最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

グルメ- 亜細亜 Feed

2009年12月29日 (火)

ミックス(A)・チキン / カシミール (北浜)

Kasimir

今年行けてなかったカシミールに、久しぶりに訪問。

着くと開店前から当然のように既に列が。
そしてこれまた当然のように、予定時間を15分ほど過ぎて開店した。

カウンター10席程度の小さな店内は、仕込みで熱気が篭っており、かつ密閉空間なので酸素が薄い。
が、誰もそれを気にする風もない(笑)。

さて、ここからさらに待つことになるのもお約束。
大体カレーは、一度に2人分ずつしか作れない。
かつ、その2人分を作るのに10~15分位掛かるので、行列が後ろのほうだと、相当待つ事を覚悟する必要がある。
そのため注文も、間を開けて数人ずつ聞いていくのだけど、これがちょくちょく間違われる。
この日も、ミックス(A)の卵付きのチキンを5辛で玄米で、とお願いしたが、出てきたのはミックス(A)のチキンで、白米(¥1.000)だった。
その上、これって1辛(普通)では?と思える辛さ。
初めて聞くと呪文のようにも聞こえるこの注文方法、多くの客が同様に注文してるんだけど、店主的にも時々混乱してしまってるんじゃないかと思う。
(因みに、ミックス(A)は肉+野菜で、ミックス(B)は肉+野菜+卵。この場合、肉をビーフ・チキン・マトン・キーマから選び、白米か玄米かを選ぶ。辛さは確か5倍毎に¥50増し。)

でも、いいのです。
ここのカレーは、何を食べても旨いから
(個人的に、ほうれん草とチーズのカレーは除く)。

久しぶりのこの味に、しばし舌鼓。
ここの何風ともいえないカレーは、ほんと他所では味わえない味で、嫌いな人も多いだろうが、ハマる人はとことんハマる。
(濃厚こってりな食事が好きな人には、ここは頼りない味なんて思うんじゃないか)

そういや数年前、松屋町の錬で、数日間限定で営業されたこちらは、ここにかなり影響を受けたと思われるカレーを出してたけど、あれも美味かったなぁ。

そんな2009年最後のカレーでした。

--------------------
カシミール
住所:大阪市中央区東高麗橋6-2
TEL.:06-6944-8178
営業:12:00頃~14:00頃(売り切れ次第)
定休:土・日・祝

2009年4月 1日 (水)

インドカレー / クラブ・ターリー (SOGO心斎橋店)

既に終わったイベントについて書くもどうかと思うが、個人的には他人のそういう記事を読むのは嫌いじゃないので、書くことにした。

SOGO心斎橋店で今年も始まった、あまから手帖後援による「関西旨いもの選」なるイベント。
色んな店が出店してたけど、今回唯一イートインできるお店は、初耳だった「クラブ・ターリー」によるカレーのみ。
あまから手帖等でライターもされてる、カワムラケンジさんによるものだそうな。
お店は現在休店中らしいが、いずれにしろ私にはさっぱりピンと来ない(笑)
ただ、イベントの目玉になる位だからそれなりのカレーなんだろうと、軽い期待を込めて食べてみた。

Thali_lunch

鶏のひき肉カレー定食(¥1000)
ランチ専用で、昼のメニューはこれ1つのみ。
右に添えられてるのは、じゃがいものサブジ、左は水菜のサラダ(その下に野菜スティック様のスパイス漬も)。
店内にあった説明によると、スパイスと具材だけで作った味だそうだけど、それが嘘だろうと思えるほど癖もなく食べ易い。
ただ、良くも悪くもあの独特の香辛料臭さもなくて、“薫るカレー”というキャッチコピーにはピンと来なかったけど。

Tahli_dinner1

Tahli_dinner2

野菜カレーディナー(¥1800)
日を改めて夜も頂いた。
こちらは夜のみのメニューで、キチンカレーと二種類選べた中で、こちらを選んだ。
添え物は、青梗菜の炒め物と、玉葱の酢漬け…だったかな?
別皿のものは、梅豆粥だそうな。
野菜カレーという事で、具材一覧に書かれてた“肉もどき”なるものは、お麩か高野豆腐だと思う。
それ自体は肉という感じは全くしなかったけど、このカレーもブイヨンの類は一切使ってないとはとても思えない味。
何の違和感もなく、美味しくいただいた。

因みに最終日に出す“と告知されてた“謎のスペシャルカレー”は、ランチカレーのサフランライスがスパイスチャーハンに代わったものだった。
以前ゴヤクラで似たものを食べた時、カレーキングに教わったと言われてたけど、今ピンと来た(笑)

とまあ、総じてどのカレーも優しい味でした。
スパイスと野菜だけで味を作ると、こういう優しい味になるのかな?
それとも、大阪の地野菜など材料にはかなりこだわってたようなので、最初から具材の味を強く出そうというコンセプトだったとか?
値段は割と高めだったけど、そのこだわりを思えば、まあ止むを得ないのかも知れない。
ただ強いて言えば、ルーに対してやけにライスの量が多いとは思ったけど(笑)

 ---
club-THALI(クラブ・ターリー)

2008年9月20日 (土)

ミックスカツカレー / 王様のスプーン (南森町)

king_of_spoon.以前、通りすがりに見つけて以来、気になってたこちら。(2006/11オープンだったよう)
最近はネットやタウン誌でも時々見かけるようになったけど、話題にされるのは決まって冷やしカレー(夏季限定)で、他の事はよく分らず。
とりあえずミックスカツカレー(¥950)を注文してみた。
見た目から、てっきり欧風カレーを出す店とばかり思ってたら、思いっきりスパイスの効いた亜細亜風カレーだった。
ルーもしゃばしゃば。
味は、マイルドといっていいのかなぁ。
ただ香辛料の香りは強いので、苦手と感じる人もいるかもしれない。
というか、薬膳カレーがここのコンセプトらしい。
でもこのトッピングで、薬膳カレーとしての意味合いがどれほどあるかは、疑問だけど(笑)。
味は、個人的には嫌いじゃない系統だった。

--------------------
王様のスプーン 薬膳スパイスのヘルシーカレー
住所:大阪市北区西天満5-11-4
電話:06-6362-8028
営業:11:00~15:00 / 17:00~21:00 ・ (土 11:00~15:00)
定休:日・祝

2008年6月 9日 (月)

ミックスカレー / コロンビアエイト (北浜)

0sazspac 5/12にオープンしたばかり(らしい)のカレー店。
お店は小さなビルの2Fにあって、非常に目につきにくい。
1Fに最近出来たイタリアンが目に留まらなかったら、一生気付かないままだったかも(笑)。
店内はカウンター6〜7席ほどととても小さく、バーっぽい。
(実際‘カレー&酒’と書かれた看板もあった)
メニューは、カレーが5種類ほどだったろうかか。
ミックスカレー(1000円)を注文。
どのカレーもドリンク(グレープフルーツorマンゴーorミックス)がおまけで付くが、ミックスは卵(生or温泉)もつく。
肝心のカレーは、野菜+キーマ+豆じゃがの組合せ。
出てきたものは、キーマカレーに素揚げされた野菜と豆とじゃがいも、あとピクルスが入ったものだった。
どうやらどのカレーもルーは共通?
ごはんは黄色く、サフランライスかと思ったら、これはどうもカレー粉?
カレー自体はマイルドで、ごはんが若干スパイシー。
欧風でもインド風でもない、独特のカレー。
ちょっと垢抜けない感じもするけれど、これはこれでアリだな。

--------------------
Columbia8
大阪市中央区道修町1-3-3-2F
営業:11:30〜14:30 / 17:00〜21:00  (11:30〜17:00 土)
定休:日

2008年6月 6日 (金)

南インドカレー / 亜州食堂チョウク (福島)

Qlegiolt 先月18日だったか、朝日放送の特番でチラッと紹介されたのを見て心惹かれ、日を改めて行ってきた。
5/12オープンの、できたてホヤホヤのアジアカレーを出すお店。
店は言葉通り裏通りにポツンとあって、多少土地勘がないと見つけにくいかも。
基本的には南インドカレーのお店という事だけど、メニューは主に南インドカレーのミールス(野菜)とスリランカカレーのナシカンダールの2つの定食のみ。
ミールス(850円)をジャスミンライス(香り長粒米/100円up)のライス大(100円up)で頼んでみる。
定食という事で、メインのカレー以外に、豆カレーと炒め野菜とヨーグルトがついてくる。
メインのカレーは日替りのようだけど、この日はオクラだった。
カレーはどちらも完全にスープ状で、これは予想通り。
ただいわゆる食べ馴染みのあるインドカレーと違って、ココナッツミルクも入っておらず、スパイシーなんだけどいわゆるカレー味もさほど強くなく、野菜スープのよう。
(方向性は「はるにれ」のスープカレーに近く、あれよりもあっさり)
香辛料もちょっと独特。
味的なインパクトはないんだけど、優しい味わいで、毎日でも食べられそう。
なかなか他所では食べられない味だと思う。
(南インドのカレーはこういうものらしく、大阪では都島にもあるようだとは、お店の方の言)
個人的には嫌いじゃない。
ただ万人受けするかは微妙かも(特にこってりカレーを志向してる人には)

次はナシカンダールだな。

--------------------
亜州食堂 チョウク
大阪市福島区福島2-4-17 
TEL.:06-6453-0020
営業:11:00~15:00 / 17:30~20:30  ※データ改定('09/01)
定休:土の夜営業・日・祝は不定

2008年5月23日 (金)

3色カリー / バンブルビー (本町)

T_vmyef3 昔から名前だけはよく見聞きしていたインドカレーのお店に初訪問。
元々飲み屋だったかのような派手な装飾の店内は、壁に25種類のスパイスが並べられてて、何やら期待させる。
メニューは色々あって迷ったものの、 3色カリー(950円+週末限定ビリヤニ 400円up)サラダ(鶏とキノコのワインマリネ 200円)を注文。
ビリヤニとは炊き込みご飯の事で、普段は玄米らしい。
また、3つのカレーの1つキーマカレーは、肉を3つから選べるそうで、今回は鴨にした。
出てきたカレーは、いわゆるアジアカレーで、結構具沢山。
ただ思いの他スパイシーで、ビリヤニも結構スパイシーとなると、味覚が鈍化してしまい、それぞれの味を区別しずらい状況に。
どれを食べてもしっかり味がついてて、メリハリもなかった。
せめて玄米にしとけば、舌をリセットできたかもなあ。
美味しいんだけど、明らかに頼み方を間違えた。
また、ワインマリネはサラダという事で頼んだのだけど、これまた濃厚な味がついてて、むしろ酒のアテのよう。
サラダも3種類から選べたけど、他のものを選ぶべきだったかも…。

--------------------
バンブルビー
大阪市西区西本町1-14-2 住吉ビル1F
TEL.:06-6534-0894
営業:11:00〜16:00
定休:日

2007年12月28日 (金)

シーフードスープカレー / らっきょ (レトルト)

2s8fymgs 同じシリーズのチキンカレーがそれほどの味ではなかったので大して期待はしてなかったけど、そんな期待に見事応える味だったといえようか(笑)
具材として、海老、イカ、ホタテなどが入っていて、旨味も出てたけど、具材自体は煮込み過ぎな感じで味が弱い。
何より、カレースープ自体に海老のえぐ味が強く感じられるのが特にイケてない。

全体的に酷い味とまではいえないけど、この値段(¥798)ならまず再度買わないな。
ってこれ、もう製造してないらしいけど(笑)。

http://www.spicegogo.com/

2007年10月22日 (月)

小龍包定食 / 金華酒家 (北浜)

Ymi7z3tc よくある庶民的な中華料理店。
と、思ってた。
でもある日の昼、何気に入り口横に掛かってたボードを目にして興味を引いた。
小龍包定食とは珍しや。
他に、日替わり定食もあったけど、そちらには全く食指は動かなかった(笑)。
日を改めて突入。
店内もテーブルが幾つか並んだ、小奇麗ながらもシンプルでこじんまりした店内。
二階には宴会部屋もあるらしい。

メニューもろくに見ず、小龍包定食を注文。
味は・・・思ってたより普通でした(笑)。
でも金華ハム炒飯とか、一品ものにそれなりに本気さを感じさせるメニューを見るにつけ、普通の街の中華屋とは明らかに違う匂いはするのだけれど…。

---------------------------
金華酒家金華酒家
大阪市中央区道修町2-2-1
TEL.:06-6202-4021

2007年10月20日 (土)

ナンミックス / ハウス食品

T1ykesr_ 最近、家でカレーを食べる時は、大抵これのお世話になっている。

ある日たまたま買ってみたら、予想以上に本格的な出来の良さと美味さに、軽くハマってしまったと。
ただその時買った所では、宣伝を兼ねた一時的な販売だったようで、その後結構探した。
成城石井にあると分ってからは、いつでも買える安心感に今はある(笑)。

何しろパンと違って、簡単かつあっという間に作れる手軽さがいい。
そして、出来立てというのもあるにせよ、旨い。
カレーならほぼ何でも合うと思うけど、個人的には濃厚なカレーほど合うような気がする(プレーンの場合)。
でも焼くのに若干コツが必要。
下手を打つと、うまく膨らまないんだよね(私だけ?)。
生地をよく伸ばし、軽く蒸らしを入れるとよいような。

http://housefoods.jp/

2007年10月17日 (水)

スープカレー(チキン) / マジックスパイス (レトルト)

Etov_ybt 細かく刻まれた野菜が多く入っていて、スープカレーというより野菜チゲスープのような見た目。
辛味スパイスとして、ペーストと一味の小袋が別途ついていたが、迷いなく両方入れて食べた。
いやいや、こんな辛くなるのか。
最初に気管に入った時は、しゃれにならない位にむせた(笑)
まあ落ち着いてみれば、食べられない辛さじゃなかったけど。
因みに唐辛子系の辛さ。
味はお店のものとはやっぱり少し違った。
店の味は、もう少しアジアンな香辛料の香りと味があったけれど、こちらにはそういう部分がさほど感じられない。
ただカレー味が強すぎない所や、若干酸味が効いてる所などは、似てるといえなくもないかな。
個人的には、また買おうかなという気にはさせる味ではある。

補記:今調べてみると、最近この商品、微妙にリニューアルされたような?多分ベースは変わってないと思うけど。

--------------------
発売元:明治製菓
定価:452円