最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« つけ麺 (北新地 朱月@北新地) | メイン | つけ麺 / 一弥 (箕面) »

2009年3月28日 (土)

鴨川ホルモー

Horumo

京都を舞台にしたこの本には、以前から興味があり、一度読んでみようと思ってた。
そんな折、先に同じ作者の「鹿男あをによし」がTVドラマ化され、見たらこれがえらく面白い。
続いてこちらも映画化が決まり、それに合わせて文庫になったのを機に、買い求めた。

鴨川ホルモー…タイトルからその内容を想像できる人はまずこの世にはいまい(笑)。
京都在住の大学生のお話で、基本的にはユーモアファンタジーとでもいうべきか。
主人公は、プライドが高い割には、その実片思いに悶々としているキャラ。
個人的にはちょっとシンパシーを感じるのだけど(笑)、ただ小説の主人公としてはあまり魅力的なキャラとも思えず、読むペースも序盤なかなか上がらなかった。
それが、途中から一気に展開していく。
いきなり急展開し過ぎだろと思いつつ、それにしても主人公の周りの人物は結構魅力的で、特に高島は私的ツボ過ぎるキャラ。
彼がこの小説の笑いを一手に担ってるといっても過言じゃないでしょう(笑)。

お話自体は荒唐無稽だけど、出てくる登場人物達はみな現実にいそうなキャラばかりで、妙にリアリティを感じてしまう。
特に、かつて京都で学生を謳歌してた人なんかが読むと、猛烈なノスタルジーに襲われるんじゃないか。
まあ例えそうでなくても、小説の面白さが半減する事はないけれど。
軽いお話なんだけど、割と余韻を残すいい読後感があった。

この後、映画も公開されるし、そちらも楽しみだなぁ。 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346865/18808267

鴨川ホルモーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿