最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 2008年1月 | メイン | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

魚介系鶏白湯醤油つけ麺 / Soup&Noodle屋さん 昼のみ (堺筋本町)

Pflof2zv 裏通り…というより路地裏といった方が正しいだろう通りにあるこのお店。
近隣の通りはこれまで嫌程通ってるし、この路地裏に幾つか飲食店があるのも分ってたけど、ここがつけ麺を出してる事はネットで見るまで、知らなかった。
行ってみると確かにやってた。
ただ昼だけの営業だったとは…ここは普通に居酒屋営業してたはず。
店内は、奥にカウンターと、手前にテーブルを縦に並べた簡易カウンターの、全部で15席位?の小奇麗なお店。
メインメニューは中華そば2種(白湯醤油と清湯醤油)とつけ麺1種(白湯醤油)のみ。
どちらも魚介系。

魚介系鶏白湯醤油つけ麺
¥730)を頼んだ。(1.5玉が標準で、同額で2玉にも増量可)
断面がほぼ真四角な感じの、角の立った激太麺。
この太さは、これまで食べた中でも1〜2番目に入ろうかというほど。
その上にはホウレン草と糸唐辛子がトッピング。
スープは白濁スープで、中には荒切りチャーシュー肉と煮卵。
まずは一口食べてみると、意外と味が薄い。
魚粉らしきざらっとした魚の味ばかりが口に残る。
こんなものかなと思い、何気に出汁を飲んでみる。
・・・ものすごく濃厚だった。
そして唐辛子も結構入ってた。
麺が太すぎて出汁と絡みにくいのか。
お店もそれを分った上で、つけ出汁を濃い目にしてるのかもしれない。
それでも、麺も出汁も悪くないだけに、どうもバランスの悪さを感じてしまう。
個性はものすごくあるんだけどな。


追記:昼営業は止めた模様('08/04)
追記:天神橋筋六丁目で「群青」というラーメン店をOPEN('08/10/06)

--------------------

jyuu酒肴処 司
住所:大阪市中央区安土町1-6-11
営業:11:00〜14:00  ※夜は居酒屋として営業(17:00〜)
定休:土・日・祝

2008年2月25日 (月)

ジャージャー麺 / 武新 (通販)

Z8bgwwxz 今回、こちらのお店の一番人気らしいジャージャー麺を買ってみた。
麺を茹でて、湯煎したソースと和えるだけというお手軽さは楽でいい。
(千切りキュウリを入れた方がいいという事で今回は入れてみた)

で、肝心の味はというと・・・普通。
取りあえず私的には辛さが足りない。
ピリッとくる程度。
そして、田楽味噌のような妙な甘さが少し口に残る。
別売の‘辛味の素’を入れるも、これも旨味はあっても、思ったほど激辛になる訳ではなかった。
悪くはないけど、これが一番人気の商品というのが、何か納得いかないなあ…。

Jjmzsuyj ところで、ここで何か商品を買うと、1食100円で「菜香ラーメン」なる醤油ラーメンが買える。
これはどうやらあの「彩華ラーメン」インスパイアラーメンらしい。
そちらも買ってみた。
2食セットで、1つは普通に、もう1つは白菜をスープと軽く煮込んで、よりそれっぽくして食べたけど、うーん・・・似てるかなぁ?
こちらは、すっきりした醤油出汁と動物脂の組合せで、その油が妙に老ねてるような味がする。
100円としては全然悪くないけど、ことさら美味しいとも思えなかった。

※写真のトッピング類は全て自前

http://www.rakuten.co.jp/takeshin/

2008年2月22日 (金)

ジャンパー

50o6vwcj 一番の売りは映像の斬新さ。
話のテンポも良くて、見ててダレる事もなかった。
それでも、それほど満足感を得られなかったのは、お話のそのものが思いの他小粒だったからだろう。
上映時間に制約があったのか(88分)、どうも細かいエピソードを端折ってると思える節もあって、世界を股に掛けたお話の割に、広がりがない。

その上この主人公、ちょっと感情移入しずらい。
謎の組織に命を狙われるのだけど、それも原因は自分のジャンプ(テレポート)能力を使って銀行強盗をしたためだし。
ましてこ奴、所構わずジャンプして、自分で墓穴堀りまくり…。
今一つモラルも低いなら、どうも頭も冴えない(笑)。

でもこの映画、続編の可能性を物凄く感じさせる。
あるいはテレビドラマでシリーズ化なんて、案外織り込み済みなのかも。(試写会にて/3月7日公開) 御堂会館

http://movies.foxjapan.com/jumper/   [7]

2008年2月21日 (木)

ガチ☆ボーイ

Eqz6a1qj 学生プロレスを扱った、一言で言えば泣かせ系の映画。
元は舞台劇だったらしい。

うーん・・・残念ながら私にはぐっと来るものがなかった。
この映画の主人公の持つ記憶障害は、「メメント」あるいは「博士の愛した数式」と同じもの。
やはり最初にこの症状を扱った「メメント」のインパクトが個人的に大きくて、この映画でも主人公の絶望感ばかりに囚われてしまい、素直に感動できなかった。
お話は、必ずしもネガティブな展開ではなかったのだけれど…。
でも、周りの観客は結構感動してたような?
意外と万人受けする映画なのかも知れない。

でも主人公役の佐藤隆太は、本当に笑顔がいいなあ。
ハマリ役だと思う。(試写会にて/3月1日公開) ワーナーマイカル大日

http://www.go-go-igarashi.jp/   [6]

2008年2月20日 (水)

つけ麺 / 麺食い市場 (通販)

4belspwh
ネットで見つけたお店。
東京で営業している「オリオン食堂」「らー麺きん」の2店舗のコラボによるつけ麺セットという事らしい。
セットには「カニつけ」「魚濃つけ」「辛口つけ」の3種類が各2食づつセットで入っている。
麺は冷凍で、スープはメンマとチャーシュー入り。

宣伝文句に、‘「六厘舎」よりうまいかも’なんて書かれてて、言ってくれるなぁなんて思ってたけど、なる程なかなか美味かった。
特に麺が独特で、すごい弾力があって、もちもち。
うどんにも似た食感で、こんな中華麺は初めて。
「波動麺」なんて書いてて、これまたはったり臭いと思ってたら、いやいやどうして。
出汁も美味い。
濃厚だけどひつこ過ぎず、各々名前の通りの特徴が味にきっちり出てる。
ただベースは何れも豚骨醤油なので、まるっきり味が違うという程ではなく、もう少し味に大きな変化をつけて欲しい気もしたけど。
でも、これまで通販で買い求めたつけ麺の中で、トップクラスの味だとは言える。

それよりここのつけ出汁、2食分で1パックにしてるので、食べにくい上、2人で分けるには量が少ない。
量を増やすか、せめて袋の口が封できるようにして欲しい。
ライバル視してる「六厘舎」は、1人前でもパウチできる袋にしてるんだから。

※写真は辛口つけ(麺の上のトッピング類は自前/出汁は2食分使用)

http://store.shopping.yahoo.co.jp/yamaguchiya/ 

2008年2月19日 (火)

魔法にかけられて

Gbz10yaj おとぎの国(ディズニーアニメの世界)のヒロインが、現実世界にふいにやってきたら…といったお話。
映画全体にディズニー過去のアニメ作品のパロディが散りばめられているのだけど、この映画の物語自体も「白雪姫」のパロディ。
見方によっては、かなりブラックな映画という事になるのだけど、多分それは作り手の望む見方じゃないだろうな。
何たってディズニーだし(笑)

素直な見方をすれば、普通に楽しいコメディ映画で、王道で万人受けしそうな手堅い作りだと思う。
エンターテイメントに徹してる。
それが最後だけちょっと捻りが入ってて、それが意外でもあり、違和感もあった。
何だか無理やりハッピーエンドにしちゃった感があったなあ。
でも全体としては楽しい映画だと思う。

ところでヒロインの女性は美人で可愛いんだけど、時々おでこにやけに皺が寄るのが気になった。
後で調べてみると、実年齢33才!!
どうせなら、CG処理で消してあげたらよかったのに(笑)。(試写会にて/3月14日公開) リサイタルホール
http://www.disney.co.jp/movies/mahokake/   [7]

トンカツ / ファミリーHAMA (南森町)

Ulr4aujm 老舗洋食店。
昼だけ、それもメニュー1種類だけで営業している。
(昔は夜もやってた気がするけれど…?)
メニューは日替わりで、いずれも600円。
この日はスペシャルトンカツの日だった。
副菜に、マッシュポテト・大根コンソメ煮・ホウレン草のゴマ和えがついて、テーブルの香の物2種は取り放題。
そしてお代り自由のごはんがついて600円。
いくらメニューを絞ってるとはいえ、値段なりの安っぽさもなく、頑張ってると思う。
店は連日満員のようだし。

因みに他のメニューには、サーモン、ハンバーグ、シチューなどがあるけれど、この曜日はこれと決まってるのは、土曜のステーキだけのように思う。

-------------------- 
Family Hama
住所:大阪市北区松ヶ枝町1-43
TEL.:06-6354-1588
営業:11:30〜14:00
定休:日・祝

2008年2月18日 (月)

ただ栄光のためでなく

Wvv9vepo アメリカで、オイルマンとしてのし上っていく一人の日本人の、ノンフィクション小説。
昔、友人から強く勧められ、買ったはいいけど、長らくほったらかしにしてたもの。

作者は、これが小説としてのデビュー作らしく、確かに文章はそれほど流麗な感じはないけれど、読みやすくはある。
それにしても、ノンフィクション小説という事で、もっと記録小説かそれに類する物語だと思ってたんだけど、まさかここまでバリバリのエンターテイメント小説だったとは…。
'70年代末の話という事で、時代背景の古さはあるものの、そういう事に関係なく面白い。
昨今何かと話題の、石油問題の一端が垣間見えると共に、「サラリーマン金太郎」以上の、ど派手で波乱に満ちた人間ドラマが展開されいく。
ただ、そのあまりにドラマティックさに、これがノンフィクションとは、ちょっと信じ難い。
(実際、内容に現実と矛盾するor根本的に間違った記述があって、発表当時から疑問視する声が多いそうな)
ただ一方で、当時こういう事は実際あったかも知れないなと思わせる、説得力はすごくある。
恐らく、虚実入り混ぜて書いてるんじゃなかと思ってるのだけど???(落合信彦/集英社文庫)

2008年2月17日 (日)

ロールケーキ / りくろーおじさんの店 (難波)

W7ubjoer
いつもと変わらぬりくろーおじさんの行列。
ただし列は出来たてロールケーキを買う列で、それ以外は並ばずに買える状況にあった。
それならばと、いつからか販売していたロールケーキを買ってみる。
ニコニコりくろーる¥1050)
因みにこちらは工場で作っていて、出来たてというのはないそうな。
食感としては、ふわふわとどっしりの中間くらい。
味も甘からずくどからず。
悪くはない。
ただ、カステラの上にホイップクリームを乗せて食べるのと、食感的にも味的にもそう変わらないんじゃないかとも思ったり(汗)。
チーズケーキはあれだけふわふわ感にこだわってるようなのになあ…。

--------------------

大阪市中央区難波3-2-15 ナンバ高島屋前南海通入口
TEL.:0120-57-2132
営業:9:30〜21:30
http://www.rikuro.co.jp/

かすうどん / ろくつぼや (千日前)

Dwq8f7rm かすうどんのお店としては、かなり老舗に入ると思われるこちら。
夜遅くに訪問するも、客はなく、店主が1人牛カスを刻んでいた。
そして店内には妙な匂いが漂う。
何の匂いだろう・・・油カス?
ひとまず、かすうどん¥500)を注文。
数分で出てきた。
作る行程をよく見てなかったけど、麺はどうやら冷凍ものらしい。
まあ下手に茹で置き麺をだされるよりはいいかな。
ただ上からふりかけられたカスが、乾燥していてカチカチ。
徐々にふやけていったけれど、その油の旨味が出汁に染み出して、コクが増したのは、ほぼ食べ終わる頃だった。
こういう味の変化を良しとするか、半端くさいと思うかは、人にもよるだろう・・・私は後者だけど。
最後の出汁は確かに旨かった。

でも私が一番気になったのは、店内に漂う匂い…油カスの匂い?

-------------------- 
ろくつぼや
住所:大阪市中央区千日前1-6-12
TEL.:06-6212-4244
営業:21:00〜7:00 / 11:00〜7:00(土) / 11:00〜25:00(日)
定休:月