最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 2008年5月 | メイン | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

つけ麺 / きぶんや (道頓堀)

Kibunyaつい先日開店した、和歌山ラーメンを看板に掲げたお店。
個人的には、和歌山ラーメンにあまりいい印象はなく、ここも当初は興味は持てなかったのだけど、外のメニューに書かれたつけ麺(¥830)の文字に、誘われるように入ってしまった。

麺はありがちな(に見える)中太縮れ麺。
トッピングは煮卵、メンマ、チャーシュー。
つけ出汁はお茶碗大の小ぶりな器に入って出てきた。
和歌山ラーメンの定義については、正直今一つ分ってないけれど、豚骨醤油系で甘さと辛さが際立った味という認識がある。
実際ここも、先日食べた「和歌山ラーメンたかし」などとも共通する味ではあった。
ただ、ここはさらに甘くさと醤油辛さが強くて、ちとピリッとしてて、そしてくどかった。
こういう味を、和歌山の人はほんとに好んでるのかなあ。
ただ、食べ終える前に持ってきてくれた割りスープは、拍子抜けするほどごく普通のかつお出汁だったけど。

いずれにしろ、やっぱり私の口にはちょっと合わなかった。
でもここは二号店という事から、一号店は人気があっての二号店出店なんだろう。
あるいは、飲んだ後の一杯というコンセプトで味付けしてるのかな?

--------------------
紀州和歌山ラーメン きぶんや
住所:大阪市中央区宗右衛門町1-6 きぶんやビル1F
TEL.:06-6211-8055
営業:11:30~4:00
定休:不定

2008年6月28日 (土)

つけ鴨そば / かもや (谷町四丁目)

Kamoya 4/14にオープンしてた、鴨つけそば(orうどん)専門店。
鴨のつけそば専門とは珍しい…と、暖簾をくぐる。
店内は小料理屋然としたカウンターだけのお店で、メニューもつけ鴨そばかうどんの大・中・小(特・大・並と表記)のみ。
そばの特(¥800/3玉)で注文。
かなり多いよと念を押されるも、3玉なら問題ないだろうと。
それほど待つ事無く、すぐに出てきた。
直径40cmはありそうな特大サイズの器を見て、ちょっと戸惑う(笑)。
麺は茹で置きだったようだ・・・完全に伸びた麺で、専門店でこれはないだろうと、ちょっとがっかり。
つけ出汁は、白濁しており、コクと甘味の強めのもの。
コクは直前に炒めてた、薄切り鴨肉の効果もあるんだろう、
味の方向性は、先日食べた「しろたや」のそれと似てる。
ただこちらの方が味に深みはあるけれど。(そういやあちらは豚肉だったな)
最後は、蕎麦湯ならぬ生姜湯を出して貰って、それで出汁を薄めて飲んだ。
結局、量は問題なく食べられた。器のでかさにちょっと騙された(笑)。

それにしても、多少待つことになっても、麺は茹で立てを出して欲しいなあ。
割とこだわりのある店かと期待してただけに、ちょっと肩透かし。

--------------------
鴨屋(かもや)
住所:大阪市中央区内本町2-3-8 ダイアパレスビル本町103
TEL.:06-6942-3531
営業:11:00~21:00
定休:日・祝

2008年6月27日 (金)

淡路島バーガー / 淡路屋 (西宮/兵庫)

Rnm91x9k 前から少し気になってた、淡路産の食材で作る事にこだわったハンバーガー店。
お昼時に行くと、少し列がてきていた。
どうしたものかと思ってたら、列は持ち帰りの客で、何とか少し待って食べる事が出来た。

元物置だった風(失礼)なお店は、カウンター5席のみで、エアコンからは何故か白い煙がモクモク出ていて、やば気な雰囲気(笑)。
メニューはシンプルで、淡路バーガーのレギュラーかラージのいずれかのみ。
あと、トッピング4種類(ベーコン、卵、オニオンフライ、チーズ/各100円)をつけるかつけないか。
結局、淡路バーガー(L)に、トッピング全部付けで注文した。
占めて1050円也。
結構待った後、高さ10数センチはあろうかという巨大バーガーが、アルミホイルに包まれてやってきた。
アルミホイルを半分破って押しつぶして食べろというような案内が書かれおり、それに従ってかぶりついたが、この方法ははっきりいって危険。
肉汁やら卵(半熟)やらの汁が、アルミの結び目からあふれ出てきて、えらい事になった。
トッピング全部つけたせいもあるにせよ、これは水漏れしない袋にでも入れて出してくれないと、まあ食べずらいったらない。
ただ、味の方は抜群だった。
揚げたてのオニオンフライは香ばしくもサクサクした食感で、半熟の目玉焼とベーコンの旨味も効いてる。
激旨。
ただ、とめどなく垂れてくる汁を何とかしつつ食べるのに必死で、落ち着いて味わう余裕はなかったけど(笑)。
なので、これがトッピングなしだとどうだったんだろうかとか、何ともいえない。
かといって持ち帰ったら、フライはふやけて確実に味は落ちるだろうし、困ったものではある。

でもこのお店、水も出してくれないし、エアコンにしろ、椅子とテーブルの高低のギャップがひどいとか、味以外の部分では色々問題がある。

--------------------
good淡路屋
兵庫県西宮市池田町4-1
TEL.:080-3036-4373
営業:11:00〜20:00
定休:水

2008年6月26日 (木)

カレーつけ麺 / 番馬亭 (西宮/兵庫)

Izetvr9m カレーうどん(そば)で有名なお店。
カレーうどんは普段あまり食べないけど、近くまで来たという事で、物珍しさ半分で寄ってみた。
お昼にはやや早い時間だったのに、店内はほぼ満席。
そしてどの客も、食べてるのはカレーうどんかそばばかり。
カレーを食べてなかったのは、小さなお子ちゃまと一緒に食べてたママさんだけだった。
そこまで旨いのかと少し期待を抱きつつ、カレーつけ麺(うどん)(¥780?)とミニ親子丼¥550)を注文。
普通のカレーうどんは、いつまでも熱々で食べられる反面、麺がのびやすい。
でもつけ麺だとその問題もないしで、グッドチョイスだと思ったんだけど、周りで頼んでた人が一人もいなかったのは何故?(笑)。
結構待たされることも覚悟してたら、意外と待たずに持ってきてくれた。
物凄く濃厚でぼってりしたカレーつけ出汁と、ざるに盛られた麺は思ってたより量が少ない。
そしてミニ親子丼。
ミニ親子丼は、はっきりいって普通だった。
そして肝心のカレーつけ麺。
ルーは物凄く濃厚そうでとろみが強く、当り前だけど和風味だった。
麺も硬すぎず柔すぎずの、普通な印象。
割とオーソドックスな味なんだけど、でも結構濃厚で、変な癖もなく、何だかんだで万人受けしそうな美味しさ。
ただ今回、辛口で頼んだのだけど、これはちょっと失敗だったかも。
これは単に仕上げで唐辛子を追加で入れただけでは?と思わせる、味と融合してない辛さだなという印象。
元々が辛口志向のようだし、あえて辛口を頼む必要はなかった。

--------------------
番馬亭
西宮市甲風園1-6-7
TEL 0798-66-0995
営業:11:00〜20:27
定休:日・祝

2008年6月24日 (火)

洋食 / 赤ちゃん (天満)

Akachan 天神橋筋商店街、天満駅界隈に最近出来た(確か4月末)洋食店。
個人的には開店前の工事中から注目してたお店で、というのも神戸ではあまりに有名な老舗洋食店と同じ屋号なので、遂に大阪に進出か?と。
今回食べたのはBランチ(¥1050)。
ハンバーグとビフカツのセットで、味噌汁とライスがついたもの。(因みにAだと海老フライとハンバーグのセット)
やや小ぶりなハンバーグと、やや小ぶりなビフカツは薄切り肉のミルフィーユ状態で、何だかミンチカツっぽくもあった。
量はほどほどで、やや食い足りない感じもあったけど、食感・味共に悪くなかった。
ちょっと甘めのデミグラスソースを、ケチらず多くかけてくれてたのも好印象。
メニュー全般、値段をおさえつつも頑張ってるといった感じ。
味として明確な個性は感じなかったけど、どこかの大食堂で出てくるような、懐かしさを感じさせる味ではあった。

因みに帰り際、店の人に神戸のお店の事を聞いてみると、(薄々感じてたけど)やはり何の関係もないそうで…(なら何でこんな屋号にしたんだろう?)

--------------------

住所:大阪市北区天神橋4-4-6
TEL.:06-6354-3501
営業:11:00~14:00? / 18:00~21:00?
定休:

うに丼 / 立ち寿司 (恵美須町)

9dtdvpxp 日本橋電気街のどまん中に、4/15にオープンしたらしい立ち食い寿司店。
こんな所に、あまりに場違いなお店だけれど、飲み屋がこの辺には少ないので、逆に受けるという計算があったのかな?
メニューはにぎり寿司と丼と一品料理が幾つか。
お昼は丼を中心に出してるようで、今回はうに一枚まるごと丼を注文。(¥1500)
軽く海苔とわさびの入った丼に、小さな板ウニ1枚分まるごと乗せただけの、シンプル丼。
味は想像通りの旨さ(笑)
でもうにだけ食べてると、その濃厚さに徐々に飽きが来るのは私だけだろうか?
個人的には、ウニ&イクラ丼の方が好みではある。

※TV出演記念で5/27まで¥700(限定20)

--------------------
立ち寿司
大阪市浪速区日本橋5-9-13
TEL.:090-1956-0427
営業:11:30〜14:00 / 17:00〜23:00  (11:30〜23:00 土・日・祝)
定休:水

2008年6月23日 (月)

夏季限定つけ麺 / らぁめん たむら (布施)

Drtcsets 昨年12月以来の訪問。
その時はつけ麺を頂いたが、よくある豚骨+魚介といった感じのつけ出汁に、美味しいもののこれといった特徴が感じられず、強い印象として残らなかった。
でも麺は割と良かったよなと、もう一度食べてみようかと行ってみたら、夏季限定つけ麺(850円?)なるものがあるとの貼り紙が。
迷わずそちらを注文した。

鶏ガラ出汁で取った和風出汁らしい。
油の浮いた鮮やかな琥珀色のつけ出汁で、中には厚切りチャーシュー、メンマ、半熟煮卵が。
麺はくすんだ色の極太ストレート麺で、上に大きな海苔が一枚。
そして、この麺が美味かった。
私的ツボをつかれた感じがする。
対してつけ出汁は、甘さと酸味がほどよい、比較的あっさり味で、「大吾郎商店」のひやあつと若干近いかな?
ただちょっと唐辛子が効きすぎのような…。
元々辛いのは好きだけど、味と融和しておらず、単に一味をどっさり振りかけたかのような印象。
しかも、スープ割りはないので、このまま飲んでという。
あっさり味とはいえ、薄めずに飲むのはちときついです(笑)
というか店主、スープ割りには割と否定的な事を言ってたなあ。
でも前回つけ麺を食べた時は、普通にスープ割りしてくれたような??

でもこのつけ麺、レギュラーのつけ麺より個人的には好み。
いや、レギュラーのつけ麺も以前とは違ってるのかな?

※つけ麺は限定10食/日(だったはず)

--------------------
らぁめん たむら
東大阪市足代新町8-2 陽光ビル1F
TEL.:06-6789-1188
営業:11:30~14:30 / 18:00~23:30  ※営業時間変更('09/06)
定休:月

2008年6月21日 (土)

大阪うどん / 本町製麺所 (堺筋本町)

Pmozrpwb どうも最近、新店舗を見過ごすケースが多い。
どれもこれもという訳ではないので、目に留まりにくい外観というのがあるのかも知れない。
そんな訳で、ここも3月にオープンして以降、何度も前を通っていながら、今まで気づかずにいた。
製麺所の名を冠したうどん店。
でも中は小さなカウンターだけのお店で、食券制と、あまり旨そうな雰囲気はない(笑)。
メニューもあまり多くなく、とりあえずセットもの(ランチ?)(650円)を食べてみた。
きつねうどんと鶏そぼろご飯の組合せ。
うどんはなるほど悪くない。
中太麺で、エッジもそこそこ立っており、温麺なのに腰もまあまあ。
出汁は鰹の風味が強い。
でも単純な鰹味というのでもなく、貼り紙によると七種類の混合節だそうな。
(後でこの店が黒門市場にある乾物屋の経営と知り、なる程なと)
想像以上に良かった。
続いて冷たいメニューの、鶏天ぶっかけ(680円)も食べてみた。
元々さほど作り置きはしてないようだけど、これはタイミングよく、まさに作りたて即食べることが出来た。
これがグミっぽいというか、ハードグミのようなものすごい弾力。
固けりゃいいってもんじゃないけど、店の雰囲気からは想像もできない硬派な麺にちと驚く(笑)。
(大阪だと、「三ツ島 更科」に次ぐ固さだという印象)
でも残念なのはトッピング。
ナゲット程の大きさの鶏肉は、恐らく早く揚げるためだろう、身が薄く、そのためジューシーさもなく、食べ応えがない。
おまけに鶏天といいながら、実際は舞茸天とのミックスだったのは、看板に偽りありでしょう。
それにしても、腹にドスンと溜まる麺だったなぁ。

--------------------
本町製麺所
大阪市中央区北久宝寺町2-6-13
TEL.:06-6252-6177
営業:11:00〜14:00 / 17:00〜20:30
定休:日・祝

2008年6月14日 (土)

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

Tpejv3zy 先行ロードショーが、TOHOシネマズの1000円デーと被ったので、これ幸いと観にいってきた。

そして最新のインディは、とってもど派手で、ちょっと大味な映画になっていた。
一言でいうと、「ハムナプトラ」っぽいというか…。
(期せずして、これの3の予告が流れてた)
このシリーズは元々嘘だらけのお話ではあるんだけど、今回は嘘のつき方が下手というか、私的にちょっとそれはないだろ的な部分が多かった。
ロズウェル事件が出てきたのは良しとしても(笑)

ただエンターテイメント性は高い。
個人的には過去3作中、1が一番好きなのだけど、これが例えば3が好きだという人なら、しっくりくるかもしれない。
それにしても、お話がこれほど1と繋げてくるとは予想してなかった。
これから見ても何ら問題はないけれど、事前に1は見ておいた方が、より楽しめるのは間違いないだろう。

でもなあ…。
インディ、いよいよ純然たるヒーローになってしまって…。
あの胡散臭さや、野心的な所がなくなって、好々爺といった感じになってるのは、どうした事か。
あるいは製作側も、これでシリーズを一応決着させるつもりで作ったのかなと思ったり。(先行ロードショーにて/6月21日公開) TOHOシネマズなんば

http://www.indianajones.jp/
http://www.indyjones.jp/ 

2008年6月 9日 (月)

塩つけ麺 / 麺処 田ぶし (通販)

6_sgzwnl
新たに塩つけ麺「極み」を発売したこちら。
新発売記念価格だった事もあり、早速買い求めてみた。
麺は灰色味がかった中太麺で、従来のつけ麺用のものよりやや細めで、もっちり度も強まった。
つけ出汁は、塩といいつつどろっとした灰色で、豚骨ベースではないかと思う。
表面に油の層ができている。
これに添付の魚粉をのせて食べる。
味は基本的にベースが豚骨なので、塩味と言うより、従来のものをバランス良く調整し直したような感じ。
なかなかいける。
添付の魚粉がちょっと特徴的で、5種類のブレンドだそうだけど、意外とエビの味と香りが強かった。
ただ塩気は結構あって、全部入れるとやや塩辛くなったけど。

※写真にある具材と薬味は、魚粉以外全て自前

http://www.rakuten.co.jp/men-tabushi/