最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 告白 | メイン | アデル »

2010年7月 6日 (火)

必死剣鳥刺し

必死剣鳥刺し 藤沢周平原作という事で、また凹む話じゃなかろうなと思ってたら、全くその通りでしたbearing
以前TVで、主役の豊川悦司が「この映画は“サムライブルー”です」とか何とか、妙な事を言ってたけど、なるほどそう言えなくもない(笑)。

物語は、いきなり事件が起り、その理由を探るための長い回想があって、そして事件の2年後の話へと繋がっていく。
展開はゆるやかで、もしかして原作は短編なのかなと思ったら、やはりそうらしい。
結構見せるし、いい映画だと思う。
でも個人的に、好きになれないタイプのお話だったのは、如何ともし難い(笑)。

結局の所、“必死剣鳥刺し”とは何か?というのが、この物語の肝といっていいんだろう。
必殺じゃなく、必死。
観終わって、なるほどなと思った。
ただ映画を見て、その事が分からなかったという人は、多いかも。
実際、一緒に見た私の友人は、よく分かってなかったから。(7月10日公開) 梅田ブルク7

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346865/24624657

必死剣鳥刺しを参照しているブログ:

» 『必死剣 鳥刺し』の作法とは? (映画のブログ)
 宮崎駿監督は、時代劇をやってみたいと云いつつ、悩んでいた。  「こればかりは難しい。どうしていいかわからないんですよね、ほんとのと... [続きを読む]

» 必死剣 鳥刺し (空想俳人日記)
死延べが 命の粗末なら 鳥繕う  藤沢周平はいい。でも、なんで、いいんだろう。面白い、とは言えきれない。何処がいいの、若い人に言われそう。いやいや、若い人ばかりか、昨今の、昭和生まれでありながら昭和人間の古臭さを脱ぎ捨てて今を満喫している婦人たちからしても... [続きを読む]

» 映画「必死剣 鳥刺し」@東商ホール (masalaの辛口映画館)
 映画の主権はニッポン放送「栗奉行」さん。映画上映前に抽選会が行われた。客入りは7~8割くらい、客年齢は異常に高い。    映画の話 江戸時代、海坂藩の近習頭取・兼見三... [続きを読む]

» 必死剣鳥刺し (映画的・絵画的・音楽的)
 『今度は愛妻家』で好演した豊川悦司が、今度は時代劇に登場するとあって、『必死剣鳥刺し』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)冒頭、いきなり海坂藩の藩主の愛妾「連子」が、主人公の兼見三左エ門(豊川悦司)によって殺害されるというショッキングなシーンが映し出されると、もうこの映画の世界から逃れられなくなってしまいます。  といっても、そこからラスト近くまでは、実に淡々とした物静かな映像が続きます。海坂藩があるとされる山形県の四季折々の景色に囲まれながら、閉門を命じられ蔵の中で蟄居する三左エ門の様子、そ... [続きを読む]

» 『必死剣鳥刺し』お薦め映画 (心をこめて作曲します♪)
藩を現代の会社だと考えても十分納得のいく内容である。ラストの壮絶な戦いすら、我が身に置き換えることのできる方がいらっしゃるかもしれない。運命の不条理を描く大人のための時代劇。... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿