最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« ある公爵夫人の生涯 | メイン | GOEMON »

2009年4月 9日 (木)

名もなき夜鳴きそば

Yonakisoba

真夜中、0時を過ぎた頃だったか。
ふらっとコンビニに行った帰り道。
道路脇に荷台に黄色いテントを張った小型トラックが、チャルメラ音を鳴らしつつ夜鳴きそばを売っていた。
夜食は久しく控えてたのだけど、久しぶりに見た物珍しさと、好奇心から買ってみる事に。

夜鳴きそばなのに、メニューは意外や、醤油と味噌、とんこつと三種類もあった。
でもやっぱり基本は醤油との事で、それを注文(500円。他は600円)
既に待ち客が1人おられ、常連なのか待ってる間ここの味を絶賛していた。
親父さんも、うちは生麺使ってるからなぁ、なんてちょっと得意気(?)に返事。
そんな会話を聞いてる内に、ほどなく私の分も完成。
急ぎ持ち帰って早速食べる。
うーん・・・・普通?
味は濃いので、飲んだ後なら旨いと感じるんだろうか。
でもぶっちゃけ大衆食堂のそれを、やや野卑にした感じにしか思えず。
夜中ゆえ、この時半分ほど残したのだけど、次の日の朝、冷め切ったその残りを何気に口にしてびっくり。
衝撃の塩辛さ。
ここまで塩分高かったのか。
でもこれはラーメン全般、大なり小なりこんな感じかもなぁ。
こんなの連日食べてたら、世のラーメン好きが成人病になるのも必然かも…(汗)。

因みにこちら、屋号などは見当たらず。
ただ聞いた所では、水曜日は大体松屋町筋界隈を流してるそうな。

追記:どうもその後の様子を見る限り、店主は火曜日と勘違いしてると思う。(もしくは日付が変わった直後という意味か)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346865/19264069

名もなき夜鳴きそばを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿