最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« アンダーワールド ビギンズ | メイン | ある公爵夫人の生涯 »

2009年4月 1日 (水)

インドカレー / クラブ・ターリー (SOGO心斎橋店)

既に終わったイベントについて書くもどうかと思うが、個人的には他人のそういう記事を読むのは嫌いじゃないので、書くことにした。

SOGO心斎橋店で今年も始まった、あまから手帖後援による「関西旨いもの選」なるイベント。
色んな店が出店してたけど、今回唯一イートインできるお店は、初耳だった「クラブ・ターリー」によるカレーのみ。
あまから手帖等でライターもされてる、カワムラケンジさんによるものだそうな。
お店は現在休店中らしいが、いずれにしろ私にはさっぱりピンと来ない(笑)
ただ、イベントの目玉になる位だからそれなりのカレーなんだろうと、軽い期待を込めて食べてみた。

Thali_lunch

鶏のひき肉カレー定食(¥1000)
ランチ専用で、昼のメニューはこれ1つのみ。
右に添えられてるのは、じゃがいものサブジ、左は水菜のサラダ(その下に野菜スティック様のスパイス漬も)。
店内にあった説明によると、スパイスと具材だけで作った味だそうだけど、それが嘘だろうと思えるほど癖もなく食べ易い。
ただ、良くも悪くもあの独特の香辛料臭さもなくて、“薫るカレー”というキャッチコピーにはピンと来なかったけど。

Tahli_dinner1

Tahli_dinner2

野菜カレーディナー(¥1800)
日を改めて夜も頂いた。
こちらは夜のみのメニューで、キチンカレーと二種類選べた中で、こちらを選んだ。
添え物は、青梗菜の炒め物と、玉葱の酢漬け…だったかな?
別皿のものは、梅豆粥だそうな。
野菜カレーという事で、具材一覧に書かれてた“肉もどき”なるものは、お麩か高野豆腐だと思う。
それ自体は肉という感じは全くしなかったけど、このカレーもブイヨンの類は一切使ってないとはとても思えない味。
何の違和感もなく、美味しくいただいた。

因みに最終日に出す“と告知されてた“謎のスペシャルカレー”は、ランチカレーのサフランライスがスパイスチャーハンに代わったものだった。
以前ゴヤクラで似たものを食べた時、カレーキングに教わったと言われてたけど、今ピンと来た(笑)

とまあ、総じてどのカレーも優しい味でした。
スパイスと野菜だけで味を作ると、こういう優しい味になるのかな?
それとも、大阪の地野菜など材料にはかなりこだわってたようなので、最初から具材の味を強く出そうというコンセプトだったとか?
値段は割と高めだったけど、そのこだわりを思えば、まあ止むを得ないのかも知れない。
ただ強いて言えば、ルーに対してやけにライスの量が多いとは思ったけど(笑)

 ---
club-THALI(クラブ・ターリー)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346865/19053315

インドカレー / クラブ・ターリー (SOGO心斎橋店)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿