最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

グルメ- 麺類 Feed

2010年10月20日 (水)

煮干し鶏豚骨つけ麺 / JUNKSTORY谷町きんせい (谷町九丁目)

10/11~20の限定で出されてるつけ麺を頂くべく、お店に向う。
最終日だったせいか、開店まもない時間の訪問でも、狭い店内は人で一杯。
まあ大阪市内で最近オープンした新店じゃ、1番のクオリティだもんなぁ(あくまで私見)。
そして、その煮干し鶏豚骨つけ麺味玉付の大で注文(900+100+100)。
並だと200gだとちょっと物足りない。
でも大だと350gとなって、ちょっと多い。
どうしたものかとちょっと悩んでしまった。

JUNKSTORY谷町きんせい

で、肝心の味は、醤油辛さがまず来て、次いで唐辛子のピリ辛が続く。
後で、柚子皮が入ってたのが確認できたけど、はっきりいって味が濃過ぎてよく分からなかった。
個人的には、ラーメン軍団の「こく醤油つけ麺」と少し似た印象。

麺は全粒粉入りのストレート麺で、正直このつけ麺の一番の売りはこれでは?と思う。
美味しい。
ただ私が食べた時がたまたまだったのか、麺が微妙に茹で過ぎてる印象。
若干水を吸いすぎたような、やや歯ごたえがない感じ。
ここで最初に食べた時は、違う麺だったけど、明らかに麺に歯応えがあったし、私はそれがきんせいのつけ麺だという印象があったので…。
でもこれが店主の好みなのかも知れない。
まあ概ね満足感は得られたし。
ただ量はやっぱり少し多かった(笑)

あと、こちらのスープ割り。
私はかなり薄めて飲みたい派なので、割りスープをとっくりで持ってこられると少し困ってしまう。
レンゲでつけ出汁を少しすくっては、そこに割りスープを入れていちいち飲んだけど、我ながら不細工な飲み方だと思う。
余分のつけ出汁を捨てるためのとっくりか器でも欲しい所・・・まあ言えばくれるかも知れないけど。

--------------------
JUNKSTORY 谷町きんせい
住所:大阪市中央区高津1-2-11
TEL.:06-6763-5427
営業:11:00~14:30 / 18:00~22:00
定休:火・第2月

2010年6月25日 (金)

つけ麺 / 麺家じゃんぷ亭 (南森町)

麺家じゃんぷ亭

この日、気まぐれで店の様子を伺ってみたら、つけ麺ののぼりが立てられてるではないの!
元々旭川ラーメンを標榜する店で、先日極太麺をメニューに追加してたので、近いうちに出すのかなとは思ってたけど、知らない間に出してたのね(4/末頃から出してたよう)。
予定外ではあったけど、即入店。

麺家じゃんぷ亭

醤油つけ麺+味玉(¥850/大+100)
券売機にはつけ麺としか書かれてなかったけど、注文後醤油か味噌どちらにするか聞かれる。
今回は醤油をチョイス。
意外だったのは、麺は噂の極太麺ではなくまた別の太麺(ラーメンのように、頼めば極太にしてくれるんだろうか?)。
つけ出汁はじゃんぷ亭の醤油ラーメンスープがベースだろう、赤味噌っぽい辛さと甘酸っぱいポン酢様の風味が合わさった味。
ここの醤油ラーメンは、久しく食べてないので何だけど、こちらの方がやや甘辛く、少し違う印象もする。
それだけだと若干くどいかなと思ってたら、麺の上に盛られた大量の白髪ネギの苦味が、上手い具合にさっぱりとした後口にさせる。
因みに今回、2玉(大)で頼んだけど、私的に丁度いい量だった。
300g位か、それよりやや少ない位で、1玉だったら物足りなかったろうな。

スープ割りはラーメン用のスープベースと思われる味の付いた鶏出汁を食べ終わりそうなタイミングをみてだしてくれた。
味噌味もあるようなので、またの機会に食べてみたい。

--------------------
麺家じゃんぷ亭
住所:大阪市北区天神橋3-1-4
TEL.:06-6354-3221
営業:11:00~21:00
定休:日・祝

2010年3月19日 (金)

俺っちのベジそば / 遊麺地ZUMBERA-BON (天満)

Zumberabon0314

洛二神が、不定期に屋号とメニューをガラッと変えて1日だけ営業する第4回目。
今回はベジポタと激辛という、二つの潮流を敏く取り入れてみた、といったところだろうか。
そんな俺っちのベジそば(¥800+100大盛)。
スープは玉葱や芋を溶かし込んだもの(=ベジタブルポタージュ)との事だけど、ベースはどうやら鶏らしい。
全体の風味が、天下一品のそれに通じるものがある。
そしてそこに麻婆豆腐様な餡(厚揚げとハチノス入)がかかってるのだけど、これが意外なほどの辛口。
(その上さらに辛くできるよう、ハバネロ粉までテーブルに用意されてた)
スープと混ぜる事を前提にした辛さだという事かな?
麺はやや太縮れ麺。これはまあ普通かなぁ。

正直、食べるまで2つの別のものを1つにするという事に疑問を感じていたんだけど、実際うまく調和してた。
個人的には、これまで供されてきたずんべらぼんの中で、一番旨かったと思う。
でも次回はつけ麺でお願いします(笑)。
(って、次は1回目に出た二郎系ラーメンを出すと告知済だけど)

--------------------
遊麺地ずんべらぼん (洛二神
住所:大阪市北区浪花町4-22 藤ビル1F (中崎町商店街)
TEL.:06-6371-1088
営業:11:30~14:30 / 18:00~23:30 ・ (土 12:00~14:30 / 同左)
定休:日

2009年9月26日 (土)

魚だし肉つけそば (洛二神/天満)

Rakunishin_gentei01

期間限定つけ麺を出してるという事で、頂いてきた。
魚だし肉つけそば(大/¥900)
聞けば、大盛でも300gとの事で、(大)で注文。 ※(中は¥800)
このメニュー、元々は賄いだったそうで、麺はラーメン用細縮れ麺に、スープも普段の魚ベースとアレンジ版だと思われる。
具はチャーシューと薄切り肉。
普段の“魚濃”のこってりに対して、こちらはあっさり味との事だったけど、食べてみれば、全くそんな感じはしない。
こってりではないけれど、出汁の味が濃厚な魚介醤油味。
少しピリ辛で、若干柑橘も効かせてるので、多少さっぱり感はあるかなぁ。
変わってるのは、細麺が乾いてくっつくのをほぐす用にと、差し水ならぬ差しスープが出された事。
こういう細かい配慮があると、出汁が薄まらずに済む。
あっという間に完食。
個人的には、麺がちょっと弱いと感じたけど、概ねこのままレギュラーメニューにしてもいいんじゃないかと思えるほどの出来だと思う。

--------------------
洛二神
住所:大阪市北区浪花町4-22 藤ビル1F
TEL.:06-6371-1088
営業:11:30~14:30 / 18:00~23:30  (日 12:00~14:30 / 18:00~23:30)
定休:日

2009年8月28日 (金)

冷麺 / サランパン (そごう心斎橋本店)

Saranpan

本店は鶴橋にある、韓国食材のお店だそうな。
こちらには惣菜も売りつつ、イートインできるスペースもあって気になってたが、閉店前に行ってきた。
みんなそう思ってたのか(coldsweats01)、この日はお昼にはまだ早い時間なのにほどなく満席。

冷麺+えごまおにぎりセット(¥980)を注文すると、麺をどうするか?と聞かれる。
定番そばも含めて3種類あるそうだけど、適当に頼んだのでよく覚えてない。

冷麺より、おにぎりがなかなか出てこなくて参ったが、味は思いの他上品で旨かった。
何より結構具沢山。
もっと早く食べてればよかったかなぁ…。
鶴橋に行けば、また食べられるんだろうか?

追記:(8/31)そごう心斎橋本店閉店に伴い閉店

--------------------
サランパン
住所:大阪市中央区心斎橋筋1-8-3 心斎橋そごう本店B2F
TEL.:06-6281-3111
営業:10:00~20:30
定休:なし(そごうに準じる)

2009年8月27日 (木)

バイキング / ワールドバイキング飛鳥 (そごう心斎橋店)

Asuka_1

ここ最近食が細ってたのだけど、それでもここはそごう閉店前に一度行っておきたくて来訪。
飛鳥というバイキングのお店。
名前から察するに、本店は奈良?

メニューは、当然ながらバイキングのみ(¥1980/75分)。
席について早々、「鍋は食べますか」と聞かれて戸惑う。
聞けば、ここのバイキングメニューには鍋もあって(この日はうどんすきだった)、お願いすると小さな鍋がセッティングされるとの事。
勿論頼んだ(笑)。
その他、惣菜系メニューは全部で25種類前後あったろうか。
他にもデザート類8種ほどと、各種ソフトドリンク。
基本的に野菜系のメニューが多い。
そして揚げ物はそれほど多くなく、あまり安っぽい感じはしない。
味付けも概ねそれほど濃くはなく、なかなか。

ごはん類とデザート類は端から手をつけなかったけど、それでも全メニューは食べられなかった。
これはと思ったメニューは、やはり鍋だろうか(笑)。
方や、ややイマイチに思ったのは、カレーとおこげ(作り置きはなぁ…)。
ランチバイキングとしては、値段もそこそこするものの、概ね美味しく頂けたし、満足感はある。
なにより、バイキングらしからぬゆったりしたスペースで食べられるのがいい。
なのに、この飲食街の中ではあまり人気はないみたい。
他店よりことさら高い訳でもないのに、なんでだろう?
レストラン街を俯瞰してみると、お客は年配の方が多い・・・それが理由かなぁ。

追記:(8/31)そごう心斎橋本店閉店に伴い閉店

--------------------
ワールドバイキング飛鳥
住所:大阪市中央区心斎橋筋1-8-3 そごう心斎橋本店13F
TEL.:06-6244-5481
営業:11:00~16:00(L.O.15:30) / 17:00~22:00(L.O.20:30)
定休:そごうに準じる

2009年8月26日 (水)

かすうどん (心斎橋)

Kasuudon_1

最近まで皇朝(2F)が点心を売ってた1Fスペースに突如できた、うどん&そばのお店。
(でもメニューは基本的に2Fで作ってるので、経営母体は同じ?)
どうやら24日オープンだったらしく、記念セールで、全メニューが¥100引きだった。
お店の売りらしい、かすうどん(¥500-100)を注文してみる。
しばらく待ってでてきたものは、やはりというか、麺は思いっきり湯で置き麺だった(笑)。
でも出汁は驚くほど王道な感じの関西風。
ともすれば、上品過ぎてちょっと味気ない位だけど、かすうどんのコクのある油が合わさると俄然美味しくなる。
と、食べながら思い出した。
かすうどんは、油がみるみる出汁に溶け出してくるので、段々くどくなってくるという事を。
特にここは油かすをケチらず入れてるので尚更そう。
案の定、終盤えらく油ギッシュに…。
でもまあ、かすうどんとはこんなものでしょう。
この数年に食べたかすうどんの中では、一番旨かった気もするし。
むしろ気になったのはロケーション。
この場所で、長椅子2脚置いてのオープンスペースで食べるというのは、やっぱり落ち着かないcoldsweats01
せめて衝立でもあれば…。

Kasuudon_2

追記:早々に閉店('09/10頃)

---------------------
大阪名物かすうどん (※屋号じゃないかも)
住所:大阪市中央区心斎橋筋1-3-20 風月堂ビル1F
TEL.:-
営業:11:30~23:00?
定休:不定

2009年7月13日 (月)

醤油つけ麺・他 / 西松家 (梅田)

「はまや」閉店後に出来たお店で、確か去年メニューにつけ麺が加わってから、気にはなっていた。
出先の帰りにようやく潜入。

Nishi_2

醤油つけ麺+チャーシュー2枚付(¥600+150)
一緒に行った友人が頼んだメニューだが、目の前に出されたので、つい先に食べてみた(笑)
意外や、まるっきり和風味で、少しうどん出汁に近い味。
ただ上にびっしり背油が覆ってる所が違うけど。
ありそうでなかった味。
でも麺は中太縮れ麺で、これは多分ラーメン用と同じだろう。

Nishi_2_2

味噌つけ麺+3辛+チャーシュー2枚付(¥600+60+150)
私が頼んだのがこちら。
いきなり3辛で頼んだが、まずまずの辛さで、味噌味の効いた坦々麺といった印象。
麺は醤油と同じ中太縮れ麺。
ちょっとどうかと思ったのは、麺に盛られた刻みネギで、出汁に入れずらい上、切ってから長く放置してたようで、パサパサで食感が悪い。

最後に、スープ割りをお願いすると、醤油にはかつお節出汁を、味噌には何か癖のある魚節の出汁を出してくれるなど、意外と凝っていた。
願わくば、もう少し主張の強い麺であって欲しかったかな。

Nishi_3

因みに、意外と美味かったのが餃子(¥250)で、どうやらお店で手作りしてるよう。
これまでラーメン店で食べた餃子としては、確実に上位に来る味。
大阪王将も近くにあるので、手を抜けなかったという事だろうか(笑)。

--------------------
西松家
住所:大阪市北区兎我野町10-20
TEL.:06-6365-6759
営業:11:30~6:00
定休:日

2009年7月10日 (金)

激広香り重厚つけ麺 / ラーメン軍団 (一乗寺/京都)

Gundan_mixi

mixiコミュ限定の、激広香り重厚つけ麺(¥800)なるものを頂くべく、久々に京都に繰り出した。
お昼時の店内は、まだ人もまばらで、これ幸いと早速注文。
つけ出汁は、本来重厚つけ麺と同じだけど、季節限定として現在出されてる“こく醤油つけ麺”のものに変更して貰った。

出されたものを最初見た時、意味が分らなかった。
しばらく見ていて、この幅10cm以上の折り重なったシート様なものが麺なんだと、合点がいった(笑)。
しかし・・・激広だとは書いてたけど、度が過ぎるだろ・・・。
最早麺というより、巨大ワンタンにしか見えない。
実際、食べた感じもやはりそんな感じで、これをラーメンといわれて納得する人は、まあいないよなぁ。
しかも重量があって、かつ箸で掴み辛くて、食べずらい。
この時、このメニューは色物で、言わば店主の洒落なんだなと、ようやく悟った(笑)。

つけ出汁の方は、かなり醤油辛さを感じる反面、それほど塩気が口に残らない。
恐らくベースは重厚つけ麺のそれと同じで、そのコクが醤油辛さを中和してるんだろう。
濃ゆい。
そして美味しい。
でも体には良くなさそうだけど(笑)

因みにこのメニューは、誰でも頼める。
ただ今のこの時期のみの限定なので、あるかどうかは事前に電話で尋ねた方がいいでしょう。

--------------------
ラーメン軍団
住所:京都市左京区高野泉町6-74
TEL.:075-712-3134
営業:11:30〜13:30 / 18:00〜23:00 
定休:不定

2009年7月 1日 (水)

淡海地鶏御膳 / 遊麺地 ZUMBERA-BON(弐) (天満)

ZUMBERA-BONとして二度目の営業である今回(6/28)は、淡海地鶏を使ったつけ麺を出すらしい。
スタイルを決めず、実験的に色々出すのがずんべらぼんスタイルという事なのかな。
それはともかく、私としては早めに着いたつもりだったが、ラヲタな方々は当然のように、既に大勢並んでた(笑)。
開店は15分ほど早まったけど、その時点で30人以上並んでたように思う。

Zumberabon_tankaidori1

Zumberabon_tankaidori2

淡海地鶏御膳(¥1000) ※つけ麺単品だと¥800
先に出てきた膳には、淡海地鶏を使った鶏牛蒡ご飯、筑前煮、玉子焼がセットになっていた。
その後、メインのつけ麺が出され、鴨つけ風のもの(つくね入)と鶏白湯(鶏肉入)の二種類のつけ出汁が。
麺は、中太縮れ麺。
全体的に、豪華で楽しくなるラインナップ。
この値段でこれは、素人目にもかなり頑張られたんじゃないかと感じる。
仕込みも大変だったろう…。
でも味は・・・悪いとは思わないまでも、正直絡二神のつけ麺と比べると、ちょっと魅力に欠けるなぁ。
中太麺は思ったより普通に感じられたのと、鴨つけ風出汁も醤油辛さが強くて、鶏白湯は鶏の臭みがきつかったなと。
とはいえ、何だかんだで楽しんで食べたのは、間違いない。

--------------------
遊麺地ずんべらぼん (洛二神
住所:大阪市北区浪花町4-22 藤ビル1F (中崎町商店街)
TEL.:06-6371-1088
営業:11:30~14:30 / 18:00~23:30 ・ (土 12:00~14:30 / 同左)
定休:日