最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 雨に唄えば | メイン | ヒックとドラゴン (3D) »

2010年7月28日 (水)

うな丼食べ比べ

周りは鰻祭り真っ盛りな土用の丑の日
どこもかしこも鰻を売ってる。
普段から特に鰻に思い入れはないけれど、そんな世の流れにちょっと乗ってみる事にした。
うな丼食べ比べである。

割と買いやすいという事で、吉野家とすき家と松屋あたりで考えてたのだけど、当日になって松屋では今年うな丼は扱ってない事を知った。
なか卯も確かやってなかったよなぁ。
2種類では面白くないので、オリジン弁当辺りでお茶を濁そうかなと考えたら、今度はそちらは既に売り切れだった(値段が他より高目だった分、殆ど予約分のみの仕入れだったのかも)
そんな訳で、しょぼいながらも吉野家(¥800)とすき家(¥880)だけで食べ比べる事にした。(持ち帰りで。買ったのはどちらも二枚盛)

とはいえ、訳知り顔でウンチクなど書いても仕方ない。
シンプルに結論だけ言ってしまえば、どちらも想像以上に旨かった。
下手にスーパーなどで買うより、断然旨いと思ったし、コストパフォーマンス的な部分も含めれば、専門店で食べるより、満足度は高いかも知れない。
全くもって、舐めてた。

恐らくどちらも中国産で、かつパックされた冷凍モノを解凍調理したものだろうけど、柔らく、臭みも感じられなかった。
懸案の皮目は、見事にゼラチン質で、硬くもゴムっぽくもなってなかった。
(パリッと焼かれた皮目を望む人には不満だろうけど)
何より、タレが程よい感じで、クドくない。
因みにどちらもタレは掛かってて、オマケでも付いてもこなかった。(山椒粉はどちらもついてきた)

違いといえば、吉野家の方がやや焼き目が強かった位。
あと、値段は吉野家の方が安いけど、ごはんの量はすき家の方が多いと思う(うなぎの量はどちらもほぼ同じに見えた)
尚、一人でふたつ食べ切るのは結構大変です。

どちらももうしばらく食べられるみたい。

すき家

すき家

吉野家

吉野家

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346865/24759265

うな丼食べ比べを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿