分と短めながら、「六厘舎」に近い極太縮れ麺。
つけ出汁は、3種類の液体とペーストを混ぜて作る。

麺はもっちりながらも瑞々しさもある感じ。
出汁の方は、やっぱり豚骨醤油+魚介。
黒っぽい醤油色をした層がその下の茶色い豚骨の層と分離している。
食べてみると、まず魚の味が来て、続いて醤油の味が来る。
そしてそれら全体を豚骨スープがまとめてる印象。
豚骨の濃厚さはあるんだけど、それほど前面に出てきてないので、それ程はくどさを感じない。
やや和な感じもしなくもない。

「六厘舎」を食べた時は、通販でこのレベルの味は他では難しいだろうなと思ってたけど、いやいやこちらもなかなかどうして。
別売の穂先メンマも、レシピ通り軽く炒めて食べたら、これもイケた。
いやいや、美味しゅうございました。

※写真のメンマは別売品。チャーシューと煮卵は別途準備したもの

http://www.rakuten.co.jp/men-tabushi/

2007年12月23日 (日)

地鶏釜玉味噌つけそば / カドヤ食堂 (今福鶴見)

今週末限定メニュー地鶏釜玉味噌つけそば¥980)を食べてきた。
要は釜玉うどんを模した麺(あつもり)と、味噌ベースのつけ出汁の組合せたもの。
スープ割りはなく、代わりにミニライスが最初から付いてくる。

麺はいつもの平打ち麺ではなく、やや太めの縮れ麺。
店員さんに言われるがまま、卵と即かき混ぜてカルボナーラ状態に。
そのまま食べるともっちり感がある。
出汁は一見味噌っぽく見えないけど、食べてもやはり味噌らしくなかった(笑)
卵のせいだろうか?
そしてネギで覆われた出汁の底には、メンマと部位の違うチャーシュー肉が入ってた。

うーん・・・みんな美味しそうに食べてたし、実際そこそこ美味しかったと思う。
ただ、卵まみれの麺と味噌スープに、今一つ相性の悪さを感じたのは、私だけだろうか。
少なくとも私的には、過去の限定メニューほどのインパクトは感じなかったなぁ。
最後の‘ねこまんま’は美味しく頂いたけど。
取りあえず塩分・脂肪・炭水化物を過剰摂取した感はある(笑)。

追記:レギュラーメニューになった模様?('08/04)

--------------------
カドヤ食堂
大阪市鶴見区鶴見4-1-18
電話:06-6933-9323
営業:11:00〜16:00 / 18:00〜22:00   ※11:00~14:45 / 18:00~21:00頃('09現在 )
定休:月・第3火

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

Ywqi5i83 自分の生きる目的を見出せず日々悶々としている高校生が、謎のチェーンソー男と夜毎死闘を繰り広げてる美少女を偶然知り、そんな非日常の世界に関わる事で自分の生きがいを見出そうとする…日常とファンタジーが入り混じったお話。

原作の小説がそこそこ有名で、近々読もうかなと思ってた所に、この映画化。
多少楽しみにしてるところはあった。
でも実際みて、あまりピンと来なかったなぁ。
シチュエーションは面白い。
思いの他派手な活劇要素もあったし、CGも効果的に使われてた。
でもなぁ・・・主人公の悶々としている様子が、観ていて楽しめない。
かつての自分と被ってしまうから?(笑)
ただこっちは万引きなどしなかったし、あんなファンタジーも起らなかった。
そもそも男子校だったし(笑)(試写/2008年1月19日公開)- Yahoo動画

http://www.nega-chain.com/ 
http://blog.kansai.com/cinema_event/215 [原作者インタビュー]

2007年12月21日 (金)

グミ・チョコレート・パイン

C8weitli ありがちな青臭い思春期の一時期を切り取って見せたようなお話で、大槻ケンジの半自伝小説が原作らしい。
でも、相当フィクションも入ってるように思われる。

こういうお話は、見ていて猛烈に痛痒い思いに捕らわれるのは私だけだろうか。
青臭くて、自己表現が下手で、異性(愛)に飢えてて、格好つけてるんだけど格好悪くて・・・そんな10代の酸っぱい日々を見せられて、嫌が応にもシンパシーを感じはしても、あまり楽しいとも思えず。
また、ちょこちょこ軽い笑いを挟んでるんだけど、私的には全く笑えず。
この手の映画って、作品の持つ空気感といったものが自分の記憶の中にあるかどうかで、評価が大きく分かれるように思う。
あるという人にとって、多分この映画は最高の映画に思えるんじゃなかろうか。
私にとってそれは、「きょうのできごと」にはあったけど、この映画にはなかった。

でもタイトルの“グミ・チョコレート・パイン”って、最初意味が分らなかったけど、私の認知する所の“グリコ・チョコレート・パイナップル”の事だったのね。
“グミ〜”なんてまるで聞き覚えがないんだけど、こっちが主流派なんだろうか?

あと、主人公役の見た目パッとしない普通の青年、実はこの役のために8kg太ったそうで、痩せた写真を後でみて驚いた。
えらい男前で(笑)(試写/12月22日公開)

http://www.gumichoco.com/
http://blog.kansai.com/cinema_event/206 [監督インタビュー]