最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

グルメ Feed

2009年8月27日 (木)

バイキング / ワールドバイキング飛鳥 (そごう心斎橋店)

Asuka_1

ここ最近食が細ってたのだけど、それでもここはそごう閉店前に一度行っておきたくて来訪。
飛鳥というバイキングのお店。
名前から察するに、本店は奈良?

メニューは、当然ながらバイキングのみ(¥1980/75分)。
席について早々、「鍋は食べますか」と聞かれて戸惑う。
聞けば、ここのバイキングメニューには鍋もあって(この日はうどんすきだった)、お願いすると小さな鍋がセッティングされるとの事。
勿論頼んだ(笑)。
その他、惣菜系メニューは全部で25種類前後あったろうか。
他にもデザート類8種ほどと、各種ソフトドリンク。
基本的に野菜系のメニューが多い。
そして揚げ物はそれほど多くなく、あまり安っぽい感じはしない。
味付けも概ねそれほど濃くはなく、なかなか。

ごはん類とデザート類は端から手をつけなかったけど、それでも全メニューは食べられなかった。
これはと思ったメニューは、やはり鍋だろうか(笑)。
方や、ややイマイチに思ったのは、カレーとおこげ(作り置きはなぁ…)。
ランチバイキングとしては、値段もそこそこするものの、概ね美味しく頂けたし、満足感はある。
なにより、バイキングらしからぬゆったりしたスペースで食べられるのがいい。
なのに、この飲食街の中ではあまり人気はないみたい。
他店よりことさら高い訳でもないのに、なんでだろう?
レストラン街を俯瞰してみると、お客は年配の方が多い・・・それが理由かなぁ。

追記:(8/31)そごう心斎橋本店閉店に伴い閉店

--------------------
ワールドバイキング飛鳥
住所:大阪市中央区心斎橋筋1-8-3 そごう心斎橋本店13F
TEL.:06-6244-5481
営業:11:00~16:00(L.O.15:30) / 17:00~22:00(L.O.20:30)
定休:そごうに準じる

2009年8月26日 (水)

かすうどん (心斎橋)

Kasuudon_1

最近まで皇朝(2F)が点心を売ってた1Fスペースに突如できた、うどん&そばのお店。
(でもメニューは基本的に2Fで作ってるので、経営母体は同じ?)
どうやら24日オープンだったらしく、記念セールで、全メニューが¥100引きだった。
お店の売りらしい、かすうどん(¥500-100)を注文してみる。
しばらく待ってでてきたものは、やはりというか、麺は思いっきり湯で置き麺だった(笑)。
でも出汁は驚くほど王道な感じの関西風。
ともすれば、上品過ぎてちょっと味気ない位だけど、かすうどんのコクのある油が合わさると俄然美味しくなる。
と、食べながら思い出した。
かすうどんは、油がみるみる出汁に溶け出してくるので、段々くどくなってくるという事を。
特にここは油かすをケチらず入れてるので尚更そう。
案の定、終盤えらく油ギッシュに…。
でもまあ、かすうどんとはこんなものでしょう。
この数年に食べたかすうどんの中では、一番旨かった気もするし。
むしろ気になったのはロケーション。
この場所で、長椅子2脚置いてのオープンスペースで食べるというのは、やっぱり落ち着かないcoldsweats01
せめて衝立でもあれば…。

Kasuudon_2

追記:早々に閉店('09/10頃)

---------------------
大阪名物かすうどん (※屋号じゃないかも)
住所:大阪市中央区心斎橋筋1-3-20 風月堂ビル1F
TEL.:-
営業:11:30~23:00?
定休:不定

2009年7月30日 (木)

曽根崎カレー / 曽根崎カレー (梅田)

Sonezaki_curry

宵の口の頃、通りがかりに偶然見つけたお店。
頻繁にこの前を通ってるのに、今まで気付かなかった…。
中はカウンターだけのお店で、こういうお店はどうしてもインデアンカレーを思い出してしまう。
いつも大卵を頼むので、そんな感じで
曽根崎カレー(大+卵黄)+ミニサラダ(¥680+200+50+120)を注文。
他には、カレーきしめんやサラダカレーなんてのもあった。

それにしても近年、関西で新規オープンするカレー店は、どうもインデアンカレーの影響を受け過ぎてやしないか。
甘さと辛さが際立ったルーと、キャベツピクルスがついてくるといった感じが、パターン化してる。
ここも、出てきたカレーにキャペツピクルスを見つけた時、またいつものインデアン系カレーかなと想像した。
食べてみると、確かに甘い。そして後から辛さが来る。
明らかに、昨今の時流に則った味。
でもその感じは、フルーツ特有の甘さがより強く感じられる、インデアンカレーというより、あえていえば"くだもんやYukko"を彷彿とさせる。
辛さは、スパイスによる軽い痺れが後からじわじわ喉の奥に広がる感じで、この程度の辛さなら、私的には卵は必要なかったなぁ。
そして、大を頼んだのも失敗だった。
量多い…。

追記:閉店('10/01頃)

--------------------
曽根崎カレー
 (6/26OPEN)
住所:大阪市北区曽根崎1-6-23
TEL.:06-6312-6888
営業:11:00~22:00
休み:日・祝

2009年7月13日 (月)

醤油つけ麺・他 / 西松家 (梅田)

「はまや」閉店後に出来たお店で、確か去年メニューにつけ麺が加わってから、気にはなっていた。
出先の帰りにようやく潜入。

Nishi_2

醤油つけ麺+チャーシュー2枚付(¥600+150)
一緒に行った友人が頼んだメニューだが、目の前に出されたので、つい先に食べてみた(笑)
意外や、まるっきり和風味で、少しうどん出汁に近い味。
ただ上にびっしり背油が覆ってる所が違うけど。
ありそうでなかった味。
でも麺は中太縮れ麺で、これは多分ラーメン用と同じだろう。

Nishi_2_2

味噌つけ麺+3辛+チャーシュー2枚付(¥600+60+150)
私が頼んだのがこちら。
いきなり3辛で頼んだが、まずまずの辛さで、味噌味の効いた坦々麺といった印象。
麺は醤油と同じ中太縮れ麺。
ちょっとどうかと思ったのは、麺に盛られた刻みネギで、出汁に入れずらい上、切ってから長く放置してたようで、パサパサで食感が悪い。

最後に、スープ割りをお願いすると、醤油にはかつお節出汁を、味噌には何か癖のある魚節の出汁を出してくれるなど、意外と凝っていた。
願わくば、もう少し主張の強い麺であって欲しかったかな。

Nishi_3

因みに、意外と美味かったのが餃子(¥250)で、どうやらお店で手作りしてるよう。
これまでラーメン店で食べた餃子としては、確実に上位に来る味。
大阪王将も近くにあるので、手を抜けなかったという事だろうか(笑)。

--------------------
西松家
住所:大阪市北区兎我野町10-20
TEL.:06-6365-6759
営業:11:30~6:00
定休:日

2009年7月10日 (金)

激広香り重厚つけ麺 / ラーメン軍団 (一乗寺/京都)

Gundan_mixi

mixiコミュ限定の、激広香り重厚つけ麺(¥800)なるものを頂くべく、久々に京都に繰り出した。
お昼時の店内は、まだ人もまばらで、これ幸いと早速注文。
つけ出汁は、本来重厚つけ麺と同じだけど、季節限定として現在出されてる“こく醤油つけ麺”のものに変更して貰った。

出されたものを最初見た時、意味が分らなかった。
しばらく見ていて、この幅10cm以上の折り重なったシート様なものが麺なんだと、合点がいった(笑)。
しかし・・・激広だとは書いてたけど、度が過ぎるだろ・・・。
最早麺というより、巨大ワンタンにしか見えない。
実際、食べた感じもやはりそんな感じで、これをラーメンといわれて納得する人は、まあいないよなぁ。
しかも重量があって、かつ箸で掴み辛くて、食べずらい。
この時、このメニューは色物で、言わば店主の洒落なんだなと、ようやく悟った(笑)。

つけ出汁の方は、かなり醤油辛さを感じる反面、それほど塩気が口に残らない。
恐らくベースは重厚つけ麺のそれと同じで、そのコクが醤油辛さを中和してるんだろう。
濃ゆい。
そして美味しい。
でも体には良くなさそうだけど(笑)

因みにこのメニューは、誰でも頼める。
ただ今のこの時期のみの限定なので、あるかどうかは事前に電話で尋ねた方がいいでしょう。

--------------------
ラーメン軍団
住所:京都市左京区高野泉町6-74
TEL.:075-712-3134
営業:11:30〜13:30 / 18:00〜23:00 
定休:不定

2009年7月 1日 (水)

淡海地鶏御膳 / 遊麺地 ZUMBERA-BON(弐) (天満)

ZUMBERA-BONとして二度目の営業である今回(6/28)は、淡海地鶏を使ったつけ麺を出すらしい。
スタイルを決めず、実験的に色々出すのがずんべらぼんスタイルという事なのかな。
それはともかく、私としては早めに着いたつもりだったが、ラヲタな方々は当然のように、既に大勢並んでた(笑)。
開店は15分ほど早まったけど、その時点で30人以上並んでたように思う。

Zumberabon_tankaidori1

Zumberabon_tankaidori2

淡海地鶏御膳(¥1000) ※つけ麺単品だと¥800
先に出てきた膳には、淡海地鶏を使った鶏牛蒡ご飯、筑前煮、玉子焼がセットになっていた。
その後、メインのつけ麺が出され、鴨つけ風のもの(つくね入)と鶏白湯(鶏肉入)の二種類のつけ出汁が。
麺は、中太縮れ麺。
全体的に、豪華で楽しくなるラインナップ。
この値段でこれは、素人目にもかなり頑張られたんじゃないかと感じる。
仕込みも大変だったろう…。
でも味は・・・悪いとは思わないまでも、正直絡二神のつけ麺と比べると、ちょっと魅力に欠けるなぁ。
中太麺は思ったより普通に感じられたのと、鴨つけ風出汁も醤油辛さが強くて、鶏白湯は鶏の臭みがきつかったなと。
とはいえ、何だかんだで楽しんで食べたのは、間違いない。

--------------------
遊麺地ずんべらぼん (洛二神
住所:大阪市北区浪花町4-22 藤ビル1F (中崎町商店街)
TEL.:06-6371-1088
営業:11:30~14:30 / 18:00~23:30 ・ (土 12:00~14:30 / 同左)
定休:日

2009年6月27日 (土)

冷やし油そば / らぁめん たむら (布施)

あてもなくネットであれこれ見てたこの日の午後、こちらが2周年記念で油そばを出す事を知った。
どうしようか迷ったが、この日(6/27)限定という殺し文句?に負けて、結局行く事にsweat01

Hiyashisoba

冷やし油そば(ミニライス付/¥900)
油そばで冷やしとなると、相当油っこいんじゃないかと思ったら、意外にもそういう感じはない。
ニンニクの風味や生卵など、スタイルこそ油そばだけど、これならまぜそばとか和え麺と言ってもいい位。
大量の刻みネギと、メンマ、短冊チャーシュー肉、レタスが盛られた下には、やや幅広の茶色がかった麺。
いかにも冷水で締めた感じの、弾力が強くて食感がいい。
食べ始めに若干強いと感じた塩気も、よく混ぜると生卵効果で感じなくなり、美味さが引き立つ。

最近、お取り寄せで色んな有名店のまぜそば(和え麺)を食べる事が多かったけれど、今回のこれはそれらに負けてない。
むしろ麺の食感などは勝ってる。

唯一抵抗があったのが、最後についてくるミニライス。
最後に入れて混ぜれば、ちょっとした卵かけごはんもどきになる趣向で、もう美味しいに決まってる。
だけど、油も塩分も余さず摂取するこの方法は、少なくとも健康的にはアウト…だよなぁ(笑)。

それにしても、いつの間にか昼営業もはじめ、かつ新たに男性スタッフも増えてたのには、驚いた。
これまで、夜の店というイメージが強かっただけに…(笑)

前回記事

--------------------
らぁめん たむら
住所:東大阪市足代新町8-2 陽光ビル1F
TEL.:06-6789-1188
営業:11:30~14:30 / 18:00~23:30
定休:月

鬼超えキーマ和レー / ゴヤクラ (長堀橋)

最近、殆ど週代り位のペースで、新メニューを出すゴヤクラ店主。
今回は、26日から鬼超えキーマ和レー(今年からこの店はカレーを和レーと呼称するようになった)を提供している。
激辛好きでも何でもないが、ゴヤクラ過去最高の辛さとの売り文句に、一度は体験しておこうかと、軽い気持ちで注文。

Goyakura_onigoe

合いがけ(鬼超えキーマ+ビーフ/¥900) ※鬼超え単品だと¥1000

舐めてた…。
この日は体調もいいし、合いがけにしたしで、まあ大丈夫だろうと。
だもんで、最初はゆっくり味わいながら食べてた。
辛いだけじゃなく、旨みも感じられるし大丈夫そうだなと。
でも、それが間違いの元。
気がつくと、汗と涙が止まらなくなってきた。
さらには、ビーフカレー部分を食べても味が分からなくなり、口内がくまなく痛い。
そして急に感じる満腹感(多分、脳が食べる事を拒否してるんだと想像)。
ああ、もっとハイペースで食べるべきだったと思いつつ、この時つい水を飲んでしまった!
これがトドメ。
この後スプーンを置いて、店主に残す事を謝罪しようかと本気で考えた…。
でも、結局やっとの事で何とか完食。
合いがけで激辛部分が半量だった事と、ピクルスのお陰である。
特に、タマネギのピクルスには、お世話になった(笑)

それにしても、辛かった。
辛さの性質が違うけれど、「ハチ」より「ワイヤ」より辛いと思う。
今後、お店がまた同様のメニューを作ってたとしても、私は頼むまい(笑)。

因みに、もし食べたいというマゾな人は、少なくとも今月一杯位は頼めると思う。
何せこんなメニュー、そうそう頼む人はいない(笑)。
この日も、私が居た間に頼んだ人は、1人だけだった。

追記:毎月、月の始めから売り切れまでしばらく出されるメニューになった('09)

--------------------
和レー屋 南船場ゴヤクラ
住所:大阪市中央区南船場1-12-27 安堂寺第三ビル2F
TEL.:非公開
営業:11:30〜15:00 (日・祝 12:00〜)
定休:水曜

2009年6月26日 (金)

コラボバーガー / ヌフヌフ (中津)

KansaiWalker(の編集者)とのコラボバーガーが、先日のスイスホテルに続いて今度はラマダホテルで提供されている。
終わり間際に慌てて行ってきた。

Coraboburger

コラボバーガー(¥1500)
10分ほど待って出てきたものは、ソフトボールよりでかかった…。
直径が15㎝位で、高さも同じ位と、一目で手掴みで食べるのを諦めた。
そもそも余分の紙ナプキンがないのは、下品に食べないでという店の意図?(笑)。
(でもナイフとフォークじゃ、普通にハンバーグとパンを食べるのと変わらないような…)
ふわふわバンズの中には、厚切りオニオンフライに厚切りベーコン、ピクルス、チーズパテ、厚切りトマト、レタス…と、こんな所か。
後、1個分位はありそうなフライドポテトと野菜のピクルスが幾つか。
ぶっちゃけ、中身は淡路バーガーの具全部入りとほぼ同じ。
となると、もう食べる前から美味いだろうと想像がつく訳で。
実際、美味かった。オニオンフライも揚げ立てパリパリ。

Coraboburger

でも、あれっ?と思ったのは、パテ(80%牛20%豚だそう)がどうもジュージーさがない。
荒引きのせい?
やや辛口のデミグラスソースも、軽く塗られてる程度。
思えば淡路バーガーなんて、食べてるそばから水分が溢れ出てきて、食べにくいったらなかったけど、こちらはそういう感じもなく、至極食べやすい。
でも手掴みでかぶりつけない分、こっちこそもっとジュージーで良かったんじゃないの?とは思うなぁ。

尚、提供期間は6/30までの予定だったのが、7/12まで延期された模様。

--------------------
goodDining&Cafe neuf neuf (ヌフヌフ) (ラマダホテル大阪
住所:大阪市北区豊崎3-16-19
TEL.:06-6372-8127(直通)
営業:6:30~11:30 / 11:30~14:00 / 18:00~22:00(L.O. 21:30)
定休:-

2009年5月27日 (水)

カレーつけ麺 / 洛二神 (天満)

Raku_curry.jpg

カレーつけ麺(¥900)&替え飯(¥50) 5/26~6/15(1日10杯限定)
恐らく通常メニューの魚濃つけ麺がベースだろうなと予想してたけど、まさにそんな感じの味。
逆にいえば、ここの魚濃~が好きなら気に入る味だろう。
かくいう私もそんな1人なので、勿論味に不満などあるはずもない。
カレーのスパイシーさと濃厚な魚介のコクが合わさった味を、堪能しました。
ただ、トッピングで特徴を出そうとしたのか、うずら卵とヤングコーンはともかく、ソーセージは見た目ほどピンと来なかったな。
出汁に馴染んでない感じで…まあ好みの問題と言われればその通り。

--------------------
洛二神
住所:大阪市北区浪花町4-22 (中崎通り商店街内)
営業:11:30~14:30 (土 12:00~) / 18:00~24:00(23:50 L.O.)
定休:日