最近のトラックバック

フォトアルバム

時計

  • ネコ温度計

天気予報

  • 天気予報
 

グルメ- 雑多 Feed

2007年8月28日 (火)

ホットドッグ屋台 / Oliveira's Hamburger&HotDog (島之内)

Olivera_hot

流浪を続けるこの屋台。
先日、突然十三の店を閉めて店主はブラジルに帰った…そんな情報を聞き軽く失意の中にいた所、既に別の場所でオープンしてるとの情報を入手。
それも場所は島之内と、私がよく通ってる界隈ではないか。
また梅田じゃないのねと思いつつ、半信半疑で行ってみると・・・やってました(笑)。
オリビエラさん(店主)もちゃんといました。
ブラジルからとんぼ返りしてきた?
少し話した所、十三はやはり客足が悪かったそうで、その点今度のこの場所は客が絶えないと喜んでた。
私としても断然行き易い場所なので嬉しい。
今度は当分腰を落ち着けてくれそうだ。

そんな訳でいつものホットドッグ(¥500)とハンバーガー(¥700)を買って帰って食べる。
相変わらず旨い。
でもほんとは、その場ですぐ食べるのが一番旨いんだけど。

それはともかく、昔の住所が書かれたショップカードを未だ店頭においてるって、どうなのよ?(苦笑)

Oliveira_ham

--------------------
Oliveira's Hamburger&HotDog
場所:大阪市中央区島之内2-6-16
TEL.:090-7755-6580  (※但し日本語での会話は困難)
営業:21:00頃〜05:00   (土)〜26:00  ※営業時間変更('08)
定休:日

2007年6月25日 (月)

ボイル式コーヒー / 平岡珈琲 (本町)

Nxm4a1xt 大阪の珈琲好きなら名前位は聞いた事があるんじゃなかろうか。
歴史ある自家焙煎の珈琲喫茶であり、今ではここ以外ではやってないんじゃないかという、コーヒーの粉を鍋でそのまま煮出して濾すボイル式(ボイリング)で珈琲を淹れてる店でもある。
大昔に一度行った記憶があるのだけど、その時はコーヒーに何の興味もなく、ドーナツを食べた記憶がかすかに残ってる位。
今回たまたま店前を通りかかり、ふらりと入ってみた。

店内は歴史を感じさせるものの、それ程古びた感じはない。
明るく落ち着いた感じ。
客層も中〜高年の男性ばかりで、会話もたまたまかこの界隈の昔話とか(笑)
近くにある吉野寿司の方がドーナツを買いにこられたり…なんか独特の雰囲気だなあ。

珈琲¥320)と、ここのもう1つの名物、自家製ドーナツ¥120)を頼む
(他の客もほとんどがこの組み合せだった)

珈琲はかなり濃いめ。
ただボイリングならではの味わいのようなものは、正直良く分らなかった。
普通に作り置きだったし。
ドーナツは、今時のものとは違った、ほんと昔の懐かしい食感と味。
ことさらおみやげにしたい味とも思わないけど、今となれば貴重な存在かもしれない。
結局珈琲豆と共に幾つか買って帰った(笑)

尚、豆の方も家で挽いてんでみたんだけど、思いの外癖のない味。
普通に紙フィルターで飲んだので、店で飲んだ味とは全く違って、それほど濃いとは感じなかった。
でも何より、豆の鮮度がえらく良い。
地味に仕事きっちりなのね。

--------------------
平岡珈琲

2007年6月 1日 (金)

ホットドッグ屋台 / Oliveira's Hamburger&HotDog (十三)

_oxlxpvv流浪を続けるこの屋台。
梅田、日本橋と移転を繰り返し、今は十三で営業されている。
ほんと、いつも行き先が決まる前にいなくなるので困る(笑)。
これまでは運良く自力で見つけてきたけど、今回はネットの力を借りて見つける事ができた。
久しぶりにみる店主は、相変わらず日本語がカタコト(笑)。

メニューは
ハンバーガー¥700)とホットドッグ¥500)のみ。
一時ベーグルサンドもやってたが、なくなってしまった模様。
しかしここのハンバーガー、何時の間にやら一部で“ヤバーガー”なんて呼ばれてるらしい。
実際ハンバーガーの方が人気なのか、以前はホットドッグ屋と名乗ってたのが、今はハンバーガー&ホットドッグだもんなぁ。
ここのハンバーガー、確かにそこらの佐世保バーガーに比べても十分美味しいと思うけど、私はやっぱりホットドッグ派。
ここのホットドッグは見た目からして個性的。
味もジャンキーで、ここでしか食べられない。
考えてみれば私もぷち追っかけ状態だよなあ(笑)。

店主も望んでるよう、早く梅田界隈に安住の地を見つけられますよう(私のためにも…笑)。

※またしても店舗消滅('07/07)→ミナミに移転

--------------------
Oliveira's Hamburger&HotDog
住所:大阪市淀川区十三本町1-7-17 辺り
TEL.:090-7755-6580 (※但し会話は困難)
営業:19:00頃〜26:00頃 / 〜24:00頃(土)   
  (オリベーラ)

2007年5月29日 (火)

おいしいコーヒーのいれ方

Ug8gfrld 少し前、こんなものを買ってみた。
写真のポットの上にあるコップ状のものがそれで、実はコーヒーのドリッパーだったりする。
因みにこのコップもどき、内側はちょっと段差がついていて、底は楕円で真ん中に親指がすっぽり入る位の大穴が開いている。
それを細身ゆえ、付属の木枠をかませて使うと。

最初これがドリッパーとは思わなかった。
どこかのコーヒー屋の店主が、理想のドリッパーを追い求めて作ったのがこれらしい。
売ってた店の店主曰く、これで深入り豆をドリップするとその違いがよく分かると力説され、買ってみた訳である。

自慢ではないが、私はこれまで色々なドリッパーを試してきた。
中にはキワモノあったけれど(汗)、形状についてはおおむねどれも円錐状だった。
これはまさに掟破りな形。
でも、これまで色々試してきたけれど、味の違いはドリッパーよりむしろ(ペーパー)フィルターに影響されやすいと私は思ってる。

でもこのドリッパーのあまりに奇妙な形状に、運命の出会いを感じてしまった(嘘)。
何はさておき、今日までほぼ毎日使ってみた。
普通のドリッパーと飲み比べもしてみた。
どうも味が少し丸くなるように感じる。雑味が取れるという事なんだろうか?
飲む前は、味が濃くなりむしろややワイルドな味になるんじゃないかと思ってたけど、予想は全くはずれた。
と同時に、見た目程には味に極端な変化はないようにも感じてる。

まあひとまず使えるドリッパーではある事は分かったので(笑)、もうしばらくは色々試してこいつの特徴を把握してみようと思う今日この頃。

2007年5月 8日 (火)

期間限定100円パン / N アルチェントロ (扇町)

Uokccgxy毎年恒例のアルチェントログループ周年フェア(5/1〜5/10)。
今年も気軽に行きやすい、Nアルチェントロにいってみた。
ここはパンがほぼ全品100円。(一部ドルチェも¥100)
既に売切れも多かったけど、そこそこはあった。
(随時補充してるみたいな?)
味は、特別すごい訳でもないけど、悪くもない。
この辺の感想は去年と同じ(笑)。
ヘルシー志向の店なので、むしろその点で評価すべき店なのかも知れない。
今年はフォカッチャがかなり充実してたなぁ。
店としても今力を入れてるんだろうか?

因みに写真のパンは、クロワッサン、チョコデニッシュ、フォカッチャ、フレンチトースト、メロンパン、あんパン。 

追記:閉店した模様('07/12)
追記:パン部門は「天満粉もん製作所」
として仕切り直しした模様('08/02/09)

--------------------
N アルチェントロ

2007年3月 9日 (金)

雪花氷 / 雪花の郷 (大阪港)

Z53sx463 同じ店が道を隔てて2店舗あるけど、方や本店で、方や私が今回行った支店(こちらの方が大きいんだけど)。

特殊なかき氷を出す店と以前から噂には聞いてたけれど、食べてみてなるほど納得。
水に何か(練乳?)を混ぜて凍らせているみたい。
それをかんな掛けのように薄く削りだしてるような?
だから食感も普通のかき氷と違って柔らかい。
きめが細かいというべきか?

今回「アレコレセット」¥700)を頼んだけど、こちらはその雪花氷にケーキとお茶がついたもの。
雪花氷単品だとトッピング(ソース?)をマンゴーだとか色々選べるのだけど、このセットは選べない。素のまま。
素の雪花氷は、無色透明なミルク系な味。
見た目通りあっさりとした、意外にも結構イケる味。
一般的なかき氷のように、トッピングで味を決めてる訳ではないのね。

それよりおまけで付いてきたと思った、中国茶とケーキもイケた。
暖かいお茶と氷の相性はかなりいい感じではないですか。
ケーキもパイ系のものとチーズケーキらしきものが一切れづつあって、こちらも悪くない。(どうやら自家製らしい)

--------------------
雪花の郷

2006年12月31日 (日)

珈琲の履歴 2006

相変わらず珈琲はよく飲んでいるけれど、今年は行き付けの焙煎屋の一軒が潰れた事もあり、ネット販売にも手を出しつつ、新規開拓をした年でもあった。
探してみると案外焙煎屋はみつかるもので、それも比較的新しい店が多い。
行き付けの店でそんな話をしてみると、確かに最近コーヒーは静かなブームになっていて、豆の価格も高騰しているとの事。
そうだったのか・・。
そんな私のコーヒーの履歴2006。

加藤珈琲店
楽天でのコーヒー部門では、1〜2の人気店らしい。
でも何種類か買って飲んでみたものの、さしてピンと来るものはなかったなあ。

信州珈琲
ここも楽天で購入。
これまでネットで買った珈琲豆では、ここが一番良かった。
豆の大きさも揃ってたし、鮮度もかなりいい感じ。
発送する日に焙煎するという店の発言を裏付けるように、届いた豆の入った袋はガスでパンパンに膨れてた。
ただ、ブレンド6種類ほど買い求めたが、いずれも味の傾向が癖のない中庸路線で、良くも悪くも味の傾向がはっきりしている。

バーンホーフ
喫茶店ながらなかなか気合の入った焙煎屋。
本店に行くと、女性店員がやたらと豆について詳しく説明してくれた。
プレミアムな豆も売っていたりと、こだわりを感じるし、興味を引く要素は色々ありながら、何故か味の印象にあまり残ってない。
相性の問題だろうか??

ハナジマ珈琲  06-6761-3988 / 大阪市天王寺区空堀町13-23
ここは先日閉店となった「珈琲豆館」の近くに見つけた珈琲問屋。
結構古い店だと思うけど、最近まで業務用の珈琲器具を売る店だとばかり思ってた。
何せ店内には業務量ミルが飾ってるだけで、他にこれといったディスプレイもなく。
小売してるとはとても思えなかった。
ただ珈琲フィルター(紙)を売ってるらしい事が辛うじて確認できたので、もしかしたら…と聞いてみたら、やはり豆も売ってるとの事。
ただ、毎日その日の分だけ焙煎してるので、大半がその日の夜までに売りきれるそうな。
それにしても商売気のない店だ(笑)。
一番人気らしいハイミックス(¥1140/300g)を買ってみたが、中やや浅煎りの豆で粒が揃ってる。
味も、きつい癖はないんだけど個性を感じさせるもので、なかなか面白い。
ただ深煎りが好きな私にはここの煎りは若干物足りないかなあ。
かといって他の豆は予約しないと買えなさそうだし・・。
因みに店主(マダム)はバリバリのメリタ派(笑)。

有本珈琲  06-6771-7248 / 大阪市天王寺区大道1-5-7
四天王寺にある渋い建物の珈琲問屋。
ここはほんと昔から知っていて、以前から機会があれば買ってみたいと思ってたお店。
ただ店頭の張り紙には1kからの値段しか書かれておらず、これまで二の足を踏んでいたのだ。
先日思いきって入って聞いてみたら、500グラムから売ってくれるとの事。
ならそう書いてよ…(笑)。
ひとまず店一番人気のアルハーミックス(500g/1150円)を購入。
ブルマンベースのブレンド。因みに“アルハー”とは“アルファー”の事らしい。
ここも味は悪くない。豆も新しいし。
ただ思ってたより個性がないと思うのは、やはりブルマンベースだからか?

赤い実  06-6765-5123 / 天王寺区空清町8-23 12/28
時折行くうどん店「ふぅふー亭」前に何時の間にかできてたお店
今年8月オープンとの事。
一見喫茶店のようだけど飲食スペースはなく、豆と珈琲カップなどを販売している。
豆はブレンドと併せて大体10種類位だったか。
店の親父さんは接客にまだあまり慣れてない感じ。
赤い実ブレンド(¥900/250g)を買い求めた
豆は中深煎り。間違いなく煎りたてで粒揃いもまずまずといった所。

ドイトゥン  06-6765-4488 / 大阪市中央区上町1-13-17 12/29
相変わらず私のファーストチョイスであり続けてるお店。
とにかく人目を避けるかのようにこそっとある店なので、いつ潰れてもおかしくない気もするけれど、意外と店にはいつも人が入ってる。
(でもマスターに言わせるとそんな事もないというけれど)
来年は、これまで(結果的に)日本で独占的に扱ってたタイコーヒー豆が、日本のどこかの会社と大口契約したらしく、今後入ってこなくなるとの事。
「店名も変えなくてはいけないかも…」とうそぶくマスター。
まあこれまでも店名以外でタイコーヒーをことさら売りにはしてこなかったし、大きな影響はないとは思うけど…。club

2006年11月18日 (土)

想いやり牛乳

Vejlyyn2知ってる人は知っているが、知らない人は全く知らない(笑)、日本初(&唯一)の無殺菌牛乳
テレビでもよく出てたし、確か幻の牛乳とか言われたはずのものが、時々行く空堀商店街で普通に売られてるではないの。
牛乳好きでもないのに思わず一本購入(980円/720ml)。
いいお値段。

当初ココアにして飲もうと考えてたけど、やはり最初は普通に飲む方がいいか。
で、飲む。
・・・臭いがない!
冷蔵してたとはいえ、牛乳でここまで臭いがないのはちょっと驚き。
そして味の方も、牛乳特有の口に残る癖のある後味が全くといっていい程ない。
何だか牛乳らしくない(笑)。
コクはあるのに水っぽくないというか。
牛乳を普段飲まない私にして、これなら毎日ごくごくいける。
何だか不思議な感じだなぁ。
でも逆に、牛乳のあの癖や臭いを好む人には、物足りないと思われるかも?

2006年11月 4日 (土)

ひやしコーヒー / ねぼけ堂 (天満)

Yox9utqi 天満市場そばの裏通りにポツンとあるこのスタンディング喫茶(笑)。
一見普通の民家。
でもどうやら駄菓子屋らしい…と、長らくそう思ってた。
でも今年になって、ここが普通の駄菓子屋ではないと知った…のはいいんだけど、今度はいつ見ても店が開いてない。
もしかして廃業したのかなぁなんて思ってたら、今日たまたま前を通りがかったら普通に開いてるではないの。

そしてこの開店に喜んだのは私だけではなかったらしい。
大型ワゴン車で通りかかった男性も、道を塞ぐのもお構いなしに路駐、そしてコーヒーを注文していた…いいのか?(笑)。

店は自宅の玄関?でされてるような小さなお店で、一応小さなベンチはあるけど、これは茶飲み話できる客専用と見た(笑)。基本は立ち飲み&立ち食い。

メニューは
・ひやしコーヒー(50円)
・ひやしあめ(70円)
・アイスモナカ(80円)
・ソフトクリーム(120円)
・クリームコーヒー(110円) ※クリームソーダのコーヒー版

確かこれだけ。
まさに駄菓子屋価格(笑)。(でも駄菓子は置いてない)
ひやしコーヒーアイスモナカを注文した。
クーラーボックスからひしゃくですくってガラスコップに入れてくれたそれは、半ばシャーベット状になったコーヒー(笑)。
クリームも砂糖も既に入ってて、それがまた結構甘い。
駄菓子屋仕様だと改めて納得(笑)。
アイスモナカは素朴で懐かしい味。

存在それ自体稀少価値を感じてしまう店である(笑)。
だけど、いつ開いていつ閉めてるのかは全く不明 (とりあえず寒い時期は休業するらしい)

ところで何時の間にか、餃子の「天平」が向いに出店してたのね。

-----------------------------------
ねぼけ堂
住所:大阪市北区池田町1-38
営業:平日の午後から夕方位まで?
定休:日・祝&寒い時期?

2006年9月27日 (水)

小山ロール / パティシエエスコヤマ

Mhktqgg4 かつてTV番組で日本一になったらしいロールケーキ。
それが上本町近鉄でイベント販売(?)されていて、あっさり購入。
ケーキ系には大して思い入れもないのに…(笑)
ふわふわのロールケーキは、思いの外あっさりで、甘さ控えめな嫌味のない味。
間に挟まった栗の実がアクセントになっていて、なかなか美味しい。
でもこれが日本一かといわれると、ちょっと唸ってしまう。
ふわふわ感なら「FLAT」の方があったように思うし、味については「福砂屋」のカステラと通じるものがある。
トータルバランスで勝負といった感じだろうか。
ただ普段あまりケーキを食べない人間なので、ケーキ好きな方の評価とは違うかもしれない。

--------------------
パティシエエスコヤマ