最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« NECK [ネック] | メイン | マイ・バック・ページ »

2010年11月11日 (木)

ゴースト もういちど抱きしめたい

ゴースト もういちど抱きしめたい 基本的に、私はこの映画を見るべき人間ではないんだと思う。
そもそもオリジナルの「ゴースト ニューヨークの幻」だって、痒いクサイ寒いといった印象ばかり思い出される類の人間だし。
なのに縁あって、今回試写会でみてみれば、なんというか・・・もうね。

そもそも、オリジナル版がウケた最大の理由って、イケな男性にひたすら愛される女性の願望を、具現化したシチュエーションにあったはず。
それこそが私にとっては(悪い意味で)堪らん要素であったんだけど、女性にとってはハート鷲掴みだったと。
それは分らないなりに、何となく分ります(笑)。
でもこのリメイク版、幽霊になっても恋人を想う女性という、男女逆の設定にした事で、一番の売りを捨ててしまってる。
これだと、今公開中の"トワイライト・サーガ"のように、主人公に感情移入しずらいと思うのだけど?
感情移入できない要素は他にもいっぱいあるけど、つまるところ終始坦々と観られたと。
言い代えれば、私が普通に見てしまえるって、この映画的にはイケてないって事でしょう?

救いがあるのは、オリジナルでウーピー・ゴールドバーグ演じる霊能力者役に、樹木希林を持ってきた所。
演技巧者で笑いも取れて、何よりキャラ立ちまくりなウーピーの代わりは、日本じゃ彼女以外考えられないよなぁと、改めて思う。

駄作とは言いますまい。
私と異なる感想を持つ人は、きっといるでしょう。
でももし、この映画がオリジナルで、思わずリメイクしたくなるような出来かと問えば、多分殆どの人の答えは、私と同じだと思う。(11月13日公開) 朝日生命ホール

http://www.ghost-movie.jp/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346865/25390411

ゴースト もういちど抱きしめたいを参照しているブログ:

» 映画「ゴースト もういちど抱きしめたい 」泣くほどの感動はないが、しっとり良い出来 (soramove)
「ゴースト もういちど抱きしめたい 」★★★ 松嶋菜々子、ソン・スンホン、樹木希林、鈴木砂羽出演 大谷太郎監督、116分、 2010年11月13日公開、2010,日本,パラマウント ピクチャーズ ジャパン、松竹 (原題/作:ゴ-スト)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「1990年に公開され、大ヒットを記録した 『ゴースト/ニューヨークの幻』のリメイク。 設定を逆にし、妻で... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿