最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« ベガスの恋に勝つルール | メイン | 20世紀少年 »

2008年7月31日 (木)

ダークナイト

Darkknightこれまで米国で様々な興行記録をを塗り替え、派手な話題ばかり先行しているけれど、見た限り前作「バットマンビギンズ」と、雰囲気などそう大きく変わった印象はない。
ど派手で、でもCGに頼ってない特撮のど派手さは、お金を湯水のように使ってるのが分る。
二時間半という時間を、丹念に人物描写に使ってるのも分る。
あらゆる点で前作を上回ってる。
ただ、それなら「~ビギンズ」はもっとヒットして良かった。
思うに、宣伝の巧さ、アイマックス作品としての人気、ヒース・レジャーの遺作となった事、そして何よりバットマンやジョーカーといったキャラが米国人にとって特別なキャラクターだという事など、幾つかの要因が重なったせいではないかと思う。

ジョーカーを演じたヒース・レジャーは良かった。
ティム・バートン版バットマンでのジャックニコルソンの怪演と比べられるのを覚悟の上で、しかも素顔を出す事のないキャラなのによく受けたなと思うけど、実際観てて鳥肌が立つほどのイっちゃってる演技だった。

でもこの、決して勧善懲悪ものでもなく、むしろダークなお話が、日本で受けるのかはよく分らないなあ。

ところで今回は、アイマックスシアターでの試写会だった。
それというのもこの映画が、アイマックスで撮影された初の商業映画だそうなんだけど、日本では現在、大阪サントリーミュージアムにしかない。
それで今回、監督の意向もあって、ここでの試写会実施となったらしい。
ただ一度限りの試写会のために、字幕付の専用フィルムを用意するなんて・・・それなら何回かでも上映してくれる訳にはいかないのかと思わずにはおれない。
アイマックスカメラによるシーンは、主に空撮シーンとアクションシーンの30分ほどで、そこのみフルスクリーンになる。(それ以外は上下が切れた映像になる)
それはそれですごい迫力だったんだけど、むしろこの劇場の凄さに改めて感じ入った。
20×28mのスクリーンはほぼ視界一杯の広さで、その上音響も物凄くいい。
ここは普段、30分ほどの同じ3D映画をルーティーンで上映してるけど、勿体無い気がするなぁ。(試写会にて/8月9日公開)

http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346865/14158021

ダークナイトを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿