最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

グルメ- 麺類 Feed

2009年6月27日 (土)

冷やし油そば / らぁめん たむら (布施)

あてもなくネットであれこれ見てたこの日の午後、こちらが2周年記念で油そばを出す事を知った。
どうしようか迷ったが、この日(6/27)限定という殺し文句?に負けて、結局行く事にsweat01

Hiyashisoba

冷やし油そば(ミニライス付/¥900)
油そばで冷やしとなると、相当油っこいんじゃないかと思ったら、意外にもそういう感じはない。
ニンニクの風味や生卵など、スタイルこそ油そばだけど、これならまぜそばとか和え麺と言ってもいい位。
大量の刻みネギと、メンマ、短冊チャーシュー肉、レタスが盛られた下には、やや幅広の茶色がかった麺。
いかにも冷水で締めた感じの、弾力が強くて食感がいい。
食べ始めに若干強いと感じた塩気も、よく混ぜると生卵効果で感じなくなり、美味さが引き立つ。

最近、お取り寄せで色んな有名店のまぜそば(和え麺)を食べる事が多かったけれど、今回のこれはそれらに負けてない。
むしろ麺の食感などは勝ってる。

唯一抵抗があったのが、最後についてくるミニライス。
最後に入れて混ぜれば、ちょっとした卵かけごはんもどきになる趣向で、もう美味しいに決まってる。
だけど、油も塩分も余さず摂取するこの方法は、少なくとも健康的にはアウト…だよなぁ(笑)。

それにしても、いつの間にか昼営業もはじめ、かつ新たに男性スタッフも増えてたのには、驚いた。
これまで、夜の店というイメージが強かっただけに…(笑)

前回記事

--------------------
らぁめん たむら
住所:東大阪市足代新町8-2 陽光ビル1F
TEL.:06-6789-1188
営業:11:30~14:30 / 18:00~23:30
定休:月

2009年5月27日 (水)

カレーつけ麺 / 洛二神 (天満)

Raku_curry.jpg

カレーつけ麺(¥900)&替え飯(¥50) 5/26~6/15(1日10杯限定)
恐らく通常メニューの魚濃つけ麺がベースだろうなと予想してたけど、まさにそんな感じの味。
逆にいえば、ここの魚濃~が好きなら気に入る味だろう。
かくいう私もそんな1人なので、勿論味に不満などあるはずもない。
カレーのスパイシーさと濃厚な魚介のコクが合わさった味を、堪能しました。
ただ、トッピングで特徴を出そうとしたのか、うずら卵とヤングコーンはともかく、ソーセージは見た目ほどピンと来なかったな。
出汁に馴染んでない感じで…まあ好みの問題と言われればその通り。

--------------------
洛二神
住所:大阪市北区浪花町4-22 (中崎通り商店街内)
営業:11:30~14:30 (土 12:00~) / 18:00~24:00(23:50 L.O.)
定休:日

2009年5月14日 (木)

辛もりそば / 東池袋大勝軒 (SOGO心斎橋店)

Taishouken_karamori

現在そごう心斎橋で開催中の「関東うまいものめぐり」(5/13~17)というイベントで出店しているこちら。
最近通販でも頂いたけど、実食は久しぶりと食べてきた。
今回中華そばともりそば、辛もりそばの3種類がメニューにあって唯一食べた事のない辛もりそば(中/¥900)を注文。

つけ麺(もりそば)の元祖と言われるこちらではあるけれど、実は私はそれほど美味しいとは思ってない。
冷やし中華もしくは和歌山ラーメンを思わせる甘辛いスープは、どうも自分的に今一つと感じてるから。
でも通販で食べたもりそばは、気のせいか以前より若干洗練されたような印象を受けた。
で最近の新メニュー辛もりそばも、どんなものかなと思いつつあまり期待はしてなかたのだけど…。
意外にも美味かった。
もりそばがベースだろうと思うけど、それほど味に共通点が感じられない。
想像以上に結構辛口で、でも味のある辛さというか、ただ辛いだけという感じでもない。
これは実店舗でももりそばより人気があるのでは?
(でもこの日辛もりそばを食べてる客は私だけだった)
ただやや太めのストレート麺は、若干茹で過ぎな感じが…。
これはイベントだからか、この時たまたま失敗したのかは判断しかねるけれど。
でもまた食べたいと感じさせる味ではありました。

--------------------
good東池袋大勝軒

2009年5月 9日 (土)

つけ麺 / つけ麺屋 ちっちょ (扇町)

Chicchoi_tsuke

梅田~扇町間の通りはよく通るけれど、そのほぼ中間ほどの場所に突如ラーメン店が開店した。

後で調べてみたら、4/20に開店したばかりで、元々高知にあるお店の支店のよう(?)。

日を改めて行ってみると、カウンター主体の小さなお店で、お昼終りの時間でも満員。
食券制で、券売機を見るとほぼラーメンとつけ麺しかない。
つけ麺(大/¥750)+煮卵(¥80)を買い求めると、程なく席は空いた。
7~8分程待ったろうか。
出てきたものは、今やありがちな泥色のつけ出汁と、かなり極太なストレート麺で、トッピングは殆どない。
見た目は何ともよろしくない。
味は予想通り、ありがちな豚骨系+魚介系な感じ。
ただ濃度は相当なもの。
過去食べた中でもトップクラスのとろみで、食べてるそばから麺に絡まって、見る見る出汁が減っていく。
大吾郎商店の‘こってり’を思い出すなぁ。
そして麺。
極太なのに、もっちり感が強く、想像以上に食感がいい。
かくも麺がいいなと感じたのは、私的にはそれこそ大吾郎商店以来かも知れない。
でもつけ出汁の好みは、間違いなくこちら(あくまでこってりとの比較)。
いやー、私的久々の当りで、あっという間に完食。
因みにスープ割はしてくれる(でも気をつけないと頼む前に出汁がなくなるような…笑)

正直、味そのものは、それほど個性があるとも思えない。
けど、このもちもち麺とこの濃いつけ出汁のマッチングは、今後のさらなる人気を十二分に予感させる。

繁華街中心部からはやや遠いものの、ようやく梅田に納得できるつけ麺を出す店が出来たなぁ…。

--------------------
goodつけ麺屋 ちっちょ
住所:大阪市北区神山町6-2
TEL:06-6367-4545
営業:11:30~15:00 / 18:00~売切終了(22:00~25:00頃?)
定休日 無休

2009年4月25日 (土)

つけ麺 / 麺屋かぶき亭 (今里)

Kabuki_tsuke

麺が4/25から一新されるらしい。
これはまたいずれ行かないとなと思ってた矢先、強い風雨でこの日の予定が潰れてしまい、急遽行ってみる事に。

店は今里駅からすぐの所にあった。
それほど告知もしてなかったのか、店は人もまばら。
つけ麺(大300g/¥880)+極み(具全部のせ/¥280)を注文。

新しい麺は、五島うどんをイメージして作ったとの事だけど、食べてみてほんとにそんな食感で笑ってしまった。
食べた人なら分かる、あのもちもちしてつるんとした五島うどんの食感が、見事に再現されてる。
しかも、出汁が馴染みにくいという五島うどんのもう1つの特徴(欠点?)は、見事にない。
個人的には、過去嫌ほど食べてきたせいか、五島うどんにそれほど思い入れはないけれど、中華そばとして、この食感は他所にはないと思う。(万人受けするかは分からないけど)

また、この店主は五島出身なのか、出汁ももう1つの特産品あごを使ってるらしく、確かにそういう風味はあった。
でも豚骨スープとのブレンドの結果、豚骨が勝ってる印象がある。
そもそも、麺に個性を出す一方で、出汁はよくある豚骨+魚介とは、あまりに普通過ぎる気が…。

麺主体のつけ麺といえど、やっぱり出汁が普通だと、全体の印象も普通に思えてしまうなぁ。(逆も然りだろうけど)

追記:閉店('12/1頃?)

--------------------
麺屋かぶき亭
住所:大阪市東成区大今里南1-5-2
TEL.:06-6981-6177
営業:11:30~14:30 / 18:00~24:00 (~22:00 日・祝)
定休:不定

続きを読む »

2009年4月23日 (木)

つけ麺 / 博多 一風堂 (堀江)

Ippudo_tsuke

4/20からつけ麺(¥800)が発売になったそうな。
(以前からあった気がしたけど気のせい?)
夜中、帰宅前に立ち寄ってみた。
大々的に宣伝してるのかとばかり思ってたけど、外からそういう事は伺い知れず、もしかしてこの店ではやってないのかなと思ったが、ちゃんとテーブルにこそっとポップがあった。
にしてもえらく地味で、下手をすると注文前に気付かなかったかも。
あるいは、店の主力商品はあくまでラーメンだという一種の意思表示だろうかなど思いつつ、注文。

7~8分ほど待って、つけ麺登場。
麺は断面がほぼ長方形で、エッジ立ちまくりのやや黄色味がかった色。
でも透き通った麺から芯が残ってるのが分る。
パスタで言う所のアルデンテを目指したのかもしれないけど、ちょっと芯が残り過ぎな感じも。
まあもしベストな茹で加減だったとしてもそれほど評価しなかった気もするけれど・・・
弾力がなく、食べてて楽しくない。
出汁は典型的な豚骨+魚粉といったスタイルで、それに背油が表面にびっしり。
中にはサイコロ上のチャーシュー、半熟煮卵(半個)、天カス、ネギが。
れんげで出汁の底をすくうと、魚粉が沈殿してるのが分った。
バランスは悪くない。
でもそんな個性的な味では感じなかったな。
因みに、スープ割りはしてくれた。

--------------------
博多 一風堂
住所:大阪市西区南堀江1-1-12
TEL.:06-6537-6255
営業:11:00~27:00 (日・祝 ~23:00)
定休:無

続きを読む »

2009年4月14日 (火)

つけ麺 / 美食天地らーめん 遥華 (梅田)

3月初旬だったか、いつものように駅前ビル地下を歩いてると、突如ラーメン店が出来ていた。
表の看板メニューを見ると、流行り物もきっちり取り入れて、つけ麺も和え麺もあるのが分る。
いつ出来たんだろう…そう思ってたら、他の人も同じ質問を店員にしてた。(笑)
(その時はオープン3日目だとの事だった)

でもその日は立ち寄る事もなく、改めて後日友人と訪問。
各々、黄金つけ麺-煮卵のせ(¥850)と、醤油つけ麺-全部のせ(¥1150)を注文。

Haruka_curry

まず私の頼んだ黄金つけ麺とは、カレーつけ麺の事。
で、そのカレーつけ麺の正体はとんこつスープにカレー粉を入れたもの・・・かどうかは不明だけど、私にはそんな感じにも思えた。
まずい訳ではないけれど、見た目からは意外なほどチープな味に感じられた。

Haruka_shoyu

次いで友人の醤油つけ麺。
どう?と聞く私に、まあ食ってみと含みのある言い方で渡される。
食べてみて納得。
醤油なのに甘い。
いや、より正確に言えば強い醤油辛さがあって、そこに甘さも結構入ってると。
このくどさは、以前和歌山ラーメンの店で食べたつけ麺を思い出させる。
ただこちらは八角など香辛料も結構入ってて、より中華風。
(後日、ここの本店が北新地の中華料理店だと知った)
正直、私の口には合わなかったなぁ。

まあ、単に我々の嗜好と店の嗜好が合わなかっただけかも知れない。
でもお店がわざわざ麺を、冷たいの(固いのという表現だったが)か熱いのとどっちにすると聞かれ、それぞれ冷たいものと熱いものとで頼んだが、出されたものはどちらも生温かかった(汗)。
店員さんは日本の方ではないようだったけど、私の返事が聞き取りずらくて、よもや間を取ったとか?

いずれにしても残念だなぁ。
全部のせのチャーシューなんて、三種類肉が入ってたりして凝ってるのに…。

追記:中華料理店に路線転換('09冬頃)

--------------------
美食天地らーめん 遥華(はるか)
住所:大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビルB2
TEL.:06-6343-1658
営業:11:00~23:00(L.O.22:00)
定休:-

2009年4月13日 (月)

和的梅香麺 / 和的湯麺ねび (南森町)

Nebi_baikoumen

南森町にポツンとあって、数年前から行こう行こうと思いつつ、何故かこれまで足が向かなかったこちら。
今回訪問して、新メニューのざるらーめんとどちらを頼むか迷いつつ、タウン誌とのコラボによる期間限定メニューの
和的梅香麺(¥750)を注文。

でも、見た目からてっきり冷麺かと思ってたら、全くもって普通のラーメンだった。(笑)
ただ味は、鶏と魚節(と昆布も?)の、あっさりした独特なもの。
でもスープは少ない上に(器がそう感じさせるだけ?)、塩気が強くて飲むには厳しいかなぁ。

麺は細縮れ麺。
トッピングは、梅、明太子、ササミ、ゆで卵、大葉、刻み海苔と、具沢山。
中でもメニュー名に冠された梅は、はちみつ梅と結構奮発してる。
ただ、梅の香りは殆ど感じられなかったし、味も明太子に負けてた。
トッピングは豪華でも、その組合せにはやや疑問を感じるなぁ。
とはいえ、味そのものは悪くない。
私が無知なだけかもしれないが、もう少し知名度が高くてもいいと思うなぁ。
ラーメンは普段から種類も多いようだし、取り合えず次はざるらーめんかな。

追記:閉店('11/2頃)

--------------------
和的湯麺ねび
住所:大阪市北区天神橋2-2-8
TEL.:06-6353-6699
営業:11:30~16:00 / 18:00~24:00
定休:なし
 

続きを読む »

2009年4月12日 (日)

つけ麺 / 豚の骨 (帯解/奈良)

Tsuke_butanohone

豚の骨(無鉄砲)で不定期に販売されているつけ麺を、この土日2日間に再び限定で出すとの情報を知った。
いずれ大阪でもやるだろと思ってけど、この日まで大阪店はおろか京都本店ですら出してない、ある意味幻のメニュー。
えとはいえこちらは場所も辺鄙で、あまり行く気にはなれなかったのだけど、この日はぽかぽか陽気で、散歩がてら行って見ようかという気になった。
箕面の一弥といい、どれだけラオタなんだよと自分にツッコミを入れながら(汗)。

つけ麺(¥850)+半熟煮卵(¥100)+チャーシュー増((¥200)+ミニライス(¥50)
ほぼフルセットで注文。
ごはんを頼まない場合は、スープ割りも可能(後で、そうすればよかったと思う)。

まず、以前からここのスープは、麺と別に盛るだけでつけ麺として出せるんじゃないかと思ってたけど、ほんとにそのようなものが出てきた(笑)。
とはいえ、麺は確かに専用の極太ストレート麺で、聞く所では自家製麺だそう。
でも、水気が完全過ぎるほど切れてて、微妙に腰がないのが気になるなぁ。
茹で過ぎたか、あるいは茹で上げてから出すまでちょっと間があいてしまったんだろうか?
食べてると、時々ふいに柚子の香りが漂ってくるものの、味はまさにここのいつもの超濃厚豚骨ラーメン。
勿論美味しい訳だけど、一部ラヲタに絶賛されてた程のものかなと思ったのも、正直な所。
まあここのラーメンが元々好きな人なら絶賛するかな、やはり。

因みに、最後に出されたミニライスは、魚粉と刻みネギがついていて、これらをおもむろにつけ出汁にぶち込んで食べるのだけど、
ぶっちゃけ、不健康極まりない食べ方だと思う(汗)
実はごはんを食べる前にもうお腹一杯になってたので、スープ割りで済ませば良かったと後になって思った次第(汗)。

※今回は、11~12日限定だったが、不定期にたまに出してる様子。

--------------------
豚の骨
住所:奈良県大和郡山市上三橋町152-1
TEL.:0743-52-6440
営業:11:00~14:00 / 18:00~22:00
定休:不定休 

続きを読む »

2009年4月 9日 (木)

名もなき夜鳴きそば

Yonakisoba

真夜中、0時を過ぎた頃だったか。
ふらっとコンビニに行った帰り道。
道路脇に荷台に黄色いテントを張った小型トラックが、チャルメラ音を鳴らしつつ夜鳴きそばを売っていた。
夜食は久しく控えてたのだけど、久しぶりに見た物珍しさと、好奇心から買ってみる事に。

夜鳴きそばなのに、メニューは意外や、醤油と味噌、とんこつと三種類もあった。
でもやっぱり基本は醤油との事で、それを注文(500円。他は600円)
既に待ち客が1人おられ、常連なのか待ってる間ここの味を絶賛していた。
親父さんも、うちは生麺使ってるからなぁ、なんてちょっと得意気(?)に返事。
そんな会話を聞いてる内に、ほどなく私の分も完成。
急ぎ持ち帰って早速食べる。
うーん・・・・普通?
味は濃いので、飲んだ後なら旨いと感じるんだろうか。
でもぶっちゃけ大衆食堂のそれを、やや野卑にした感じにしか思えず。
夜中ゆえ、この時半分ほど残したのだけど、次の日の朝、冷め切ったその残りを何気に口にしてびっくり。
衝撃の塩辛さ。
ここまで塩分高かったのか。
でもこれはラーメン全般、大なり小なりこんな感じかもなぁ。
こんなの連日食べてたら、世のラーメン好きが成人病になるのも必然かも…(汗)。

因みにこちら、屋号などは見当たらず。
ただ聞いた所では、水曜日は大体松屋町筋界隈を流してるそうな。

追記:どうもその後の様子を見る限り、店主は火曜日と勘違いしてると思う。(もしくは日付が変わった直後という意味か)