最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 借りぐらしのアリエッティ | メイン | インセプション »

2010年7月10日 (土)

フォロー・ミー

午前十時の映画祭

えらく洒落た映画でした
映像的にじゃなく、内容的に。
ジャンル的には恋愛映画になるのかな。
でもそんな単純なお話じゃない。
ちょっとしたミステリーでもあるし、何よりオチがいい。
あと、ヒロインのミア・ファローもやけに可愛いい。
年取ってからの彼女しか知らなかったので、尚更そう思った(笑)。

でも、実は期待してたほど感動はしなかった。
また、特に心に残るという事もなかった(いや、少し残ったかな)。
今回、「午前十時の映画祭」のベスト50本に選ばれた位なので、強くこの映画をプッシュした人は少なからずいたはずで、そういう人達と、同じ喜びを共有できなかったのは、残念だ。
でもそういう人達が、何故この映画が好きなのかは分かる気がする。
きっと、圧倒的に女性だろう(笑)。

観て思ったのは、上流階級で生きてきた男性と、ヒッピーとして生きてた女性(当時新しいライフスタイルだったよう)という登場人物を出す事で、社会風刺の意味合いもあったのかなと。
少なくとも当時の世相を反映させてるなという印象は持った。
古い映画って、少なくとも同じ時代を生きた人でないと、本当の意味では楽しめないのかも知れないなぁ・・・。 ('73年日本公開) (「午前十時の映画祭」にて) TOHOシネマズなんば

追記:因みに本作は、未だDVD化されてないそう

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346865/24602115

フォロー・ミーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿