最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« 煮干し鶏豚骨つけ麺 / JUNKSTORY谷町きんせい (谷町九丁目) | メイン | NECK [ネック] »

2010年10月21日 (木)

川の底からこんにちは

川の底からこんにちは 世間の評価も高く、予告編も出来が結構良かった事で、かなり期待して観にいったのだけど、いろんな意味で想像と違った。

お話は、夢も目標もないまま生きてきた主人公が、父親の入院をきっかけに頑張ろうとするお話なんだけど、まず笑いを志向していない。
予告では、明らかにはじけた笑いを志向してたけど、本編で笑いはほぼそこだけ。
あとは、若干クスッと笑えるシーンが幾つか…といった程度。
むしろ、どんよりとしたシーンが圧倒的に多い。
暗くもなく、明るくもなく、振り幅がなんか中途半端ですっきりしない。
さらにいえば、意外とシモネタが多い。
それも中高年の男女に起るエピソードが多く、単純に見苦しい。
これが、映画全体にもっと笑いがあれば、そういうシーンも含めて笑って流せたんだろうけど。

ただ主人公の言動には妙なリアリティがあって、案外同世代で共感する人は多いのかもしれない。
微妙に周りの空気が読めないキャラクターで、そんな主人公を演じる女優さんは、確かに変に上手かったと思う。(5月1日より順次公開) ※大阪7/10~ 梅田ガーデンシネマ

http://kawasoko.com/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346865/24711493

川の底からこんにちはを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿