最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

« ゴースト もういちど抱きしめたい | メイン | プリンセス トヨトミ »

2011年5月25日 (水)

マイ・バック・ページ

Mybackpage

安田講堂事件も終わった後、学生運動の先人達に憧れ、野心や功名心から最後に殺人事件を起した若者と、そんな彼に翻弄された若きジャーナリストのお話。

観てちょっと残念だったのは、ある時代の"歴史"を描いた映画じゃなかった事。
てっきり、'70年前後に起った学生運動を描いた物語と思ってたら、実際はその番外編とも後日談とも言えるものだった。

普通に見れば、主役不在な物語だと思う。
原作が自伝小説だそうなので、仕方がないにしろ、彼らは二人共何も成さず、何者にもなれなかった。
そんな物語に、ダイナミズムなんてない。
"その時歴史は動いた!"的な、ある意味歴史映画を期待してた人ほど、この映画に失望感を感じるんじゃないか。
事実一緒に見た友人も、理由はどうあれ物足りなかったようだった。

でも私、実はこの映画を観て、不思議と満足感が残った。
それは多分、この時代の空気感らしきものが感じられた事が大きかったからだと思う。
(私の錯覚かも知れないけど)
時代の大きなうねりにあって、自分も何か成さねばという思いに捕われてた主人公達に、どこかでシンパシーを感じてたのかもしれない。
最後のエピローグも、ちょっとグッと来た。

でもこの時代に実際に生き、同じ空気を吸ってた登場人物と同世代の人達は、この映画を見てどう思うんだろう。
原作者は、この映画を観て涙が止まらなかったそうだけど、やはり似た思いを持つんだろうか。
ちょっと聞いてみたい気もする。(5月28日公開)

http://mbp-movie.com/

 
※追記:こちらのブログに、当時の学制運動やこの映画についての素晴らしい解説がされています。
ぶっちゃけそれを読めば、私のこの記事の存在価値なんて、皆無…(汗)

※追記2:監督インタビュー

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346865/26528364

マイ・バック・ページを参照しているブログ:

» レビュー:マイ・バック・ページ (INTRO)
『運命のひとひねり』 / 冒頭、画面にはまだアスミック・エースやWOWOWのロゴしか出ていないうちから、1分1秒を惜しむかのように、1969年1月の東大安田講堂攻防戦を伝えるナレーションがあわただしく流れ始める。山下敦弘監督の約4年ぶりの長篇『マイ・バック・ページ』は、こうして、いささか性急に姿を現す。映画監督の仕事は究極的には時間をどう扱うか、だと思っているので、これからの時間がどのように使われていくのか、どうしても興味がつ...... [続きを読む]

» 『マイ・バック・ページ』 若者に足りないものは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  誰が云ったか知らないが、よく持ち出される言葉にこんなものがある。[*]  「20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない...... [続きを読む]

» 『マイ・バック・ページ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「マイ・バック・ページ」□監督 山下敦弘 □脚本 向井康介□原作 川本三郎 □キャスト 妻夫木 聡、松山ケンイチ、忽那汐里、中村 蒼、韓 英恵、長塚圭史、あがた森魚、三浦友和■鑑賞日 6月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★...... [続きを読む]

» マイ・バック・ページ (映画的・絵画的・音楽的)
 『マイ・バック・ページ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)こうした40年ほども昔の、それも学生闘争という特殊な事柄を扱った映画なら、入りがかなり悪いのではと思っていたところ、日曜日に見たせいかもしれませんが、吉祥寺の映画館でもかなり観客が入ってい...... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿