最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月21日 (金)

1408号室

1408

実は霊を全く信じてない心霊ルポライターが、ふとした事でドルフィンホテルの1408号室の宿泊客が次々怪死を遂げている事に興味を持ち、一泊しようとするお話。
全体的には、卒のないお話だったといってもいいのかもしれない。
ホラー映画としてのお約束を概ね踏襲してる気はするし。
ただ、逆にいえばいわゆる王道ものすぎて、新鮮味はない。

基本的に普段ホラー映画を見ない人間ではあるけれど、とにかく殆ど怖さを感じなかったというのは、どうなんだろうか。
次から次へと矢継ぎ早に起る心霊現象は、怖いと感じさせる間を与えず、その現象もどうだと言わんがばかりに、どんどん派手になっていくその様は、最早テーマパークのアトラクションさながら。
しかもその心霊現象が起るようになった、明確なきっかけも分らないまま。
主人公の過去のトラウマと絡めて行く展開はいいとして、そこら辺に何とも煮え切らないものが残るなあ。

でも終わり方は、この手のハリウッド映画にしては珍しい終わり方ではないか?
そのは私的にちと新鮮ではあった。

因みに、本作のチラシやポスターででかでか露出してる、サミュエル・L・ジャクソン。
彼は全くのチョイ役なので、騙されてはいけない。(試写会/11月22日公開) Gyao

http://room1408.jp/     1117

2008年11月14日 (金)

つけ麺 / 麺家きのした (扇町)

M_kinoshita

つけ麺(¥850)・餃子(¥280)

この10月1日にオープンしたラーメン屋。
お店的には、炙りもつラーメンが売りらしいが、躊躇なく
つけ麺(¥850)を注文。
そのつけ麺は、やや太目程度の縮れ麺。
つけ出汁はありがちな豚骨+魚介に思われ、かなり魚粉が大量に入ってる。
ただ味は・・・普通かなぁ。
特筆するような個性は、私には感じられなかった。
それとチャーシュー、こちらは全くイケてない。
軽く炙るだけでもかなり違うと思うんだけど…。

スープ割りは、聞いてみるとしてくれた。
ただ濃度、味共に、それほど変わらなかったように思う。
一緒に頼んだ餃子(¥280)も、至って普通な印象。
悪くはなかったけど・・・。
今後のチェーン展開も考えて、王道な味を目指したとか?
まあお店の売りである炙りもつラーメンを食べなかったので、一概には言えないけれど。

追記:休業('09)

--------------------
麺家 きのした   [COUPON
住所:大阪市北区同心2-6-19 ロイヤル扇町1F
TEL.:06-6353-0298
営業:11:00~22:00
定休:日      
 1108

2008年11月 7日 (金)

辛がんこ味噌 / えぞ梟 (難波)

Ezofukurou

ラーメンチェーンである「山頭火」が最近始めた別形態のお店で、札幌味噌ラーメンを志向するお店。
オープンは2月頃で、春頃一度行った事がある。
正直誘われるまで全く食指が動かなかった店だったので、いざ食べてみて望外に旨かったのをよく覚えてる。
その時食べたのは、がんこ味噌という名の和え麺だった。
大阪では並ぶ店はないんじゃないかという程のその超極太縮れ麺は、言わば剛の麺で食べ応え抜群。
しかも量も多く、後半食べ疲れてきそうな程。
今回頼んだ、
辛がんこ味噌(¥850)は、前回メニューになかった新メニューで、その名前の通り、辛口バージョン。
食べてみると、予想を越える辛さ!。
鬼おろしと温泉卵でかなりマイルドにはなるけれど、素の辛さは相当なもの。
逆に辛口好きなら、卵やおろしを混ぜないで、脇に除けて食べた方が満足できるかも?
私も、そんな感じで交互に食べた。
旨かった。
でもやっぱり量は多かった。
完食したとはいえ、空きっ腹でないとこれはキツイかもと再認識(笑)。

追記:閉店('10/秋)

---------------------
good札幌えぞ梟 心斎橋店
住所:大阪市中央区心斎橋筋2-7-11 日宝ロイヤルビル1F
TEL.:06-4708-0551
営業:11:00~23:00 / (日・祝 ~22:00)
定休:-     
  1028

2008年11月 6日 (木)

ハッピーフライト

happyflight

よくこれを映画にしたなあ、というのが第一印象。
内容は羽田空港で働く人々の日常を追った群像劇といったもので、ほんのりコミカルで、それなりに楽しく見られる。
ただ、純粋な商業映画というより、ANA(全日空)のプロモーション映画だと言った方が、見ててしっくりくる。
お話のテンポはいいと思う一方で、約100分の上映時間にしては登場人物が多すぎて、1人1人のキャラクターの上っ面だけしか見えてこない。
そうなると、どうしても話に深みが感じられない。

見る前は、てっきり綾瀬はるかが主演とばかり思ってたけど、実際は登場人物全員をまんべんなく写してる。
それでも強いて言えば、田辺誠一が主人公という事になるんだろうけど、事実上の主役は空港そのものだろう。
それが、よしんば狙いだったとしても、私自身は何とも食い足りない感じは残る。
まあ正月映画としては、ありなのかも知れないけど。(試写会にて/11月15日公開) 御堂会館

http://www.happyflight.jp/

2008年11月 2日 (日)

ハンバーガー / ボンバーガー (駒川中野)

Bon_1

かなり以前から知ってはいたけど、なかなか行く機会のなかったこちらのハンバーガー店。
この日、自宅でお昼どうしようとなった時、ふと唐突にこのお店の事が頭に浮かんで、散歩がてら出かけてみる。
以前はオフィシャルサイトもどきのサイトもあったのに、いつの間にかなくなっていて、とりあえず昔の記憶だけを頼りに、てくてく駅から歩いてみた。
特に迷わず、割と早くに店に到着。
テーブル4卓ほどのこじんまりしたお店で、この時は中学生の集団が談笑しながら食べていた。
その客の注文を待ってる間にメニューを物色。
バーガーの種類は色々あった中で、No.4のセットWチーズバーガーボンバーガー+ドリンク/¥860)を注文した。
ジュースは5種類ある中から、名物らしいオレンジジュースをチョイス。
話し好きそうな親父さんが厨房で焼いてくれ、5分ほどで持ってきてくれた。

一番のお勧めだったボンバーガー(¥290/単品)は、通常のバーガーに特製トマトソースがかかったもの。
少し酸味のある、独特の風味がある。
でも、食べてみて思ったのは、味・食感共チェーン店のバーガーのようだなと。
焼き立てだし、美味しいんだけど、全体としてチープさが感じられるのは、パンズのせいかもしれない。
ただ食べる前に軽く鉄板で焼いてる事で、パンズの縁が少し焦げて、それが独特の食感を出してはいる。

続いて、ダブルチーズバーガー(¥470/単品)。
ケチャップがベースの、シンプルかつ王道な味。
パンズが軽いせいか、ことさらボリュームも感じることなく、あっという間に平らげてしまった。
あまり個性は感じないんだけど、食べ飽きしなさそうな味ではある。
まあ何にせよ、焼き立てはやっぱり美味しい。

Bon_2

そして名物?のオレンジジュース。
一口飲んですぐ思った。
これはみかんの缶詰を丸ごとジューサーに掛けて、クラッシュアイスを入れただけではないか?と。
ものすごく分りやすい味。
でも他所で見た事はないし、アイデアの勝利と考えるべきかも知れない。
家で普通に作れそうだけど(笑)。

--------------------
BON BURGER (ボンバーガー)
住所:大阪市東住吉区湯里2-19-11
電話:06-6703-4835
営業:10:00~22:00
定休:木