最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 2010年6月 | メイン | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月28日 (水)

うな丼食べ比べ

周りは鰻祭り真っ盛りな土用の丑の日
どこもかしこも鰻を売ってる。
普段から特に鰻に思い入れはないけれど、そんな世の流れにちょっと乗ってみる事にした。
うな丼食べ比べである。

割と買いやすいという事で、吉野家とすき家と松屋あたりで考えてたのだけど、当日になって松屋では今年うな丼は扱ってない事を知った。
なか卯も確かやってなかったよなぁ。
2種類では面白くないので、オリジン弁当辺りでお茶を濁そうかなと考えたら、今度はそちらは既に売り切れだった(値段が他より高目だった分、殆ど予約分のみの仕入れだったのかも)
そんな訳で、しょぼいながらも吉野家(¥800)とすき家(¥880)だけで食べ比べる事にした。(持ち帰りで。買ったのはどちらも二枚盛)

とはいえ、訳知り顔でウンチクなど書いても仕方ない。
シンプルに結論だけ言ってしまえば、どちらも想像以上に旨かった。
下手にスーパーなどで買うより、断然旨いと思ったし、コストパフォーマンス的な部分も含めれば、専門店で食べるより、満足度は高いかも知れない。
全くもって、舐めてた。

恐らくどちらも中国産で、かつパックされた冷凍モノを解凍調理したものだろうけど、柔らく、臭みも感じられなかった。
懸案の皮目は、見事にゼラチン質で、硬くもゴムっぽくもなってなかった。
(パリッと焼かれた皮目を望む人には不満だろうけど)
何より、タレが程よい感じで、クドくない。
因みにどちらもタレは掛かってて、オマケでも付いてもこなかった。(山椒粉はどちらもついてきた)

違いといえば、吉野家の方がやや焼き目が強かった位。
あと、値段は吉野家の方が安いけど、ごはんの量はすき家の方が多いと思う(うなぎの量はどちらもほぼ同じに見えた)
尚、一人でふたつ食べ切るのは結構大変です。

どちらももうしばらく食べられるみたい。

すき家

すき家

吉野家

吉野家

2010年7月26日 (月)

雨に唄えば

午前十時の映画祭以前から見たかった映画の1つ。
それもできれば映画館で見たいと思い、ここまで伸び伸びになってたけど、今回ようやく機会を得た。

実はミュージカルだという以外、ストーリーは全く知らなかった。
あのペーソスに満ちた主題歌からあれこれ妄想してたのだけど、そんな妄想と違ってsweat01、映画は友情と恋と成功に満ちた、至って明るい話でした。
でも、ミュージカル映画でこれほど楽しめた映画は、過去なかったんじゃないかって位、展開もテンポよく、飽きさせない。
演出の上手さは勿論あるんだろうけど、ミュージカル映画って、あまり古びないものなのかも。

それにしても今回見たこの映画、画面比はスタンダードサイズながら、画面はフルカラーで傷もなく、音響に至ってはクリアーなステレオ音源。
驚いた。
音響については、公開当時アメリカでさえ殆ど全てモノラル上映だったのを、あくまで将来の布石として、4chで録音してたんだそうな。
掲示板を見ると、昔のモノラル音源を懐かしんでか、今回のステレオ音源に不満の声もあるみたい。
それはやや個人的過ぎる意見だろと思ったりも・・・(笑)。
(とはいえ、確かにこれではノスタルジーは感じずらいかもなぁ)

何だかんだで、私としては「午前十時の映画祭」って、素晴らしいイベントだなと改めて思った次第。('53日本公開)

2010年7月22日 (木)

特攻野郎Aチーム THE MOVIE

A-TEAM オリジナルのTVシリーズは、昔何度か目にした程度で、思い入れなんて、全くない。
せいぜい、当時ロッキー3に出てた人(モヒカン刈りの黒人)が出てるなーなんて思ってた位。
それが映画が公開される事になり、にわかに当時ファンだったという声をチラホラ見聞きするようになってきて、驚いてる。
そんな人気だったっけ?
でも今頃映画化される位だし、アメリカでも人気は高かったんだろう。

お話は、ハチャメチャな掛け合いが売りの、腕利きの元軍人チームによるアクションドラマ。
それはちょっと無茶だろとツッコミたくなる所も含めて、基本ノリと勢いを大事にした映画だ(笑)

アメリカで大ヒットしたという話は、私が知らないだけか、今の所聞こえてこないけど、これははっきりいって出来はいい。
派手でメリハリも効いてるし、何よりみな例え絶体絶命であっても、ユーモアを大事にしている。
こっちも上映中、心の中で何度ツッコんだか…(汗)。

続編ではなくリメイクなので、オリジナルのTVドラマを知らなくても、全く問題ない。
(ただ知ってれば、より楽しめる要素はある。例えばエンドロールの後の後日談とか…)
とにかくキャラも立ってるので、続編も期待できる?(8月20日公開/ 14日先行公開エル・シアター

http://movies.foxjapan.com/ateam/

2010年7月19日 (月)

舞台「NECK ネック」

NECK 舞台版 ある意味、失敗したかなぁ。

来月公開予定の「NECK」という映画がかなり気になってた所、話が違う舞台版なるものがあり、それが二週間だけ特別上映されると聞き、かなり前のめり気味で、行ってみたんだけど…。

物語に関連性は全くなかった。
溝端淳平がどちらも出てるので、キャラがクロスオーバーしてるのかと思えば、そういう事もなく。
同じなのは、タイトルだけ。
特別興行という事で1人2500円もするのに、そりゃないよ。(しかも月末には3500円でDVDが出るようで…)

とりあえず舞台版は、草野球仲間の友人をフルボッコされたツッパリ君への仕返しに、仲間3人で彼を一晩首から下を生き埋めにした事で起るホラー・・・なんだろうな、これ。

ぶっちゃけ全く怖くない。
かといって、笑いは少々。
まあ円形劇場の特徴を使った仕掛けではあったけど、だからといってどうなの?と。
つまらない訳ではないんだけどね、うん。
舞台の力なのか、妙な見応えはあった。
でもこの舞台劇が、何を志向してるのか、結局分らないまま
キャプテンの腕が伸びた理由も含め、釈然としない事の多いお話でした。(7/17~30 梅田ブルク7で特別上映)

http://www.project-neck.com/pc/aoyama/ (舞台版)

http://www.project-neck.com/ (映画版)

2010年7月16日 (金)

インセプション

Inceptionすげーーー!
感動でもなく、歓喜でも感涙でもなく、ただただ凄いと感じた。
近年稀に見る傑作。
宣伝からして何とももったいぶった感じで、かなり鼻白む思いで見てみれば、何ですか、これは!

近未来、人の夢に潜って情報を盗む事を生業とする主人公のお話・・・なんだけど、この粗筋をちゃんと説明するのはかなり難しい。
とにかく、話が複雑極まりない。
何せ“夢”の世界だから、シーンも脈絡なく次々変わる。
それなのに、それをさらに複雑に持っていこうとするし。
半分ほど見た時点で、その風呂敷の広げっぷりと混沌とした様(さま)に、先行きにかなり不安を感じた。
でもそれが、最後の最後で、見事に収まる。

いやー、クリストファー・ノーラン、あんた天才だわ。
こんな脚本、よく書けたと思うし、それをよくぞここまでまとめ上げた。
「メメント」を見た時も、「ダークナイト」を見た時も、ここまで凄い人だとは思わなかった。
でも、かくも複雑怪奇な映画を、よくここまで大金掛けて作れたなぁ。
一体、どんなプレゼンしたんだと(笑)。
基本、大半は夢のシーンなので、CGてんこもりなんだけど、実写特撮シーンも相当あって、これがまたど派手。
ほんと、とてつもなく金が掛かってる。

シリーズ化も、やればできなくはないと思うけど、このクオリティでもう一本撮るのは、やっぱり無理そうに思うなぁ。

子供には(あるいは老人などにも)複雑過ぎる話だとは思う。
でもこの凄さが分る人は多いでしょう。
アバターなんて目じゃない・・・と私などは思うのだけど。 (7月23日公開) ※7/17~19先行公開 御堂会館

http://wwws.warnerbros.co.jp/inception/

2010年7月10日 (土)

フォロー・ミー

午前十時の映画祭

えらく洒落た映画でした
映像的にじゃなく、内容的に。
ジャンル的には恋愛映画になるのかな。
でもそんな単純なお話じゃない。
ちょっとしたミステリーでもあるし、何よりオチがいい。
あと、ヒロインのミア・ファローもやけに可愛いい。
年取ってからの彼女しか知らなかったので、尚更そう思った(笑)。

でも、実は期待してたほど感動はしなかった。
また、特に心に残るという事もなかった(いや、少し残ったかな)。
今回、「午前十時の映画祭」のベスト50本に選ばれた位なので、強くこの映画をプッシュした人は少なからずいたはずで、そういう人達と、同じ喜びを共有できなかったのは、残念だ。
でもそういう人達が、何故この映画が好きなのかは分かる気がする。
きっと、圧倒的に女性だろう(笑)。

観て思ったのは、上流階級で生きてきた男性と、ヒッピーとして生きてた女性(当時新しいライフスタイルだったよう)という登場人物を出す事で、社会風刺の意味合いもあったのかなと。
少なくとも当時の世相を反映させてるなという印象は持った。
古い映画って、少なくとも同じ時代を生きた人でないと、本当の意味では楽しめないのかも知れないなぁ・・・。 ('73年日本公開) (「午前十時の映画祭」にて) TOHOシネマズなんば

追記:因みに本作は、未だDVD化されてないそう

借りぐらしのアリエッティ

借りぐらしのアリエッティ すっきりしないなぁ・・・。

日本の古い洋館の床下に暮らす小人の親子3人と、その洋館に療養にやってきた少年のお話…なんだけど、ストーリーが薄い。
私には、ただエピソードを繋ぎ合わせただけにも見えた。
どこまで原作に忠実なのかは分からないけど、少なくともこの物語にはテーマ性がない

多分この映画のコンセプトが、物語以前に、小人達の借りぐらしっぷりを小人目線で見せようというものだったんだろう。
確かに、我々にとって普通のお家も、小人にとっては冒険に満ちた場所だろう。
何も考えず見る分には、まるでテーマパークを楽しんでるようにも見える。

でも心の汚れた大人は思うのです(笑)。
その暮らしは常に命の危険と隣り合わせで、とても楽しいなんてもんじゃないだろうと。
それこそ人畜無害な小動物や昆虫も、小人にとっては即食い殺されかねない存在だったりする訳で。
そういう事にちょっとでも思いを巡らせてしまうと、もうこの映画は楽しめなくなる。
・・・って、そんな大人は、そもそも見てはいけない映画なのかもしれないけど(汗)。

でも絵と音楽はとても良かった。
つまらないとか、批判する人はきっといると思うけど、私はそうも思わない。
何だかんだ言って、こんな映画は、ジブリでないと作れないと思うし。 (7月17日公開) 御堂会館

http://www.karigurashi.jp/

2010年7月 8日 (木)

アデル

Adele

公開前の宣伝だと、「インディ・ジョーンズ」や「トゥーム・レイダース」ばりのアクション映画を想像したけれど、全く違った。
美貌と度胸を武器に、場当たり的にその場その場を乗り切ろうとする、育ちの良い女性ジャーナリスト(作家?)のお話。
お嬢なので、当然激しいアクションなんてないです。

では、この映画が何を志向してるのかといえば、これがよく分からない。
エジプトの盗掘、プテラノドンの復活、ミイラの蘇生、妹の救出等々、色んなエピソードが詰め込まれるけど、そのどれもが消化不良。
色んな要素が入ってるけど、結果として出来上がったものは、何とも中途半端なドタバタコメディ
コミックが原作らしいので、その色んなエピソードのいいとこ取りした結果かなぁ。
原作に馴染みがあれば、また印象も違ってくるのかもしれない。

因みに、オチは到底続きそうもないシチュエーションなのに、妙に続編を匂わせる感じなところに、若干イラッとしました(笑)。(7月3日公開) アスミック試写室

http://adele.asmik-ace.co.jp/

2010年7月 6日 (火)

必死剣鳥刺し

必死剣鳥刺し 藤沢周平原作という事で、また凹む話じゃなかろうなと思ってたら、全くその通りでしたbearing
以前TVで、主役の豊川悦司が「この映画は“サムライブルー”です」とか何とか、妙な事を言ってたけど、なるほどそう言えなくもない(笑)。

物語は、いきなり事件が起り、その理由を探るための長い回想があって、そして事件の2年後の話へと繋がっていく。
展開はゆるやかで、もしかして原作は短編なのかなと思ったら、やはりそうらしい。
結構見せるし、いい映画だと思う。
でも個人的に、好きになれないタイプのお話だったのは、如何ともし難い(笑)。

結局の所、“必死剣鳥刺し”とは何か?というのが、この物語の肝といっていいんだろう。
必殺じゃなく、必死。
観終わって、なるほどなと思った。
ただ映画を見て、その事が分からなかったという人は、多いかも。
実際、一緒に見た私の友人は、よく分かってなかったから。(7月10日公開) 梅田ブルク7

告白

告白 何の予備知識もないまま、“告白”というタイトルだけ見て、ラブストーリーものと勘違いする人もいるんじゃないか。
(でもあれだけCM流してれば、そんな人はいないか?)
でも実際は、そんな甘いお話じゃない。
一応ジャンルはミステリーなんだろうと思うけど、クライムストーリーだといった方がより正確な気がする。
何せ、ほぼダークサイドな人しかでてきませんから(汗)

子供を殺された教師が、退職するに当って犯人である生徒を告発する事から物語は始まるのだけど、まあ最初から最後まで物語は負の感情に満ちてる。
普段なら、この手の映画はまず避けるところだけど、物語全体がちょっとしたミステリーの形態を成してて、そこに最後まで引き付けられた。
原作も読んでたけど、まあここまで上手く映像化したなと思える位に、上手く脚色してたと思う。
(でも強いて言えば、章毎に語り部を変えてのモノローグの形式の原作に、私個人はより強い衝撃を受けたんだけど)

そんな訳で、何を書いてもネタバレになりそうで、具体的には殆ど何も書けないけれど、不謹慎ながら娯楽映画として楽しんでしまった。
ただそれは、私のように割り切って見られる人の話で、生真面目な人や変に感情移入してしまう人は、観終わってしばらく凹むかも・・・。
ほんと、こんな映画がウケる世の中ってやだなぁ(苦笑)。(6月5日公開) 御堂会館

http://kokuhaku-shimasu.jp/