最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

グルメ- 洋食 Feed

2008年12月31日 (水)

カツカレー&スパイスライス / ゴヤクラ (長堀橋)

Goya_katsuGoya_katsuGoya_katsu

先日、年末スペシャルとして2種類のカレーを出したばかりだけど、年末になって改めて限定メニューが出た(12/31~1/3)。
スパイスライスと言う、内容としてはカレーチャーハン様なもので、通常メニュー注文時にお願いすれば、白ごはんをこちらに変えてくれるそうな。

今回は、カツカレー(¥700)を件のスパイスライスでとお願いした。
カツカレーは、ここのレギュラーメニューで唯一未食だったので。
でも、これはミスチョイスだった。
カツカレーは、他のメニューにも増して濃い味で、またトンカツソース(?)っぽいルーまでたっぷりかけられては、スパイスライスの風味はほとんど感じられない。
白ごはんにこそ合う組合せだよなあ・・・失敗した。
ところでこのカツカレー、今あるビーフカレー共々、来年(2009年)1月にもメニューから消す予定だそうな。
理由は不明ながら、多分不人気メニューだったんだろう。
個人的には、ここのレギュラーメニューではチキンキーマが一番好みだし、同じ思いの人は多い気がする。

因みに今回のスパイスライス、注文を聞いてから1人前づつ作るので、手間も時間も結構かかる。
その様子を見ていて、案外店主は相当なMなのかもと思ったり(笑)。

--------------------
ゴヤクラ
住所:大阪市中央区南船場1-12-27 安堂寺第三ビル2F
TEL.:非公開
営業:11:30〜15:00 (日・祝 12:00〜)
定休:水曜   (※'09/03更新) 

2008年12月25日 (木)

ダブルクォーターパウンダー・チーズ / マクドナルド (心斎橋)

Dqpc

最近プチ節食中だったのが、近くにきたのでつい立ち寄ってしまった。
マクドドナルド周防町店。
ニュースなどでも話題になってたように、23日から3日間、クォーターパウンダーなるメタボバーガーが記念価格で販売されてました。

店は人でいっぱいだったものの、意外と並ぶことなく買えた。
今日のメニューは、
クオーターパウンダー・チーズset(ポテトSとコーラS付/¥500)と、
ダブルクォーターパウンダー・チーズset(ポテトSとコーラS付/¥600)の二種類のみ。
節食中なのに、ダブル~を注文してしまう。
(後で知ったけど、これ単品だと¥480~490だそうな。普段からセットものは割高だと思ってる私的には、全くお得じゃなかったのな。)

中身は1/4ポンドのパテ、刻み玉葱、ピクルス、チーズ、ケチャップ、マスタードとシンプルなもので、味もマクドナルドのいつもの味。
ただやはり少し肉々しい味ではあったけど。

完全にメガマックとかぶる商品だと思うけど、どっちがメニューとして生き残るんだろうか。
やっぱり、メガ~が消える運命?
私はどちらももういい。
だってこの商品、1コ830カロリーで、セットだと1424カロリーもすると聞いてしまうと…(ありえん)。

--------------------
マクドナルド御堂筋周防町店
住所:大阪市中央区西心斎橋1-5-12 エステムスクエア心斎橋
TEL.:06-6281-4552
営業:24h

※同メニューは当座はここと[御堂筋新梅田店](新梅田食道街内)で販売されるそうな

2008年12月22日 (月)

特製ビーフカレー / ゴヤクラ (長堀橋)

Goya_toku

年末スペシャルカレーを求めて、昨日に続いてゴヤクラ訪問。
昨日も、お客の中に二種類を連食してる人もいたし、案外そういう人は多いのかも知れない。
でも私には無理。
そこで連荘訪問となった。(持ち帰り可だったらいいのに…)
今回は、特製ビーフカレー(¥1000)
ブラックシーフードとも普段のビーフカレーとも違って、かなりマイルド。
一瞬ビーフでなくポーク?と思ったほど(私だけ?笑)。
でもって、自然な甘味。
玉葱を大量に入れてるのかと思ったら、フルーツも結構入ってるそう。
王道な味だとも思うし、万人受けする味だとも思う。
でも私には少しおとなしい印象かなー。

P.S.ところで 昨日食べたブラックシーフードカレーの黒味の正体。ひじきだそうな。言われなければ分らなかったけど、言われてみるとあの味の癖というか、えぐ味も納得がいく。

※テイクアウトできるらしい('09)

--------------------
ゴヤクラ
住所:大阪市中央区南船場1-12-27 安堂寺第三ビル2F
TEL.:非公開
営業:11:30〜15:00 (日・祝 12:00〜)
定休:水曜   (※'09/03更新) 

2008年12月18日 (木)

ブラックシーフードカレー / ゴヤクラ (長堀橋)

Goyaraku_bsfpg

今では人気店の仲間入りをした感もあるカレー店。
その理由の1つに、頻繁に供される限定カレーにあると思うのだけど、今回もそんな限定モノを求めてお邪魔した。
今回は年末スペシャルと銘打たれた、“ブラックシーフードカレー”と“特製ビーフカレー”の2種類(各¥1000)。
ブラック~を(ご飯少な目で)注文した。
明らかに入ってると分るのは、イカと海老。(あとホタテも入ってる?)
食べてみるとスパイシー。
そして名前の通り、海の風味がすごく強い。
というか、ちょっとえぐ味さえ感じたほど。
最初イカ墨?かとも思ったけど、ルーの黒さにイカ墨や黒胡麻は使ってないとの事なので、えぐ味の正体はもしかしたらそのせいとか?

何だかんだいいつつ、結局美味しく頂いたんだけど。

--------------------
ゴヤクラ
住所:大阪市中央区南船場1-12-27 安堂寺第三ビル2F
TEL.:非公開
営業:11:30〜15:00  (日・祝 12:00〜)
定休:水曜   (※'09/03更新)

2008年10月27日 (月)

オムレツカレーライス / Katsui (そごう心斎橋店)

Katsui_230

そごうのイベントで出品中のこちら。
メニューを見ると、一応目玉商品のミックスフライ定食も含め、殆どがフライもの。
その中で唯一違うメニューで、なおかつ一番安いオムレツカレー(¥801)を注文した。
メニュー特に何の説明もなかったので、いきなりサラダと野菜スープ(ミネストローネ風)が出てきた時はちょっと戸惑った。
てっきり出し間違いかと聞いてみると、そうではなく、元々セットになってるそうな。
それどころか、サラダもスープもお代わり自由だと言う。
驚きの大盤振る舞い。
お店で食べてもこんな感じなんだろか?

Katsui_228とはいえ、当初お代りするつもりはなかった。
それが、この後店員さんが入れ替り立ち代り、お代わりはどうかと度々勧めてくれるので、結局どちらも1回づつお代わりする事に。
スープは煮詰まってたのか若干塩気が強かったけど、サラダ共々そんなしょぼい味ではなかった。

そしてメインのオムカレー。
こちらはやや拍子抜けするほど、癖のないマイルドな味わい。
上に乗ったオムレツは中半熟のフワトロ状態で、カレーとの相性もいいし、美味しいとも思うけど、全体としてはおとなしい印象かなぁ。
食べてて思ったのは、ここは元々アラカルトで色々飲み食いするお店だったという事。
なので、そういう食べ方を前提に、洋食屋でありながらあえてあっさり志向なのかなと。
真偽は不明だけれど、食べ飽きはしない味だと思うし、どちらにしてもこれだけサービスがいいと、不満などあるはずもない。

--------------------
洋食 Katsui
住所:大阪市中央区東心斎橋1-2-17 第一住建東心斎橋ビル1F
TEL.:06-6252-7014
営業:11:30~15:00(金・土・日のみ) / 17:00~23:30
定休:月

2008年10月23日 (木)

カレーライス / 伊藤グリル (そごう心斎橋店)

Ito

Savvyとのコラボによる、そごう心斎橋店のイベント(~10/27)で出店中の老舗洋食店。
メニューは、ハヤシライスもあったけど、カレーライス(¥893)を選ぶ。
若干黄色味がかったカレーは、ひと目でコク重視の煮込み系カレーだと分る。
ただちょっと量が少ないのは、イベント仕様という事だろうか。
そして食べてみて、ちょっとびっくり。
ものすごくバターが効いてる。というか効きすぎ。
バターの味をハイカラだと思われてた時代の名残だろうか。
煮崩れない程度に煮込まれた肉は、食感もいいし肉質自体もいい感じ。
カレーも、味のベースは決して悪いとは思わない。
ただこのバター味はもう少し控え目にできないものか…。

--------------------
伊藤グリル
住所:兵庫県神戸市中央区元町通1-6-6
TEL.:078-331-2818
営業:11:30~14:00 / 17:00~20:00
定休:水

2008年10月 8日 (水)

旨辛カレー / ワイヤ (肥後橋)

Waiya 昼に辛口カレーを出す海鮮居酒屋があるとこれまでにもちらほら噂に聞いてはいた。
ただお店のサイトを見ても一切何も書かれておらず、これは期間限定メニューだったのかなとも思ってたら、やっぱりやってるみたいだとの友人の言。
近くに来たついでに寄ってみた。

お店は靴を脱ぐスタイルの小さな海鮮居酒屋といったところ。
メニューは色々あったが、ここは迷わず注文。
旨辛カレー(大)+卵+ハチノストッピング(¥680+100+50+150)。
しばらく待って出てきたそれは、見た目からは辛そうな感じは全くしない。
ルーに具がほぼ煮溶けてる感じは、「肥後橋南蛮亭」にも似た感じ。
(後で知ったが、海鮮居酒屋らしく海老出汁で作ってるそうな)
食べてみると、味はむしろコク深で甘みもあって、思ったほど辛くはない。
この辛さなら卵なしでも問題ないなぁ…でもハチノスとは結構相性いいな。
そんな事を思いながらもぐもぐしてると、徐々に喉がじりじりして来た。
唐辛子系の辛さで、旨みと辛味が融合してない、無理やり辛くしたような感じ。
でも半分近く食べたこの時点では、まだ多少余裕があった。
それが、何も考えずつい水を口にした途端、強烈な喉への刺激(痛み)が!!
やってしまいました…。
鼻水は出てくるわ、片目だけ涙も出てくるわで、もう味わう余裕は一気になくなる。
おまけに大なんか頼んだもんだから、この時点で結構腹は膨れ気味だった所に、ジョッキに入った冷水も、お代りせずにはおれない。
何とか完食したものの、完全に水腹できつかった(汗)。

個人的印象で言うと、辛さは南蛮亭以上、ハチ以下といった感じだろうか。(ハチは日によって辛さに差があるけど)
旨かった事は間違いない。
ただ旨みと融合してない辛さは、私的には遠慮したいなぁ。
辛いなら辛いで、旨みも感じられる辛さであって欲しい。

ところでこの時、他の客が食べてた鯛の兜煮が旨そうで、それが妙に印象に残った(笑)。

--------------------
漁港直送海鮮七輪焼き ワイヤ 江戸堀店
住所:大阪市西区江戸堀1-23-12 Boo高木ビル1F
TEL.:06-6447-8333
営業:11:30~14:00 / 17:00~24:00(L.O.23:00)
定休:日・祝

2008年10月 7日 (火)

チキンカレー / たべてん (淀屋橋)

Tabeten 少しに、通りかかって偶然見つけたこちら。
関西人(だけ)には有名な、林繁和パティシエプロデュースのカレー店らしい。
これは穴場発見とほくそえみつつ、近々行ってやろうと思ってたら、ほどなく雑誌などでドカドカ紹介され始め、穴場でなくなった妙な敗北感が…(笑)

とりあえず日を改めて訪問してみた。
店内はこ洒落たカフェ風で、天井も高くて広々している。
メニューは基本的にチキンカレーのみで、トッピングで多少バリエーションがあるくらい。
チキンカレー(大/¥950+200)のたべてんセット(¥400)を注文。
(※基本的にこのカレーはチキンが基本)
カレーは見た目も味も、明らかに欧風…なんだけど、他所にはないすっきりとした味わい。
全くくどさがなく、マイルドで、味に濁りがない。
初めて食べる味かも。
別途、頼めば持って来て貰える辛味調味料は、辛味スパイスを漬け込んだオリーブオイル?
優しい辛さで、これは言うほど辛くはならなかった。
あと、セットでついてきたサラダ及びアイスプチシューは、悪くはないけど量は少ない(特にシューは)。

林繁和のカレーなんて、はったり半分だろうと軽く考えてたけど、ちょっと舐めてたかも。
ただ、一番安いチキンカレーでも950円と言うのは、ちと割高に感じるけど。

立地もイマイチだし、ビルの地下だし、表の看板も真っ白で分りずらい。
頑張って欲しいとは思うけど、値段も含めてちと強気過ぎでは?

追記:居酒屋に業種転換した('09)

--------------------
林先生のカレー たべてん

住所:大阪市中央区平野町2-6-13 平野町ラガービルB1F
TEL.:06-6209-8843
営業:
11:00~21:00(平日) / ~16:00(土・祝)
定休:日

2008年8月14日 (木)

カレー / ラ・ガレラ (難波)

Lagalera お昼時、店のあるビルの前でいつも呼び込みをしているカレー店があるのは知っていた。
本来は飲み屋らしい事も。
ただ、ビルの地下にあって、呼び込みなしではなかなかふらっとは入りにくいのも事実なんだけど、さりとて呼び込みしてる中入るのも、それはそれで抵抗がある。
なのでこれまで利用したことはなかったのだけど、今回周辺の店が軒並休みだった事もあり、思い切って入ってみる事に。
呼び込みの兄さんに「入っていいですか?」と聞くと、「どうぞ」と直接店まで案内される。
導かれるまま雑居ビルの狭くてうねった階段を下り、殆どコンクリートむき出しな穴倉のような地下に案内される。
おいおいこれはちょっと怪し過ぎだろと心の中で思いつつ、これまた小さな扉を潜ると、中は小さなバーだった。
この時、呼び込みの兄さんは、店主でもあった事を知る。
カウンター5席ほどのお店は、席にとても全員は座れないだろう狭さで、薄暗く、店内には30~40年前の空気がそのまま留まってるような感じがする。
メニューはカレーライス(¥500)のみ。
(ハヤシライスの貼り紙もあったけど、多分この日はやってなかったと思う)
食べてみると、甘からず辛からずの、かなりよく煮込まれた、予想以上に本格的な味だった。
ルーに具は見当たらなかったのは、煮溶けたせいだろう。
コク深でトロミも結構あって、なかなか旨い。
口当たりややザラッとしてるのは、具をミキサーにかけたせい?
値段もリーズナブルで、こ洒落たカフェでこれを出されたら、結構人気がでるかも知れない。
でもこのロケーションでこの味では、あまりに中庸すぎて面白くない。
例えば、驚くほど程超激辛だとか、ルーが白いだとか、実は物凄くローカロリーだとか、何か売りがないと辛いんじゃないかなぁ。
ただ普通に旨いだけで特徴がないと、クチコミも期待できない。
どうせならもう少し工夫して、連日の呼び込みが報われて欲しいと思う。(余計なお世話か)

P.S. そういや昔、このビルの2Fのゲイバーが、芸能関係者御用達という事で、連れられて行った事があったっけ。
当時の芸能裏ネタもちょろっと教えて貰ったりしたもんだけど、今もあるのかな。

--------------------
ラ・ガレラ
住所:大阪市中央区難波4-5-7  PLAZAレスパルB1F     0814

2008年6月27日 (金)

淡路島バーガー / 淡路屋 (西宮/兵庫)

Rnm91x9k 前から少し気になってた、淡路産の食材で作る事にこだわったハンバーガー店。
お昼時に行くと、少し列がてきていた。
どうしたものかと思ってたら、列は持ち帰りの客で、何とか少し待って食べる事が出来た。

元物置だった風(失礼)なお店は、カウンター5席のみで、エアコンからは何故か白い煙がモクモク出ていて、やば気な雰囲気(笑)。
メニューはシンプルで、淡路バーガーのレギュラーかラージのいずれかのみ。
あと、トッピング4種類(ベーコン、卵、オニオンフライ、チーズ/各100円)をつけるかつけないか。
結局、淡路バーガー(L)に、トッピング全部付けで注文した。
占めて1050円也。
結構待った後、高さ10数センチはあろうかという巨大バーガーが、アルミホイルに包まれてやってきた。
アルミホイルを半分破って押しつぶして食べろというような案内が書かれおり、それに従ってかぶりついたが、この方法ははっきりいって危険。
肉汁やら卵(半熟)やらの汁が、アルミの結び目からあふれ出てきて、えらい事になった。
トッピング全部つけたせいもあるにせよ、これは水漏れしない袋にでも入れて出してくれないと、まあ食べずらいったらない。
ただ、味の方は抜群だった。
揚げたてのオニオンフライは香ばしくもサクサクした食感で、半熟の目玉焼とベーコンの旨味も効いてる。
激旨。
ただ、とめどなく垂れてくる汁を何とかしつつ食べるのに必死で、落ち着いて味わう余裕はなかったけど(笑)。
なので、これがトッピングなしだとどうだったんだろうかとか、何ともいえない。
かといって持ち帰ったら、フライはふやけて確実に味は落ちるだろうし、困ったものではある。

でもこのお店、水も出してくれないし、エアコンにしろ、椅子とテーブルの高低のギャップがひどいとか、味以外の部分では色々問題がある。

--------------------
good淡路屋
兵庫県西宮市池田町4-1
TEL.:080-3036-4373
営業:11:00〜20:00
定休:水