最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 | メイン | ニュームーン / トワイライト・サーガ »

2009年12月 8日 (火)

レイトン教授と永遠の歌姫

Layton 原作ともいえるゲームは、実は遊んだ事がなかった。
で、これを見る前に1作目(現在4作発売)だけちょっとかじってみたところ、一々クイズを解かないと話を先に進められないシステムが、何とも鬱陶しい(汗)。
しかもそんなスタイルは、映画でも踏襲されてて、ちょっとびっくり。
何も映画でそこまで踏襲しなくても…(笑)。

肝心のお話は、卒のないエンターテイメントになってたと思う。
ミステリー要素は全くないに等しいけれど、原作を知らなくても問題なく、笑いあり涙ありな、万人が楽しめる内容になっていた。
ただ最後の大仕掛けが、まるで某巨匠によるアニメシリーズ映画版と、どうにもそっくりで…。
それだけに、途中でオチも読めてしまったのが、ちょっと残念ではあったかな。
はっきり言って、カタルシスがなかった。
それとレイトンシリーズなんだから、もう少し捻りはあっても良かったのでは?(12月19日公開) 大阪商工会議所

http://www.layton-movie.jp/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346865/22464595

レイトン教授と永遠の歌姫を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿