最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 俺っちのベジそば / 遊麺地ZUMBERA-BON (天満) | メイン | 誰かが私にキスをした »

2010年3月24日 (水)

イノセント・ゲリラの祝祭

イノセント・ゲリラの祝祭

バチスタシリーズの4作目。
文庫本が出たので早速購入。
でも今回は、これまでと比べ、明らかに毛色が違う。

前作もそうだったけど、今回は殺人事件はおろか、最早ミステリーですらない。
ただバチスタシリーズなので、死亡時診断(A.I.)がテーマではあるのだけど、その国としての取り組み方について、半ば不毛な議論が繰り広げられる様子が描かれてる。

本来なら、どうにも地味でつまらない話だと思うし、独立したお話とはいえ、シリーズをこれまで読んだ事がなければ、とっつきは悪いだろう。
そうでなく、私のようにシリーズを読んできた人間なら、なんだかんだで楽しく読める話になっている。
海堂尊、恐るべし。
この作者は、本当にV字上昇で文章力が増してると思わずにはおれない。
それプラス、登場人物達の魅力もある訳で。(やや誇張されたキャラではあるけれど)
物語自体は、この後に続くお話のプロローグ的な感じで終わるんだけど、まあ区切りとしてはこれも良しかな。
そもそもが現実の医療問題とリンクしてる分、この先を書くとファンタジーになってしまいかねないし。
ただお馴染みの登場人物達の未来がこの先どうなるか、ほんの少し予感させる内容になっている。

そうはいっても、映画化はほぼ無理だろうなぁ。
話が地味過ぎるので。(海堂尊)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346865/22937903

イノセント・ゲリラの祝祭を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿