最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

すた丼 / 伝説のすた丼屋 (道頓堀)

Stadon

先日撤退したゴーゴーカレーがあったビルにオープンした、同じく東京からの新たな刺客(笑)。
関東では結構有名だそうだが、私はといえば名前を聞いたことがある程度。
関西では多くの人がそんな感じだと思うけど、流行り物に目ざといブロガーの人たちで早速行った人は多かったようで(笑)、既に多くの記事を目にしてた。
初日はすごい行列だったらしく、今日も人が多いようなら帰ろうと思って行ってみたら、すんなり入店(帰る頃には若干待ち客がいたようだけど)。

メニューをみると、つけ麺や油そばもあって、普段なら絶対そちらを頼んだろうが、今回はあえてすた丼(¥580/味噌汁付)を注文。
(というのも30日まで魔法のレストラン割引が効いたのでsweat01

しばらくして、味噌汁、別皿に入った卵と共に豚丼が供される。
パッと見相当なボリューム。
そして何だか大味そう…などと思いつつ、食べてみると案外あっさり味。
肉はホエー豚だそうで、それが関係してるのかどうか、油っぽい感じもない。
食べきれるか不安だった量も、すんなり完食できた。
吉野家の豚丼特盛位?(そういや味噌汁を追加注文すれば、ほぼ同額位か?)
飽きの来ない食べやすい味だと思う。
反面、インパクト的にはやや足りない気も…?
取り合えず、私の中では伝説とまではいかないかなぁ(笑)。
あと、肉とごはんのバランスも悪いと思う。
これなら肉増量で頼むか、いっそミニ丼にした方がいいのかな?

--------------------
伝説のすた丼屋 道頓堀店 (11/14 open)
住所:大阪市中央区道頓堀1-10-7 ぼんちビル1F
TEL.:06-6212-5570
営業:11:00~27:00
定休:なし

2009年11月26日 (木)

曲がれ!スプーン

Magare 何とも引きの弱い、微妙なタイトルだと思う(汗)。
今の所、特に世間で話題にも上がってないし、私も中の盛り上がり度もイマイチ。
そんな感じで、ノー先入観で鑑賞したのだけど、いやいや結構な掘り出し物。
この冬一番のオススメ映画と言ってもいいかもしれない。

お話は、超能力をテーマにしたコメディで、ほぼクリスマスの夜、喫茶店で起るお話。
如何にも舞台劇っぽいシチュエーションだなぁ…なんて思ってたら、やっぱりそうでした。
ヨーロッパ企画による「冬のユリゲラー」というのが元ネタらしく、同劇団による「サマータイムマシーン」が既に同じ本広監督で映画化もされている。
キャストも知らない人が多かったけど、多分その劇団の人だろう。
何かオーバーアクションな演技をする人が多かったのも、そう考えると頷ける(笑)
ただ、長澤まさみの役は多分後付けだろう。
映画全体に関わってはいるけれど、主人公とまではいえない、1エピソードのキャラに過ぎないから。
確かに華のない地味なお話には必要なキャラだとは思うけど、物語にはあまり馴染めてなかったなあ。
他にも、エピローグが冗長過ぎるとか、幾つか気になる所はあった。
でも、それら欠点に目をつぶろうと思えるほど、この映画に魅力を感じた。

「有頂天ホテル」にも通じる、見てホンワカするお話で、クリスマスシーズンにはピッタリの映画ではないかと。(11月21日公開) 御堂会館

http://magare-spoon.com/