最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

グルメ- 和食 Feed

2008年1月31日 (木)

かやくごはん / 大黒 (難波)

B7jtpwbd 大阪を代表する老舗のかやくごはん屋さん。
食べるのは結構久しぶりで、一年ほど前リニューアルオープンした時も、行こう行こうと思いながら、結局今日まで行かず。
店内は、厨房以外驚くほど以前のまんまだった。
ここまで以前のままというのは、余程こだわったんだろうなあ。

そして、店内がやけに静かで、微妙な緊張感が漂ってる所も、以前通り。
別におしゃべり禁止でもないんだけど、どうしてみんな静かなんだろうと、昔から不思議に感じてた。
とはいえ、こんな雰囲気を好ましいと思ってるけれど。

メニューは、一般的なごはん屋さんと比べてかなり高い。
名物のかやくごはんと味噌汁だけで1000円位してしまう。
今回は、かやくご飯(小)(¥400)、かす汁¥350)、生鮭焼き¥650)を注文。
注文が通ってから魚を焼き始めるので、そこそこ待つ事になる。

久々に食べたここのかやくごはんは、懐かしくもしみじみ美味しい。
ポテッとした身の太い焼鮭も、高いだけある。
かす汁も、濃厚なんだけど上品な味わい。
色んな意味で貴重な店。

--------------------
大黒
住所:大阪市中央区道頓堀2-2-7  
TEL.:06-6211-1101
営業:11:30〜15:00 / 17:00〜20:00
定休:月・日・祝

2008年1月26日 (土)

ランチバイキング / 龍馬 (肥後橋)

A0ho5ghb 「ピエロ」の近くにある、一見ありふれた居酒屋。
お昼は、居酒屋ではよくある和洋折衷の定食を出してるんだけど、土曜日のみバイキング¥750)をやっている。
で、今回は「ピエロ」への誘惑を振り払って訪問。

店内はカウンターとテーブル5〜6卓だったか、それほど大きくはない。
ただカウンターは、惣菜の皿で埋め尽くされてるけれど。
30種近くはあったと思う。
和洋中、本当に無節操に色々あって、鍋(キムチ鍋)まである。
そしてこの鍋が、また思い切った辛口。
他に食べるものがあるから、こうも辛口にしてるのかなぁ…個人的には嬉しいけど(笑)。

1000円以下のランチバイキングで、質、量共にここ以上の所はそうそうない。
でもこの界隈でそんなに人気という訳でもなさそうなのが、ちょっと不思議。
土曜だから?

--------------------------
龍馬
住所:大阪市西区江戸堀1-16-31
TEL.:06-6447-7487
営業:11:30~

2007年12月26日 (水)

ヒレカツ / とんかつ たわら (鶴橋)

Pnosdbel 都心でも中心地から結構はずれた裏通りに、隠れるようにひっそり営業しているとんかつ屋。
見つけた時は、どれだけ穴場なんだとツッコミを入れたくなったほど(笑)。
以前から時折マスメディアで紹介されてたけど、最初にここを紹介した人はジモティに違いない。
そしてお昼過ぎの店内は、場所に似つかわしくなく満員で、帰り際には外で待つ客もいたほど。
私もそうだけど、他の客も殆どがわざわざここ目当てに来てるんだろう。

メニューは色々あって迷ったけど、結局ベタにヒレカツ定食¥1200)とを注文した。
しばらく待ってると、大盛りのとんかつと味噌汁、漬物、ご飯、そして小ぶりの皿を渡される。
この皿はここの名物、おかずバイキング用のお皿。
この日は7つの和惣菜が店内奥の専用テーブルに並べられていたけれど、そこから好きなだけよそえるのがこの店の売りでもある(但しお代り不可)。
でもとんかつ自体がえらいボリューム。
以前「幸福堂」という店でもそのボリュームに驚いたけど、ここも負けてない。
そして何より旨かった。
静岡産のもち豚を使ってるとの事だけど、肉がほんとにもちもちしていて、ものすごく柔らかい。
もち豚はこれまでも食べた事はあったけど、こんな食感だった覚えはない。
だとすると、これまで食べたやつは偽者だったのか?(汗)

なるほど話題に出るだけあるわと納得。

--------------------
とんかつ たわら
大阪市天王寺区細工谷1-10-10
TEL.:11:00〜15:00 / 17:00〜19:30
営業:06-6771-3981
定休:日・祝
http://www.e-boshuu.com/osaka/maido/syosai.php?tidno=16570

2007年11月23日 (金)

寿司 / ときすし (難波)

Crtslv2x 「釜たけ」の何軒か隣に最近出来たお店。
「釜たけ」のものすごい行列にげんなりしつつ、すぐ近くの‘25日まで半額セール中’との貼り紙が出てたこちらに入ってみた。
こっちは半額なのに、客が並んでる事もなく、店内が満席でもない。
みんなそこまで「釜たけ」「千とせ」に行きたいのかと(笑)

寿司は確か何れも100〜400円(一皿/平時)までと、ほぼ回転並。
味の方は、悪くはないんだけど、まあ普通といえば普通かなぁ。
でもこの日は普段と違ってバカ安の日。
結局二人で飲みつつ相当に食べて4800円ほど。
一人2400円位だけど、寿司以外のメニューは半額じゃないので、寿司だけだと1400円位か?
食べた中では「とき巻き」が良かった。

因みにこの日、握り盛り合せ(並)は赤出汁付で375円だった。

--------------------
ときすし
大阪市中央区難波千日前4-21
TEL.:06-6632-0366
営業:11:00〜23:00
定休:火

2007年11月 6日 (火)

怪しい天麩羅屋 / 萬転屋 (中崎町)

Wcxlaz8r 2〜3年位前だったか、中崎町商店街にある日突然現れた屋台もどきな天麩羅屋。
その妖しい佇まいは完全に私的ツボで、これは行かねばと思いつつ、今に至ってしまった。
その間に、屋台風だった店も葦簀で覆われ、中の様子も分らなくなってしまった。
そして先日、遂にふらっと入ってみた・・・・のだけど予約で一杯と断られる。
何時の間にそんな人気店に!(笑)
改めて予約して、行ってみた。

店内はテーブル3卓(多分)と、以前は横に長いカウンターの店だったのが、やや予想外な変貌ぶり。
しかも薄暗い店内は、凡そ統一感のない雑多なアイテムに飾られ、雑然とした無国籍BARのよう。
この怪しげな雰囲気に、俄然テンションも上がる(笑)
メニューは、基本的にアラカルトだけど、今回初めてという事で、お任せでお願いしてみた。

天麩羅は、油の味がしっかり感じられる(ごま油?)、やや重たい感じのもの。
食感はサクサクなんだけど、メニューによって衣は変わる。
つけるものも、塩だったりオリジナルソースだったりスキムミルクだったり、その都度違う。
どれも工夫があって面白い。
この日は何故かやたらと海老系メニューを出されたけれど、多分ここの名物か、お勧めメニューだったんだろうな。
どれも結構旨かった。
ただ天麩羅が続くとさすがにしんどくなってくる。
口直し的なサイドメニューを、もっと折々に欲しかった所。
てっきり、頃合を見てデザート系など勧めて貰えるものと思って食べてたら、向うもこちらの反応待ちだったみたいで…(笑)
結局口直し代わりに酒を結構飲み、かつ限界近くまで食べてしまった。

・オクラ、しぐれ昆布、梅肉、卵豆腐(付き出し)
・揚げトマトとチーズのサラダ
・天使の海老とボタン海老の造り
・天使の海老の天麩羅
・エビフライwithオリジナルチリソース
・アスパラガス天麩羅
・汲み上げ?豆腐
・生ハムとチーズの天麩羅
・ソフトシェルクラブの天麩羅

食べたのは、こんな感じだったか。
サイドメニューもデザートも色々あったのに、あまり試せず、微妙に不完全燃焼・・・。
また行かねば。
そして次回は絶対にお任せにしないで、自分で頼もう(笑)
代金は2人で1万ほど。それにしても、変に酔った…。   

--------------------
萬転屋
住所:大阪市北区黒崎町3-22
電話:090-4271-0604
営業:18:00〜24:00頃
定休:月・第1火

2007年10月24日 (水)

極太焼きそば / 星月 (土居)

Qmge2rid 極太やきそばを出す店として、以前から噂には聞いてたお好み焼き屋
先日テレビ番組で初めて紹介され、ああそういや行こうと思ってから忘れてたなぁと思い出し、早速行ってきた(笑)

店内は思ったより広く、何より昔ながらの街のお好み焼き屋さんといった風情がある。
平日夜7時頃の店内は客もまばらで、年配の女性が小休止を取られてた。
独特の牧歌的な雰囲気が漂う。
適当なテーブルに陣取り、焼きそば(大)¥780)と豚玉¥630)を注文。(今回はTVタイアップ価格¥980)
各テーブルには鉄板はあるけど、基本的に調理して持って来てくれるスタイルで、鉄板はあくまで保温の役割として使ってるよう。
まず焼きそばが供された。
麺は確かに太くて、ラーメンの「住吉」位かな。そしてやや柔かめのもっちりした食感。
大で頼んだけど、思ったほど量は多くない。あっさり完食。
その後ほどなく豚玉登場。
結構大判で、その分薄め。早く焼く為?
マヨをつけるかと聞かれてお願いすると、全面にたっぷり厚塗りしてくれ(笑)、その上からソースを塗って完成。
かつおも青のりもマスタードもつけないのが、ここのスタイルらしい。
食べてみると軽い食感で、これまたさっくり完食。
で、この2つを食べて感じたのは、どちらも思ったよりこってり味じゃなかった事。
それほどインパクトはないし、旨いけど旨すぎない。
これはネガティブな意味では全然なくて、つまり食べ飽きしない味だなと。
よそ行きでなく、普段使いの店として街に根を下ろすには、こういう味である必要があるのかもなと、一人得心した。

ああでも、生麺は持ち帰りで買っておけばよかったなあ。

--------------------
星月
大阪府守口市馬場町1-1-20
TEL.:06-6996-4714
営業:11:30〜13:30 / 17:00〜19:30
定休:月・金
http://www.doiekimae.com/shop/food_hoshiduki.html

2007年10月 8日 (月)

晩ごはんバイキング / チアリ (天満橋)

7mwaherj
ちょい久しぶりのチアリ。
元々ダイニングカフェだったはずが、夜にバイキングを始めて以降、アフタヌーンティータイムもなくなったみたいで、今やレストランと化しつつある…ような。
そのバイキング¥880)、以前と少し変化があった。

メニューは野菜中心の料理10数種類ほどと、味噌汁(orスープ)とカレーと、これはまあ以前とほぼ同じ。
ただ並んだメニューから揚げ物が殆どなくなり、野菜料理志向がより顕著になったような。
(この日たまたまそうだっただけかもしれないけど)
そして、別途有料(¥200~300前後)の期間限定メニューというのが新たにできていた。

・オイスターソースの豚肉生姜焼き
・石本農場の出し巻き卵
・焼きシシャモ
・魚(失念)のパン粉焼き
・海老のフリッター

うーん…やっぱりバイキングだけだとイマイチ儲からないという事?
あるいは時折見かける、ここをちょっとした居酒屋使いしてる客達のニーズに対応するため?
試しに出し巻き卵¥180)を頼んでみた。
値段から、突き出しのような感じ?と思ったら、量も普通にあったし、薄味でフワフワだった。

がっつり食べたい肉食の人にはやや不満の残る変更かも。
逆にヘルシー志向の人にはさほど問題ないとは思うけど。
まぁ私としては、今夜も結構頂きました。

追記:¥1,000に値上('08/06/01)

--------------------
カフェ食堂 Cheerly
大阪市中央区石町2-3-13
TEL.:06-6945-5507
営業:11:30〜15:00 / 17:30〜22:00 ・ 12:00〜14:30 / 17:30〜21:30(日・祝)  
定休:土   ※バイキングは夜のみ
http://blog.livedoor.jp/cheerly1214/  
http://1008net.jp/01contents/img/img01foodsjpn/01cheerly.html 

2007年10月 6日 (土)

辛口カレー / マンチャゴ (四ツ橋)

Efclfocy
通りがかりに偶然発見した、カレー店。10/4にオープンしたばかりのよう。
辛口カレーののぼりが目に留まり、ちょっと入ってみた。
店内はカウンター10数席の小奇麗な卒のない作り。
メニューは
マンチャゴカレー¥750)のみで、オプションがトンカツ、チーズ、そして生卵。
過日の「白銀亭」に続く「インデアンカレー」風な店かなとも思ったら、実際出されたカレーも皿からルーから盛り付け方まで、まさしくインデアンそっくりで驚いた。
ピクルスは大根と白菜だったけど。
食べてみるとまず甘さが来て、その後口中にスパイシーな辛さが広がって、その辛さが長く口に残る。
うーん…感じも似てる。
でも味は、やっぱり似て非なるものだった。
特に甘味が、私にはこちらの方がややくどく感じられる。
まあこれは好みの問題で、こちらの方が好きという人もいるかもしれない。
ただこの日、カレールーにやや焦げた味と匂いがしたのは、やっぱりミスだったんだろうな。

ところで店内の壁には、この店の成り立ちが大きく長々と書かれてあったけれど、失礼ながら私には、如何にも作り話なファンタジーにしか思えなかった。
個人経営のお店でもないようだし、こういう口上って必要?

追記:夜はカレー居酒屋として営業するようになった('09/04記)
追記:閉店('09)

--------------------
マンチャゴ
大阪市西区新町1-7-21 EPO新町レジデンス1F
TEL.:06-6539-1250
営業:11:00〜20:00 / 〜15:00(土)
定休:日・祝

2007年9月22日 (土)

特選和牛弁当 / はつだ (京都伊勢丹)

Xjjacfdf
個人的に牛肉弁当といえば、伊丹空港発着ロビーでのみ売ってたものがまず頭に浮ぶ。
子供の頃から大好きだったその弁当が、突如店頭から消えたのが約5〜6年ほど前。
以後、ネットで色々調べてみても、その行方は今も掴めず。
その代わりによく引っかかるのがここ、はつだの特選和牛弁当
京都伊勢丹でのみ売られてるようで、値段もそこそこする(確か1680円)。
でもここまで評判なら一度食べてみねばと機会を伺ってた所、今回何とか買うことに成功。
それにしても、12時過ぎの段階で残り2個とは・・・人気の程が伺える。
ともあれ、持ち帰って食べてみる。
まず炭火で焼いてあるのか、香ばしい匂いが鼻に抜けるのがイカス。
そして肉が驚くほど柔らかい。パサパサ感もあまりない。
思うに、肉が冷めて固くなる事を考慮して、サシの多い霜降り肉を使ってるのではと想像する。
肉汁とタレは、すぐ下に敷き詰められたキャベツのスライスに吸わせるようにしている。
美味しい。
でも、肉がちょっと脂っこいなぁ。
少なくとも、私にとっての伊丹のあの味に取って代るものではなかった。
残念・・。

--------------------
はつだ
JR京都伊勢丹 B2
TEL.:075-722-8179(本店)

2007年9月21日 (金)

ビフカツ定食 / 割烹 はな矢 (北新地)

Ocdpixbx 以前からネットでちょくちょく見かけて、少し気になってたお店。
話題になってたのは、大体がランチに出る松花堂弁当だったけど、私的にはむしろビフカツ定食の方が気になってた。
今回はその特製ビフカツ定食¥1500)を注文。
10分ほど待った後、ご飯、漬物、味噌汁、小鉢と共にビフカツのお皿がどーんと出てきた。
カツにはキノコ入りの真っ茶色のソースがてんこもりでかかっている。
スプーンが付いてくる所から思うに、これでソースも味わえという事なんだろう。
カツは見事に中が赤いミディアムレア。
ソースはバター(と生クリーム?)の味が強いものの旨みたっぷり。濃過ぎといってもいい位。
牛肉の旨みとソースの旨みを、バターで強引に繋いだような感じがした。
ソースの旨みは味噌と魚介?…特に海老の旨味のようにも思えるのだけど、どうなんだろう?
しかし割烹のお店で、この濃過ぎるほどの味付けは意外。庶民の味覚に合せてるのかな(笑)。

美味しく頂いた。でも私にはやや濃厚すぎた。
世間はそうは思わないんだろうか。
松屋町筋「上方」のビフカツが懐かしい・・・ってもうないんだけども。

--------------------
割烹 はな矢
大阪市北区曽根崎新地1-3-16 京富ビル1F
電話番号 06-6341-8780
営業:11:45〜13:30 / 17:00〜22:30
定休:日・祝