最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

グルメ- 洋食 Feed

2012年3月25日 (日)

チャリティカレー (洋食泉 / 福島)

かなり久しぶりの訪問。
というのも、最近は手軽に食べられるラーメン等、B級グルメに嗜好が移ってるからなのだけど、
そんなこちらが久しぶりに昼営業をする。
それも東日本大震災チャリティ目的の、"一日だけのカレー屋"として。
時間的に都合がつけば・・・位に考えていたけど、昼営業も終わり近い時間に何とか訪問。
半端な時間ゆえ客はおらず・・・(メニューがカレーだけなら回転は早いはずだろうという予想は概ね当たってた?)
因みにお店は、以前は変わらず。
ただ店主と弟子?の2人だけだったスタッフはが、今は女性スタッフも2人入って倍増してた(笑)。

カレー(¥1000)はこれまた予想通り、美味しかった。
でもあえて言うなら、予想通り過ぎでもあった。
つまり、洋食屋が手間と時間を惜しまず作りました的欧風カレーで、仕事きっちりな洋食店なら正直他所でも食べられそうな味。
現在のトレンドといえるインド風(亜細亜風)カレーな要素なんて微塵もない。
あと、ちょっと辛口と告知してたけど、その辛さは単純に唐辛子を混ぜただけな感じに思えた。
良いく悪くも、シェフは味の流行なんて気にされないんだろうな(多分)。

とまあ、サプライズはなかったものの、何だかんだで美味しく頂きました。
最後に、がんばろう日本のカンバッチを頂いて、店を出る。

----------
洋食 泉
住所:大阪市福島区福島7-5-16 (聖天通り内)
TEL.:06-6457-0888
営業:17:30〜22:00
定休:日

2009年10月15日 (木)

ホットドッグ / Oliveira's Hamburger&HotDog (島之内)

久しぶりな訪問。
というのも、いつの間にやらお店(屋台)が21:00を過ぎてから開店準備を始めるような感じになり、私とは時間がどうにも合わなかった。
元々19:30オープンだったはずなのに何故?
今回オリビエラさんに聞いてみたら、屋台を出してるビルオーナーからクレーム?があったそうで、今の営業時間になったそう。

それはさておき、ホットドッグである。
ようやく食べられるとテンション上がり目で待ってたら、調理中、オリビエラさんに「ソーセージ変えたよ」と言われた。
見ればフランクフルトサイズだったソーセージが、赤くて小ぶりの、一見チープなものに変わってた。
曰く、これはブラジルからの輸入品で、これが本来のブラジルのホットドッグなんだと。
材料費も上がったけどね、と笑って言われてた。

でも食べてみた思った。
前の方がいい(笑)。
ソーセージが小さくなった事で、味のバランスが壊れてる。
肉っぽさがなくなり、その分マヨネーズ味がきつくなってしまってる。
本場の味へのこだわりから今回変えたようだけど、ぶっちゃけ改悪だよ~。

 

今回も、繁華街に店を出したいと言われてたけど、その前に味を戻して欲しいなぁ。
って、誰も言う人いないんだろか?

追記:同地での屋台は閉店し、アメリカ村で晴れて新店OPEN

--------------------
Oliveira's Hamburger&HotDog

場所:大阪市中央区島之内2-6-16
TEL.:090-7755-6580  (※但し日本語での会話は困難)
営業:21:00頃〜6:00頃  (土 〜26:00)

2009年7月30日 (木)

曽根崎カレー / 曽根崎カレー (梅田)

Sonezaki_curry

宵の口の頃、通りがかりに偶然見つけたお店。
頻繁にこの前を通ってるのに、今まで気付かなかった…。
中はカウンターだけのお店で、こういうお店はどうしてもインデアンカレーを思い出してしまう。
いつも大卵を頼むので、そんな感じで
曽根崎カレー(大+卵黄)+ミニサラダ(¥680+200+50+120)を注文。
他には、カレーきしめんやサラダカレーなんてのもあった。

それにしても近年、関西で新規オープンするカレー店は、どうもインデアンカレーの影響を受け過ぎてやしないか。
甘さと辛さが際立ったルーと、キャベツピクルスがついてくるといった感じが、パターン化してる。
ここも、出てきたカレーにキャペツピクルスを見つけた時、またいつものインデアン系カレーかなと想像した。
食べてみると、確かに甘い。そして後から辛さが来る。
明らかに、昨今の時流に則った味。
でもその感じは、フルーツ特有の甘さがより強く感じられる、インデアンカレーというより、あえていえば"くだもんやYukko"を彷彿とさせる。
辛さは、スパイスによる軽い痺れが後からじわじわ喉の奥に広がる感じで、この程度の辛さなら、私的には卵は必要なかったなぁ。
そして、大を頼んだのも失敗だった。
量多い…。

追記:閉店('10/01頃)

--------------------
曽根崎カレー
 (6/26OPEN)
住所:大阪市北区曽根崎1-6-23
TEL.:06-6312-6888
営業:11:00~22:00
休み:日・祝

2009年6月27日 (土)

鬼超えキーマ和レー / ゴヤクラ (長堀橋)

最近、殆ど週代り位のペースで、新メニューを出すゴヤクラ店主。
今回は、26日から鬼超えキーマ和レー(今年からこの店はカレーを和レーと呼称するようになった)を提供している。
激辛好きでも何でもないが、ゴヤクラ過去最高の辛さとの売り文句に、一度は体験しておこうかと、軽い気持ちで注文。

Goyakura_onigoe

合いがけ(鬼超えキーマ+ビーフ/¥900) ※鬼超え単品だと¥1000

舐めてた…。
この日は体調もいいし、合いがけにしたしで、まあ大丈夫だろうと。
だもんで、最初はゆっくり味わいながら食べてた。
辛いだけじゃなく、旨みも感じられるし大丈夫そうだなと。
でも、それが間違いの元。
気がつくと、汗と涙が止まらなくなってきた。
さらには、ビーフカレー部分を食べても味が分からなくなり、口内がくまなく痛い。
そして急に感じる満腹感(多分、脳が食べる事を拒否してるんだと想像)。
ああ、もっとハイペースで食べるべきだったと思いつつ、この時つい水を飲んでしまった!
これがトドメ。
この後スプーンを置いて、店主に残す事を謝罪しようかと本気で考えた…。
でも、結局やっとの事で何とか完食。
合いがけで激辛部分が半量だった事と、ピクルスのお陰である。
特に、タマネギのピクルスには、お世話になった(笑)

それにしても、辛かった。
辛さの性質が違うけれど、「ハチ」より「ワイヤ」より辛いと思う。
今後、お店がまた同様のメニューを作ってたとしても、私は頼むまい(笑)。

因みに、もし食べたいというマゾな人は、少なくとも今月一杯位は頼めると思う。
何せこんなメニュー、そうそう頼む人はいない(笑)。
この日も、私が居た間に頼んだ人は、1人だけだった。

追記:毎月、月の始めから売り切れまでしばらく出されるメニューになった('09)

--------------------
和レー屋 南船場ゴヤクラ
住所:大阪市中央区南船場1-12-27 安堂寺第三ビル2F
TEL.:非公開
営業:11:30〜15:00 (日・祝 12:00〜)
定休:水曜

2009年6月26日 (金)

コラボバーガー / ヌフヌフ (中津)

KansaiWalker(の編集者)とのコラボバーガーが、先日のスイスホテルに続いて今度はラマダホテルで提供されている。
終わり間際に慌てて行ってきた。

Coraboburger

コラボバーガー(¥1500)
10分ほど待って出てきたものは、ソフトボールよりでかかった…。
直径が15㎝位で、高さも同じ位と、一目で手掴みで食べるのを諦めた。
そもそも余分の紙ナプキンがないのは、下品に食べないでという店の意図?(笑)。
(でもナイフとフォークじゃ、普通にハンバーグとパンを食べるのと変わらないような…)
ふわふわバンズの中には、厚切りオニオンフライに厚切りベーコン、ピクルス、チーズパテ、厚切りトマト、レタス…と、こんな所か。
後、1個分位はありそうなフライドポテトと野菜のピクルスが幾つか。
ぶっちゃけ、中身は淡路バーガーの具全部入りとほぼ同じ。
となると、もう食べる前から美味いだろうと想像がつく訳で。
実際、美味かった。オニオンフライも揚げ立てパリパリ。

Coraboburger

でも、あれっ?と思ったのは、パテ(80%牛20%豚だそう)がどうもジュージーさがない。
荒引きのせい?
やや辛口のデミグラスソースも、軽く塗られてる程度。
思えば淡路バーガーなんて、食べてるそばから水分が溢れ出てきて、食べにくいったらなかったけど、こちらはそういう感じもなく、至極食べやすい。
でも手掴みでかぶりつけない分、こっちこそもっとジュージーで良かったんじゃないの?とは思うなぁ。

尚、提供期間は6/30までの予定だったのが、7/12まで延期された模様。

--------------------
goodDining&Cafe neuf neuf (ヌフヌフ) (ラマダホテル大阪
住所:大阪市北区豊崎3-16-19
TEL.:06-6372-8127(直通)
営業:6:30~11:30 / 11:30~14:00 / 18:00~22:00(L.O. 21:30)
定休:-

2009年4月12日 (日)

ぷいぷいカレー / ぷいぷい物産展 (阪急うめだ本店)

Puipuicurry

最早年に一度の恒例行事となった感のある、ちちんぷいぷい物産展が今年も開催された。
今年で10周年との事だけど、会場にそういう特別な感じは特に感じず(汗)。
ただ夕方ともなると、売り切れ店が続出してるのはさすが人気のイベントというべきか。
今回、イートインできたのは京都のフレンチレストラン「キャレ・ド・ミュー」による素カレーのみで、たまたまか?並ばず食べられそうだった事もあり頂いてみた。

そのぷいぷいカレー(¥780)
以前一度オーサカキングで供されてたそうな。
とろみのあるルーは、食べてみるとフルーティな甘味がまず強く感じられ、その後スパイシーな痺れが口中に広がる。
ぶっちゃけ、「ミクロ」のそれと似てるなと感じた。
後味の強いスパイシーさは、ミクロにはないものだけど。
素カレーによくある、ざらっとした口辺りがなかったのは、具材をきっちり煮溶かしてるんだなと感じさせる。
でも、イベントの目玉と言うほどのインパクトは感じなかったなぁ。
個性というなら、以前出店した「ラ・ソース古賀」のソースキュリーの方がより個性的だったし、個人的にも好みの味だった。

といって、これが悪い訳では決してないんだけども。

尚、他の売り切れ商品の幾つかは17:00以降に再入荷またはキャンセル分が販売がされていた。

--------------------
ちちんぷいぷい物産展(4/8~14)

続きを読む »

2009年4月10日 (金)

すじもつカレー / 中も津屋 (中津)

Sujimotsu_curryu

地下鉄の出入口からほど近いとはいえ、普段ならきっと素通りしたろう(してた)こちらのもつ鍋屋さん。
でもこの日、ランチオール100円と書かれてた看板に惹かれて、つい入ってみた。
正直、書き間違いだろうなと思ってたのだけど、聞けばほんとに全メニュー100円だった。
どうやら周年記念だったよう。
店頭で呼び込みでもすればすぐ人が群がるだろうに、普通に営業してるんだもんなぁ…。

お客はホルモン焼き定食を頼んでる人が多かったけど、私はすじもつカレー(¥600)を注文。
(後で知ったけど、どうも上記定食は他メニューより普段高いようで、それが人気の秘密だった?)
丼に入ったカレーを見て、ここが普段カレーなんて出さない店なんだと改めて思う(笑)。
いわゆる欧風カレーで、とろみは強めで、辛さは殆ど感じない。
中の具は当然もつなんだろうけど、カレーで何が何だかよく分らない。
ただ、物凄く濃厚。というか油気が強い。
味は悪くないんだけど、軽く胸焼けしそう(笑)。
この濃厚さは、人によってはハマる味かもしれないけど、私的にはチョイスを間違えたかも。

--------------------
中も津屋
住所:大阪市北区豊崎5-7-11アベニュー中津1F
TEL.:06-6373-0330
営業:11:30~14:00 / 17:00~24:00
定休:第二・第四日

2009年3月 8日 (日)

アヤムカレー / ルー・デリー (東心斎橋)

Rue

先日、あてもなくネットを徘徊してると、“ルー・デリー閉店”いう情報が引っ掛かった(正確には宮崎に移転との事らしいが)。
結構昔からあるカレー店だったけど、私が行ったのは7~8年位前だったか。
いわゆる欧風カレーとは毛色の違うカレーは、当事ピンと来なかった。
以来今日まで足が向くこともなかったし、閉店までに食べておこうとも思わなかった。
それがこの日店の前を通りかかった時、何故かふらっと入店してしまったのは、ポカポカ陽気のせいだろうか(笑)。

中の様子は、以前とあまり変わってない・・・ような。(といっても今日で三度目)
昔は親父さん一人だった気がしてたのが、今は親父というにはやや若いスタッフが2名。
私の勘違いでなければ、代変りでもしたんだろうか。
それにしても、この日は当然のように馴染み客ばかりで、まさによそ者気分(汗)。
取り合えず、以前はビーフカレー一筋だったので、今回は
アヤムカレー(¥1500/辛さ5倍)を注文。
因みに一番安いメニューはビーフカレー(¥1100)で、全てのカレーにはサラダとミニラッシーがつく。
今日まで忘れてたけど(汗)。
10分ほどして、まずサラダ&ラッシーと薬味が出され、カレーが出てくるまでさらに10分ほど待った。
ごはんとセパレートになったルーには、ぶつ切りのチキンが7~8個ほど。
ルーはしゃばしゃば。
食べてみると、まず塩辛さを感じる。
そうそう、こんな味だったなと思いつつ、以前のような違和感は感じない。
そのうち、食べ馴染みのある、懐かしい感じがしてきた。
しばらく食べ進んで、そうだ京都の「インデアン」と似てるんだと思い至る。
(といっても、半ば体感的な印象で、その共通点を上手く説明できない。似てないといわれたらまぁそうなんだけど…。)
それより何より、今回食べて素直に旨いと感じてしまった。
欧風カレー一辺倒だった当事の私には、この味が分らなかったんだろうか。
(でも京都のインデアンは最初から旨いと思ったけれど)
何とも残念な再会でした。

因みに店主とお客との雑談によると、いずれまた大阪に復帰したいそうな。
まずは新天地でぶいぶい言わせて、いずれ大阪には支店として凱旋という事になるのかな。

補記:閉店('09/03/10)

--------------------
RUE DELHI
住所:大阪市中央区東心斎橋1-18-2 アマキビル1F
TEL.:06-6245-9430
営業:11:30~21:00 / 11:30~20:00(日・祝)
定休:第3水・木

2009年2月19日 (木)

ハンバーグセット / ボストン (天満橋)

Boston_455

数年ほど前から、メディアやネットで急に見かけるようになった、昭和町にあるこちらのお店。
するとここに来てぽこぽこ支店も出始め、1/10にはOMMビルに新たな支店がオープン。
近々機会を見て行こうと思ってた所、タウン誌とのコラボで夜限定の半額セットを出す事を知る。
まさにベストタイミング!
そのBOSTONハンバーグ特別セット(¥1140)、大根サラダ(S)とボタージュスープにライス(orパン)、ソフトドリンクがついたもの。
普段、夜営業でセットメニューが一切ないのも意外なら、改めて単品だと結構いいお値段だなと感じる。
最初に大根サラダとスープが出され、それを食べ終えた頃にハンバーグ登場。
200gという事らしいけど、小さく感じる。
ほどよく肉汁をく含んだ、硬すぎず柔らかすぎずな食感は、オーブンで焼き上げたせいだろうか。
デミグラスソースも含めて、まさに王道の味と感じる。
ただ、良くも悪くも、あまり個性を感じない味だとも感じるけれど。

※このセットは2/24まで。ただランチタイムは普段からサラダとライス(orパン)がついてくる

--------------------
ハンバーグレストラン BOSTON
住所:大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビルB2F
TEL.:06-6945-5515
営業:11:00~15:00 / 17:00~22:00
定休:日の夜の部 

2009年2月 3日 (火)

究極のハンバーガー / カフェスイス (難波)

Cafeswiss

こちらのブログとスイスホテルのコラボによるハンバーガーで、その名も「究極のハンバーガー」(¥1,848)という。
1日10食のみの期間限定品で、実は既に一度行ったのだけど、その時はホテルが急遽開始時間を早めてた事もあって、既に売り切れてた。(告知後の安易な予定変更は全く勘弁して欲しい)

それにしても待った。
周りでバイキングを楽しむ客を尻目に、注文してから20分以上待ったんじゃないか。
そうして出てきたハンバーガーは、思ってたより小ぶり(横長なのでそう見えるだけ?)

パンズに挟まれてるのは、厚手のビーフパテに、ポークとチキンのスライス肉。
他にはレタス、トマト、チーズ、目玉焼、といった所か。
つけ合わせにはフライドポテトとミニサラダ。そして特製マヨソース(スパイシーマヨネーズ)がたっぷりついてた。

食べてみると味、食感共に軽い。
中にソースはかけられてるようだけど少なめで、具材の味がよく感じられる。
といっても、やはり圧倒してるのはジューシーなビーフパテで、次いで目玉焼き。
ポークやチキンは、存在感は感じられても、影は薄い。
パンズは、これ専用に作られたものだそうだが、肉汁を吸わせたいのだろうか、ややパサパサな感じで、私的にはイマイチかなあ。
マヨソースはたまに使ったけれど、具材の味を殺す感じがして、あまり使わず。

それにしてももの凄く食べやすい形と大きさで、両手でがっつり行きたい位だったけれど、実際はフォークとナイフでゆっくり味わいました。
軽くて上品な味わいがこれの特徴で、ある意味グルメバーガーの王道だと感じる。
でもその上品さが、私に食後の余韻を今一つ残さなかった・・・気もする。

--------------------
カフェスイス
住所:大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル南海大阪 6F   [ホテルHP]
TEL.:06-6646-5270
営業:11:30~21:30