最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

グルメ- 和食 Feed

2010年7月28日 (水)

うな丼食べ比べ

周りは鰻祭り真っ盛りな土用の丑の日
どこもかしこも鰻を売ってる。
普段から特に鰻に思い入れはないけれど、そんな世の流れにちょっと乗ってみる事にした。
うな丼食べ比べである。

割と買いやすいという事で、吉野家とすき家と松屋あたりで考えてたのだけど、当日になって松屋では今年うな丼は扱ってない事を知った。
なか卯も確かやってなかったよなぁ。
2種類では面白くないので、オリジン弁当辺りでお茶を濁そうかなと考えたら、今度はそちらは既に売り切れだった(値段が他より高目だった分、殆ど予約分のみの仕入れだったのかも)
そんな訳で、しょぼいながらも吉野家(¥800)とすき家(¥880)だけで食べ比べる事にした。(持ち帰りで。買ったのはどちらも二枚盛)

とはいえ、訳知り顔でウンチクなど書いても仕方ない。
シンプルに結論だけ言ってしまえば、どちらも想像以上に旨かった。
下手にスーパーなどで買うより、断然旨いと思ったし、コストパフォーマンス的な部分も含めれば、専門店で食べるより、満足度は高いかも知れない。
全くもって、舐めてた。

恐らくどちらも中国産で、かつパックされた冷凍モノを解凍調理したものだろうけど、柔らく、臭みも感じられなかった。
懸案の皮目は、見事にゼラチン質で、硬くもゴムっぽくもなってなかった。
(パリッと焼かれた皮目を望む人には不満だろうけど)
何より、タレが程よい感じで、クドくない。
因みにどちらもタレは掛かってて、オマケでも付いてもこなかった。(山椒粉はどちらもついてきた)

違いといえば、吉野家の方がやや焼き目が強かった位。
あと、値段は吉野家の方が安いけど、ごはんの量はすき家の方が多いと思う(うなぎの量はどちらもほぼ同じに見えた)
尚、一人でふたつ食べ切るのは結構大変です。

どちらももうしばらく食べられるみたい。

すき家

すき家

吉野家

吉野家

2009年11月29日 (日)

すた丼 / 伝説のすた丼屋 (道頓堀)

Stadon

先日撤退したゴーゴーカレーがあったビルにオープンした、同じく東京からの新たな刺客(笑)。
関東では結構有名だそうだが、私はといえば名前を聞いたことがある程度。
関西では多くの人がそんな感じだと思うけど、流行り物に目ざといブロガーの人たちで早速行った人は多かったようで(笑)、既に多くの記事を目にしてた。
初日はすごい行列だったらしく、今日も人が多いようなら帰ろうと思って行ってみたら、すんなり入店(帰る頃には若干待ち客がいたようだけど)。

メニューをみると、つけ麺や油そばもあって、普段なら絶対そちらを頼んだろうが、今回はあえてすた丼(¥580/味噌汁付)を注文。
(というのも30日まで魔法のレストラン割引が効いたのでsweat01

しばらくして、味噌汁、別皿に入った卵と共に豚丼が供される。
パッと見相当なボリューム。
そして何だか大味そう…などと思いつつ、食べてみると案外あっさり味。
肉はホエー豚だそうで、それが関係してるのかどうか、油っぽい感じもない。
食べきれるか不安だった量も、すんなり完食できた。
吉野家の豚丼特盛位?(そういや味噌汁を追加注文すれば、ほぼ同額位か?)
飽きの来ない食べやすい味だと思う。
反面、インパクト的にはやや足りない気も…?
取り合えず、私の中では伝説とまではいかないかなぁ(笑)。
あと、肉とごはんのバランスも悪いと思う。
これなら肉増量で頼むか、いっそミニ丼にした方がいいのかな?

--------------------
伝説のすた丼屋 道頓堀店 (11/14 open)
住所:大阪市中央区道頓堀1-10-7 ぼんちビル1F
TEL.:06-6212-5570
営業:11:00~27:00
定休:なし

2009年4月10日 (金)

すじもつカレー / 中も津屋 (中津)

Sujimotsu_curryu

地下鉄の出入口からほど近いとはいえ、普段ならきっと素通りしたろう(してた)こちらのもつ鍋屋さん。
でもこの日、ランチオール100円と書かれてた看板に惹かれて、つい入ってみた。
正直、書き間違いだろうなと思ってたのだけど、聞けばほんとに全メニュー100円だった。
どうやら周年記念だったよう。
店頭で呼び込みでもすればすぐ人が群がるだろうに、普通に営業してるんだもんなぁ…。

お客はホルモン焼き定食を頼んでる人が多かったけど、私はすじもつカレー(¥600)を注文。
(後で知ったけど、どうも上記定食は他メニューより普段高いようで、それが人気の秘密だった?)
丼に入ったカレーを見て、ここが普段カレーなんて出さない店なんだと改めて思う(笑)。
いわゆる欧風カレーで、とろみは強めで、辛さは殆ど感じない。
中の具は当然もつなんだろうけど、カレーで何が何だかよく分らない。
ただ、物凄く濃厚。というか油気が強い。
味は悪くないんだけど、軽く胸焼けしそう(笑)。
この濃厚さは、人によってはハマる味かもしれないけど、私的にはチョイスを間違えたかも。

--------------------
中も津屋
住所:大阪市北区豊崎5-7-11アベニュー中津1F
TEL.:06-6373-0330
営業:11:30~14:00 / 17:00~24:00
定休:第二・第四日

2008年10月14日 (火)

海老天丼 / わい家 (梅田)

Waiya_u タウン誌とのコラボによる天丼セットをいただくべく行って来た。
しかしここのお店、東通商店街から細い路地を入った所にあって、入り口は狭いくぐり戸と、完全な飲み処。
完全な食事目的だと何か入りずらいなぁ。
かなーり気後れしたけど(笑)、せっかく来たんだからと思い切って入ってみた。
靴を脱いで上るカウンタースタイルのお店は、江戸堀店と同じだけど、あちらより狭い。
厨房は、若い板前さんが一人で仕切られていた。
居酒屋利用の先客が2人いたものの、気を取り直して天丼さん(¥840/=半額料金)のみ注文。

10分ほど待ったろうか・・・蛤の貝汁に続いて海老天丼登場。
結論からいうと、相当旨かった。
丼からかなりはみ出たどでかい海老天と掻き揚げの下には、メレンゲを思わせるフワトロ状態の卵が、丼つゆを掛けられた状態で隠れてた。
そのため天麩羅自体の方には、多分つゆは掛かってない。
この食べ方は私的に新しい。
蛤のおすましも何とも上品な旨さで、丁寧に作られてるのが分る。
尚の事、天丼だけ食べるのは申し訳ないなあと感じながら、そそくさと退散。
味はともかく、居心地は悪かった(笑)。

--------------------
漁港直送海鮮七輪焼き わい家 大阪梅田東通り本店
住所:大阪市北区堂山町6-13
TEL.:06-6364-7888
営業:17:00~24:00 ・ (金・土・祝前 ~04:00)
定休:なし

2008年10月13日 (月)

金山ロースカツ / 弥盛亭 (心斎橋)

Iyasirotei

全国的にも非常に珍しい、金山豚を出す店として、以前TVで出てたりしたお店。
かく言う私もTVで見て興味を惹かれ、行こう行こうと思いつつ、なかなか行くタイミングを失ってた。
それでも時々ブログなどをチェックしてた先日、今月15日で閉店する事を偶然知り、慌てて訪問。(最近こんなんばっか)

ランチタイムの訪問だったが、2種類あるランチメニューの1つ(金山ヒレカツ)は既に売り切れてた。
ただランチメニュー以外も頼めるとの事だったので、やはりここは
金山ロースカツをごはんセットで注文した(¥2300+280)。
先に出てきたのは千切りキャベツ。
お代わり自由との事だったけど、これの和風?ドレッシングがなかなかの味で、きっちりお代りしつつ、10分ほど待って漸くトンカツ登場。
見た目は至って普通。
とんかつソース以外に、カラシ、梅ソース、塩とレモンが少しづつ添えられてある。
肉は、元々金山豚が油が売りとの事だったけど、思ったほど脂身はなく、食べてみると嫌味のない上品な甘さがある。
なるほど旨い。
トンカツ以外の、御飯もキャベツも良かった。
多分トンカツ以外も、色んな所にでこだわってたんだろうな。

でも、何せ都心とはいえ裏通りにあるビルの3Fで、入り口も外から隠れるようなロケーション。
さらには、夜もメニューもほぼ高級トンカツだけというのは、ちょっと厳しかったかもなぁ。(最近豆乳鍋なんてのも始めてたけど…)
この味がもう食べられなくなるというのは、何とも残念ではある。

追記:閉店('08/10/15)

--------------------
美味し とんかつ 弥盛亭(いやしろてい)
住所:大阪市中央区心斎橋筋1-5-31 ラ・シーンビル3F   
TEL.:06-6241-1846
営業:11:00~21:30 (ランチタイム~16:00)
定休:月

2008年10月11日 (土)

味噌煮込うどん / おかやま (日本橋)

Okayama

本来は鰻のお店なんだけど、メニューには何故か味噌煮込うどん(¥1130)なんてのもあって、以前から気になっていた。
今回、満を持して注文。
(尚、ここのメニューにはひつまぶしもあるので、名古屋と縁の深い店かと思ってたけど、HPを見ると実際そうではない?)

そしてそのお味は、至って普通な印象。
いや、美味しいのは美味しいんだけど、「これがおかやまの味噌煮込みうどんか」と思えるような特徴が感じられない。
ミニごはんが付いてて、最後にねこまんま(?)にできる所は嬉しかったけど。

「あまの」が改めて偉大に思えた。
乾麺で、しかも高いけど。

--------------------
うなぎ おかやま
住所:大阪市中央区日本橋1-16-20
TEL.:06-6636-1367
営業:11:00~15:00 / 17:00~21:00

2008年9月29日 (月)

鰻丼 / 現長 (淀屋橋)

Genho_1 今月初め頃だったか、新聞を読んでると、現長が今月一杯で閉店する事になったという記事が、目に止まった。
知ってる人は知ってる通り、大阪では相当老舗の鰻料理店で(100年を越えるらしい)、ビルの立ち並ぶオフィス街にあって、(戦後に建てられた)うなぎの寝床のある古い木造家屋は、今や逆に場違い感さえある。
そんなお店も、とうとう時代の流れについていけなくなったようで…。
まぁ値段が一番の理由という気もしなくもないけれど(笑)。
とにかく最後にと行ってみると、店は物凄い行列。
日を改めて、早めの時間に出直した。(それでも列はあったけど)

店内は、かやくご飯の「大黒」とも似た、落ち着いた雰囲気。
客層は半数が年配の方で、昔を懐かしんで来られたんだろうか。
大串 鰻丼(肝吸い付/¥2625)を注文した。
大串とは、鰻がやや大盛という事。
一番安いメニューが2310円の鰻丼という事もあってか、殆どの人が鰻丼のいずれかを頼んでいた。
注文して7~8分かかからず持ってこられたのは、やや意外だった。

Genho_2
一応江戸焼きのお店なので、蒸しは入れてるはずだと思うけど、思ってた以上に食感はしっかりしている。
タレは甘み控え目のあっさりで、くどからずの品のいい、好みの味。
ただ香ばしい焼いた香りはそれほどしなかったかな。

しかし、こういう貴重な店がなくなってしまうのは、本当に残念に思う。
これまで長年守り抜いてきたタレは、どうされるのかなぁ…。

※閉店('08/09/30)

--------------------
鰻料理 現長
住所:大阪市中央区同修町3-3-2
TEL.:06-6231-0344
営業:11:00~14:00 / 17:00~20:00
定休:土・日・祝

2008年7月 4日 (金)

薬膳バイキング / 豆膳 (北浜)

Mamezen 昨年、北浜のある雑居ビルの地下に、芦屋にある洋食店が2号店?をオープンした。
これは機会を見て行かねばと思ってたら、ほどなく休店し、その後閉店してしまった。
そしてその後に入ったお店がこちら。
(以前は近くの違う場所で営業されてた)
薬膳料理のお店らしく、夜は小料理屋っぽくなるんだろうか?詳しい事はよく分らない。
私的には、むしろお昼の
薬膳ランチバイキングに興味を引かれて入ってみた。
料理は基本的に和風で、魚を除いて肉類はなし(連日そうかは不明)。
漬物に至るまで、全ての料理が手作りだというのは、一見して分る。

今日のメニューは、白粥、茶粥に、鯖の竜田揚、揚豆腐と菜っ葉の煮物、山芋と納豆と胡瓜の和え物(酢の物?)に、あと漬物が4種、南瓜と小豆の煮物(善哉風)、ワカメと豆腐のおすまし、といったもの。
少なくともメインは日替りだろう。
これで¥850。
バイキングというには、料理の種類はそれほど多くはない。
まあ必要十分といえるかな?
どれも優しくも上品な味で、そんなに濃い味付けのものはない。
ここで毎日食べてれば、確実に健康になるだろうなあという感はする。
そのせいかこの日、半数が年配客だったけど(笑)。

個人的には、もう少し味付の濃い料理が1品でもあればと思ったけど、お店自体は気に入りました。

追記:土曜の営業(昼、次いで夜も)がなくなった('07)
追々記閉店('09/末頃)

--------------------
豆膳(まめぜん)     ※[参考]
住所:大阪市中央区平野町1-6-5 大山ビルB1F
TEL.:06-6221-3715
営業:11:30~13:30(L.O.) / 17:00~19:00(L.O./予約制)
定休:土・日・祝

2008年6月24日 (火)

うに丼 / 立ち寿司 (恵美須町)

9dtdvpxp 日本橋電気街のどまん中に、4/15にオープンしたらしい立ち食い寿司店。
こんな所に、あまりに場違いなお店だけれど、飲み屋がこの辺には少ないので、逆に受けるという計算があったのかな?
メニューはにぎり寿司と丼と一品料理が幾つか。
お昼は丼を中心に出してるようで、今回はうに一枚まるごと丼を注文。(¥1500)
軽く海苔とわさびの入った丼に、小さな板ウニ1枚分まるごと乗せただけの、シンプル丼。
味は想像通りの旨さ(笑)
でもうにだけ食べてると、その濃厚さに徐々に飽きが来るのは私だけだろうか?
個人的には、ウニ&イクラ丼の方が好みではある。

※TV出演記念で5/27まで¥700(限定20)

--------------------
立ち寿司
大阪市浪速区日本橋5-9-13
TEL.:090-1956-0427
営業:11:30〜14:00 / 17:00〜23:00  (11:30〜23:00 土・日・祝)
定休:水

2008年4月19日 (土)

鯖松前棒寿司 / 鮓直 (南森町)

Teast4dr
久しぶりに鮓直で鮨を買う。
ここは昔からある持ち帰りのお寿司屋で、鯖棒寿司、穴子棒寿司などが売られている、知る人ぞ知る老舗。
今でこそ、鯖寿司は好物といっていい位だけど、昔は光り物の魚は苦手で…。
だもんで、ここで名物の鯖棒寿司は買うのは、実は今回が初めて。
注文を聞いてから作るので、お茶を飲みつつ、流れるような作業で作る様子を、見る。

そんな、半身を使った鯖松前棒寿司¥2800)は、油が良く乗っていて、身がぶ厚い。
旨々に決まってる。
でもよりすごいと思ったのは、酢飯。
もち米?と思うほどもちもちな食感は、到底冷えたご飯のそれではない。
店で羽釜を使って薪で炊いてるそうで、毎日煤だらけになると、お店の方は笑って話されてた。
因みに、こうして炊いたご飯は、一日経っても殆ど劣化しないとの事(勿論商品には使わないそうだけど)

一緒に買った穴子棒寿司¥3000)も、旨かった。
油の乗りが程よくて、鯖より食べ飽きしない味だと思う。

それにしても、この二本を二人で食べたけど、意外と量が多くて、最後の方は鯖の油の乗りが、逆に少ししんどかった(笑)。
でも、個人的に今まで食べた鯖棒寿司の中では、一番だな。

--------------------
鮓直
大阪市北区天神橋1-15-14
TEL.:06-6351-4191
営業:10:00〜19:00
定休:火