最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« ワルキューレ | メイン | アヤムカレー / ルー・デリー (東心斎橋) »

2009年3月 5日 (木)

しゃばけ

Shabake

こんなに面白い小説だったとは…。

日本ファンタジーノベル大賞受賞作という事で、以前から注目はしてたけれど、所詮は優秀賞(=次点)。
過去に読んだ他の優秀賞受賞作の印象からも、まあ過度な期待はせず読み始めたのだけど、そんな気持ちはあっさり裏切られた。

江戸の町を舞台に、この世に住まう妖(あやかし)達が何故か見えてしまう、大店の病弱な若旦那を主人公にした、ファンタジーなのにミステリー仕立てで、しかもどこかコミカルなお話。
妖(あやかし)を、いわゆるキワモノとして書いてない所もいいけれど、何よりこの世界に生きる江戸の町の様子が、読んでて生き生きと脳裏に浮かんでくる。
大賞を取れなかったのは、ライトノベル的ともマンガ的とも思えるこの軽いテイストと、際立つ個性の希薄さゆえかな。
それはそれで間違ってるとは思わないけれど、ただこれが受賞後、今に至るまで人気シリーズとして続いているのは、どこか胸のすく思いもしてしまう。

それにしても作者って、元マンガ家だったのね。
ほんと読んでて情景がまざまざと目に浮かぶのは、そのせいなんだろか。
とりあえず、このシリーズはまだまだき続きがある。
楽しみだなあ。 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346865/18775839

しゃばけを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿